嫁ちゃんがGSX250Rで立ちごけしたら通りがかったライダーさんが助けてくれた話。

GSX250Rの写真

スポンサーリンク




嫁ちゃん、ついに立・ち・ご・け!


今回は初心者ライダーの嫁ちゃんが、愛車GSX250R(通称ぺけぽん)でUターンをしようとしたときに転倒してしまったら、通りがかりのライダーさんに引き起こすのを助けてもらった話です。




場所はうちら夫婦がよく走るもみじロード。千葉県の南房総にあって、ライダーさんが多く訪れるスポットです。


本格的な夏を迎え、まっ昼間のバイク運転はつらいということで、涼しい時間帯である朝方にツーリングがてら走行していました。


こんなところで停車してるのは珍しい…

そのツーリングの最中に、ふと左に車を寄せて停止している白い車が目に入りました。


もみじロードを走ったことがある方ならわかるのですが、停止していたのが周辺にあまり家とかがない場所だったため、「なんかトラブルかな…!?」って思ってよく車を見てみると、後ろの後輪が完全にパンクし潰れてしまっているのに気が付きました。


タイヤの状況を考えると走行するのは不可能。


「もしかしたら動けなくて困っているかも…」ってことでその先の広い場所でUターンして、白い車の方へと戻りました。


この時、一緒に走っていた嫁ちゃんにはインカムを通して…


「ゆっくりでいいからUターンして、さっきの白い車のところまで来てちょ!」


って伝えていました。


すでにヘルプミーしてた(∩´∀`)∩

インカムで伝えた後に私はパンクしていた車の方へと急ぎ戻ったのですが、運転手の方から「JAFをすでに呼んでいるので大丈夫!」との返答が…


ホッと胸をなでおろし、ミラーを見てみるとすでに嫁ちゃんが後ろの遠くの方に迫ってきています。


なので嫁ちゃんと合流するべく再びUターンをしました。


そしてまた同じタイミングでインカム越しにこのやりとりを聞いていた嫁ちゃんは、私がまたこちらへと戻ってくるだろうっと先読みしUターンをして待っていようと思ったのだそうですが…


あぁ…やっちまったよ(/ω\)

下りでの右曲がりでのUターンだったということ、それに加え道幅が充分ではなかった(嫁ちゃんには)ということあって、私のUターンが終わる時にはコテンっと転倒していました!


気付いたら来てくれた!

初の立ちごけということで、嫁ちゃんはどうやって起こしていいかしどろもどろ。


なので私もすぐにバイクを停めて引き起こしの応援へと向かったのですが、ちょうどこの時に通りがかったライダーさんがそれよりも早い速度で駆け付けてくれて、引き起こしから路肩への移動などをしていただきました。


ホントありがとう!


助かりました('◇')ゞ

結果として、困っていた車を助けに行こうとしたら実はこちらが助けられたという落語のようなオチになってしまいましたが、うちら夫婦のどちらも初の立ちごけで動揺していたということもあって、通りすがりのライダーさんに助けられたことは精神的にもかなり助けられた結果となりました。



ぺけぽんにはあんまりダメージがなかった!


幸いにもGSX250Rは…

ぼっきり!

ブレーキレバーの先端部分の折損…

これはタッチペンでもごまかせそう…

ハンドルバーエンドの傷…

ミラーのさきっちょ

カウルに少し傷が…

マフラーは交換しちゃおう!

とミラーやサイドカウルやマフラーが傷ついたぐらいで済みました。


そしてなにより転倒した嫁ちゃんがうまく逃げたおかげで、まったくの無傷で済んだのが一番ホっとした一件でした…。



まとめ。


転倒したことは嫁ちゃんにとってはかなりのショックで決して良いこととは言えない出来事です。


けれどこうやって改めて転倒した時に助けてもらったりしたことを思い返してみると、バイクに乗っているとこんな風に人とつながりお互いが支えあっているのだ!っという、大事なことに気付くことが出来ました!


リターンライダー+免許取り立てライダーの二人ですが、今日助けて頂いた方のようになっていきたいと思ったので、今回このような記事を書かせてもらいました。


本人に伝わるかはわかりませんがこの場を借りて感謝の意を表したいと思います。


本当にありがとうございました。


ではでは、また。



嫁ちゃん立ちごけ動画。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿