YZF-R25をOVERのフルエキマフラーに交換したよ。

YZF-R25 OVER フルエキ マフラー

スポンサーリンク



前回の失敗にもめげずに再チャレンジするよ!


Amazonの安物のエキパイだとうまくいかなかったYZF-R25のフルエキ化ですが、やっぱりもうちょっとパワーを上げたいと思ったので再チャレンジしてみました!

箱がすごくボロかった…

全部出してみた

今回は、OVERGP-PERFOMANCE XLを購入しました。

ヤフオクより引用

ただしメーカーはOVERだけど、海外向けモデル(OVER ASIA)みたいで日本のOVERのHPには載っていませんでした。

プレートを見ると本物っぽいが…

円がキレイ

エキパイ

なので本当にOVERなのかは不明ですww


OVER ASIAで検索してもYZF-R25のマフラーらしきものが出てこないので、もしかしたらヨシムラやアクラポビッチでよくある模造品の可能性があります!


誰か知っている人がいたら教えてーー(。-`ω-)


フルエキマフラーに交換!

カウル外し後

フルエキに交換するために右側のカウルを外していきます。

フランジボルト

O2センサー

サイレンサーバンド

スイングアームの下のボルト

カウルを外したらフランジボルトとO2センサー、それとサイレンサーバンドを固定しているボルトとスイングアーム下にあるエキパイを固定しているボルトをゆるめます。

外れた!

これで純正のエキパイとサイレンサーが外れます。

液体ガスケットを忘れずに

仮合わせ中

ガスケットは前回交換しているので、そのまま使いました。


高音用の液体ガスケットも忘れずに塗っています。

O2センサー

サイレンサー

エキパイを仮合わせしたらテールパイプとサイレンサーを取り付けして、最終的な位置が決まったらフランジボルトの締め付けとそれぞれのつなぎのスプリングを付けていきます。


それとこのマフラーはスイングアーム下にあった固定ボルトは使いませんでした。


この段階で一度エンジンをかけて排気漏れがないかをチェックします。

干渉確認

サイドカウルとの干渉も無し

最後にカウルを付けてエキパイとの干渉が無いかを確認します。


交換後に撮影してみた。


説明文にレース専用と書かれていた通り、インナーサイレンサーを入れた状態でもかなり音量は大きめでした。


ただ音質は低音なので、そこまで不快な感じはしません。


まとめ。

走行テスト

交換後に走行テストをしてきました。


Amazonの安物エキパイの時は、低回転から9000回転ぐらいのトルクがスカスカですごく乗りずらかったのですが、このフルエキマフラーは下から13,000回転までスムーズに吹け上がっていてトルクが増えたような感じがします(∩´∀`)∩


乗った感じだときちんとしたメーカーが作ったマフラーのように思うけど、どうなんだろ?


音量が大きいのが少し気になりますが、これで次のサーキットに行くのが楽しみになりました!


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿