ワークマンの冷感インナーで夏のバイクが快適だったのでレビューしてみる。

ワークマン 冷感インナーの写真

スポンサーリンク



ひと夏試してみたら快適だった!


ここ最近の夏の気温がひどくて、昼間にバイクに乗るのがしんどくなっています。


去年までは朝早く起きて昼前までにはツーリングから帰ってくる、なんて乗り方をしていました。


それでもツラい夏も大好きなバイクを少しでも長く楽しめる方法はないかと、噂のワークマンの冷感インナーを着てみたら想像以上に快適だったので今回レビューしたいと思います。



ワークマンの冷感インナー。 

上下同じ柄にした
 今回試した冷感インナーは、Find-Outの冷感リフレクティブ MOVE ACTIVE(長袖)です。


上下セットで2,480円でした。


この冷感インナーを含め、ワークマンの機能性インナーの特徴は…


・紫外線を90%以上カットしてくれる。
・接触冷感
・吸汗速乾
・コンプレッション


の機能が備わっていることです!


インナーだから派手にしようと思ってこの色にした(∩´∀`)∩

紫外線については「なんだそれか…」と思われるかもしれませんが、夏の昼間にバイクで走っていると他の季節の時より疲れてしまう原因は暑さ…それと日焼けだと言われています!


バイクに乗るなら長袖がいいと思う

まずその原因の90%以上をカットしてくれるだけで体への負担は少なくなります。


ここがリフレクターになってる

そしてこの次の接触冷感吸汗速乾がもっともバイク乗りの方にオススメしたい機能です。


ワークマンの機能性インナーは熱伝導率が高い素材を使っているのですが、熱伝導率が高いということは熱拡散…つまり熱が逃げやすくなっているため、触れた時にひんやりとした感じます。


それと熱伝導率が高いことで生地内の水分を吸収・拡散して気化熱を奪うことで冷却効果が生まれています。


肌と触れる面はつるってしていて、肌触りはシルクみたい

つまり何を言いたいかというと、汗(水)をよく吸ってくれて、乾く時には熱も一緒に外に出してくれる優れもの素材だってことです!


上とお揃いにしてみた

しかもこの接触冷感と吸汗速乾の機能は、汗をかいている時(または水で濡れている時)に風が当たると効果が最大となるので、風を体に受けやすいバイク乗りこそ恩恵を受けやすい素材と言えるでしょう!


身長176cmで体重62KgでサイズL

我ながらナイスバディ(笑)

実際に着てみると、休憩中に日陰で休んでいる時より走行している時のほうが断然涼しく感じました。(ただ信号待ちの時はやっぱり暑い…)


なによりTシャツなどに比べると汗をかいたときのべたつきが少なくて、不快感がかなり少ないのがすごい魅力です。


去年まではTシャツ+メッシュジャケットという形で乗っていましたが、この時はTシャツだけでは汗が吸収出来ずにメッシュジャケットまで濡らしてしまっていたのでしょっちゅう洗っていました。


だけどワークマンの冷感インナーにしてから、汗がメッシュジャケットまでいかなくなったのでそこまでこまめに洗わなくて済むようになりました。(もちろん下もインナーを履いたことでジーンズに汗が染みこむことがなくなりました!)


嫁ちゃんのおっぱい…(*´Д`)ハァハァッ

嫁ちゃんもワークマンにした

コンプレッションは圧迫という意味で、事実ワークマンの機能性インナーは少しサイズが小さめとなっていて、着るとぴったりというより締め付けられている着心地となります。


適度に体を包み込んで筋肉をサポートすることで、疲労を低減するとされています。



まとめ。

やっぱり夏の昼間はバイクが少ない…

ひと夏使ってみた感想は、ワークマンの冷感インナーは汗をかく環境+風を受ける条件なら涼しさは最強!ってことです。


かぶる冷感マスクも買っちゃった(*´ω`*)

横から…くの一みたいでカワ(・∀・)イイ!!

これは夫婦でお揃いにした

それと汗をかいたときの不快感がなくなったので、かぶる冷感マスク(同素材)も買っちゃいました(; ・`д・´)キリッ


バイクに乗る時以外のTシャツも冷感にしちゃった…('◇')ゞ

ヘルメットのインナーパッドに汗が染みこんで気になっていたのも、これで不快感がかなり低減されました!


正直なところ自分の想像以上の効果を感じました。


ただ一つ欠点を挙げるなら、これを着て汗をかいた状態でエアコンの風を受けると、効果がありすぎて思った以上に冷えすぎてしまうってことですかね。


まだまだ暑い日が続くので、ぜひ試してみて下さいね!


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿