GSX250R NEWING(ニューイング)のUSB電源を取り付けしました。

GSX250Rの写真

どうも、でかじよーです。








前回GSX250Rにマルチバーを付けたので、この部分にUSB電源を付けていきます。


今回取り付けしたのは、NEWING(ニューイング)とメーカーの取り出しが一口タイプのものです。


イナズマに取り付けしたDAYTONA(デイトナ)製も使いやすくてよかったのですが、他のメーカーのものも使ってみたいと思ったので、それなりに評判があったこちらのものを使ってみることにしました。


USB電源を取り付けするにあたり、まずはアクセサリ電源を探すところから始めます。


GSX250Rのアクセサリ電源は、車体の左側のタンク下付近にコネクタとして存在します。


このコネクタを探すのに、上の赤い部分が邪魔になるのでこのカバーを取り外します。


このカバーは左右をプラスチックピンで固定しているだけなので、左右のプラスチックのピンを外します。

外し方は、真ん中の丸い部分を先端がすこし細くなったもので押し込んでやってから、ピン全体をひっぱってやれば外れるハズです。


左右両方のピンを外したら、黄色の矢印のほうにカバーを引っ張るとカバーを外すことが出来ます。


年式によるものなのか、車体差によるものなのかはわかりませんが、このカバーを外してハンドルを右に切って車体前からエンジン側を覗いてみると、アクセサリ電源が取れるコネクタが見える時もあるらしいです…。


うちのGSXちゃんは残念ながら外れ(?)だったようで、このカバーを外した状態ではコネクタが見つかりませんでした。


先ほどの状態でコネクタが見つからない場合は、サイドカウルを外す必要があるので、サイドカウルを取り外していきます。


エンジンが剥き出しになるほどにサイドカウルを外してみると、ようやく…


アクセサリ電源が取れるコネクタとご対面です!


写真だとわかりずらいかもしれませんが、フレームに沿って走っているメインのケーブルに隠れるようにコネクタが付いています。


コネクタを見つけたら、次は電源の取り出し方法についてです。


このコネクタへの接続についてはかなり悩みました…。


というのもこのコネクタで使われている端子が、車やバイクでよく使われている110型端子というものではなく、これよりワンサイズくらい小さいものが使用されているからです。


この小さい端子をなんと呼ぶのかはわかりませんが、私の住んでいる場所周辺にあるホームセンター2箇所を探した結果このサイズの端子を見つけることが出来ませんでした!


端子探しにこれ以上の労力を割くのも時間がもったいないので…


電源の取り出しでよく使われている、エーモンの配線コネクター…通称:カニさんで電源を取りだすことにしました。


NEWING(ニューイング)のUSB電源の電源取り出し部分の端子を切断し…


カニさんをUSB電源のケーブルの端末に取り付けします。


こんな感じでカニさんを取り付けします。


この時、どちらがプラスでどちらがマイナスかを間違えないようにしておきましょう。


取付したカニさんをコネクタのケーブル部分に接続していきます。


ちなみにコネクタの配線の色の茶色はプラス電源で、黒線はマイナス電源となります。


電源を接続したら、USB電源ポートをマルチバーへと取り付けします。


マルチバーの左側には、今後ETCのアンテナを付けたいと考えていたので、USB電源ポートはめいいっぱい右側に寄せて取り付けしました。


USB電源ポートの取り付けは、インシュロック(タイラップ)で固定する方法と両面テープで固定する方法があるのですが、せっかくのマルチバーへの取り付けということでインシュロックで固定をしました。



後はハンドルを左右に切って確認しながらケーブルが引っ張られたり、フロントフォークに当たらないかなどを確認しながら固定をしていきます。


一番かさばりそうな電源電圧変換及び過電流保護装置がついた部分は、メインケーブルにくくりつけて固定してみました。


ケーブルをまとめたら、最後にUSB電源ポートに…


付属の防止キャップを取り付けしたUSBケーブルを差し込み…


スクリーンに取り付けしたドライブレコーダーへと接続すれば、USB電源の取り付けは完了です!


最後にキースイッチをONにしたらドライブレコーダーに電源が供給されて撮影モードになること、またキースイッチをOFFにしたら撮影モードがOFFになることを確認します。


これで内蔵バッテリーでは10分ほどしか撮影出来なかった中国製ドライブレコーダーのVikcamが、走行中は常時撮影可能となり、本来のドラレコとして機能を果たせるようになりました!


さらに、いろんな機器へと電源も取り出すことが可能となったので、今後はアクションカメラとの同時撮影なども視野に入れて動画撮影を考えていきたいと思います。


ではでは、また。




次の記事
夫婦で同じKomine(コミネ)のフルメッシュジャケットを購入したらプロテクターが別のものが付いていたハナシ。

関連記事
アクションカメラ apeman A80を外部マイク仕様に改造しました。
ドライブレコーダーのVikcamをGSX250Rに取り付けしてみました。

0 件のコメント :

コメントを投稿