GSX250R DAYTONA(デイトナ)のマルチバー(マスタシリンダークランプ)を取り付けしました。

DAYTONA マルチバーの写真

どうも、でかじよーです。


嫁ちゃんのGSX250Rにマルチバーを取り付けしました!


関連記事:初心者ライダーの嫁ちゃんがGSX250Rを新車で買ったハナシ。



先日ドライブレコーダーをGSX250Rのスクリーンに取り付けしたのですが、買ったドライブレコーダーの内蔵バッテリーがあんまり長時間持たなかった(フル充電で15分ぐらい)ので、走行中は充電出来るようUSB電源を取り付けする必要がありました。


GSX250Rはセパレートハンドルのため、ハンドル周りにUSB電源を取り付けするにはマルチバーが必要だということで、今回取り付けしてみました。



購入したのはDAYTONA(デイトナ)製のもので、マスターシリンダー固定ボルトの穴を流用して、バーが水平に固定されるものを選びました。



色はクロームメッキとブラックの2種類あったのですが、GSX250Rのハンドル周りにあわせてブラックをチョイスしています。



箱の中に入っていたのは、こちらの部品です。

・マルチバー(ブラック)
・固定用のボルト×2
・ワッシャー×2
・カラー×2

バーはブラックなのですが、ボルトやワッシャーなどがメッキだったのがちょつと残念だったかも…。



それでは早速取り付けをしてみました。


取り付け方法はかなり簡単です。



まずハンドル右側のマスターシリンダーの前にある、このボルト2本を外します。


この時の注意点として、ボルトをゆるめていくとマスターシリンダーとブレーキレバーの固定もゆるんでしまうことです。


ブレーキレバーの位置は操作性に関わる部分でもあるので、位置が変わって困るのであれば、最初の位置を印したほうが良いでしょう!



ボルトサイズは8mm。
レンチで2本とも外します。
外したボルトはマルチバー取り付けには使いませんのでどこかに保管しておきましょう!



ボルトを外したら、マルチバーを取り付けしていきます。


付属のボルトにワッシャーを通します。次にマルチバーを通し、最後にカラーを通してからボルトを締めこんでいきます。これを2本とも行います。



六角レンチでしっかりと締めこめば、取り付け完了です!


GSX250Rのハンドル周りと自然に溶け込んでいて、いい感じ!!


上からみても違和感はそんなにありません。



垂直方向にマルチバーが付くタイプと迷ったのですが、垂直方向タイプだとマルチバーが目立ってしまう気がしていたので、水平にバーが付くこちらを選んで正解でした。



次はUSB電源を取り付けしたいと思います。



ではでは、また。



次の記事
アクションカメラ apeman A80を外部マイク仕様に改造しました。

関連記事
イナズマ400に中国製アクションカメラ・apeman A80を取り付けしてみました。

0 件のコメント :

コメントを投稿