ジクサーSF250にBlueskysea A12を取り付けしたよ。

ジクサーSF250 Blueskysea A12


スポンサーリンク


Blueskysea A12。


ジクサーにドライブレコーダーを取り付けしました!

これで全部

選んだのはBlueskyseaのA12です。


今までDV688、B1Mと使ってきて、価格が安い割にしっかりしているのがわかっているので、後継機種であるこいつを試してみました。

走行速度も表示されるようになった

DV688やB1Mとの大きな変更点は、オプションだったGPSが標準装備となったことです!


このおかげで時刻のズレがなくなり、走行ログも記録できるようになりました。

SDカードも意外と高いから助かるよね

それと32GBのSDカードが標準で付属となりました!

小さいプラスビスを外さないと開かないよ

ただ、本体へのSDカードの挿入&取り外しがやりづらいのはちょっと欠点です。




ジクサーに取り付け。


の前に、家の中でクイックテストを実施しています。

12V電源でテスト中
USB電源でテスト中

B1Mの時にカメラが認識しないという初期不具合があったので、車体に取り付けする前に正常か確認しておきます。(この件はカメラを無償交換してくれたので解決しています。)

カメラのテスト中
正常時は真ん中の青ランプが点滅する

それとこの時に「roadcam」のアプリもインストールして、wifiとつながるかも確認しました。


正常に動作することを確認したので、ジクサーへ取り付けしていきます。

ジクサーはシート下が狭いのよ

まず本体の置き場所ですが、最初はシート下のETCの上に重ねて設置するつもりでしたが、これだとタンデムシートが閉まらなかったので…

ジャストフィット

100均で買ってきたカメラケースに入れて、テールカウルの隙間に置きました。

すっぽり

メーカーは本体も防水だとうたっていますが、amazonのレビューで雨の日に壊れたって書いている方が多かったので、外には付けないほうがいいと思ってます。

カメラのステー

カメラは取り付けする場所を考える時に、ちょっとびっくりしました?!

YZF-R25にB1Mを取り付けした時の写真

というのも、カメラを固定するステーの構造がDV688やB1Mのものと大きく変更となってしまっていたからです!


今までのアクセサリーが使える前提で考えてたのに…(;´・ω・)


で調べてみると、どうやらミツバのドラレコのカメラのステーと形がほぼ同じであるらしいことがわかったので、リアカメラについてはPLOT製のナンバーステーを使いました。

左上マウント
ボルトの穴もぴったり

カメラの固定も簡単だし、後続車にカメラが付いているのがわかりやすい位置にもなるので、このナンバーステーはなかなか便利ですよ!安いし。(1400円ぐらい)

この穴を使うよ
ステーを取り付け

フロントカメラは試行錯誤の末、ハンドル左にキャップで隠れているボルト穴にL字ステーを取り付けし、そのステーにカメラを両面テープ&結束バンド止めで固定しました。

色が黒だからあんまり目立たなくていいでしょ

この位置だとスクリーンが少し映り込んでしまいますが、今のところここ以外に良さそうなところはなさそうなので、一旦はここで試していきます。

GPSモジュール

GPSは、なるべく障害物なく空に向けて取り付けしてね♡と説明書に書かれていたので、車体右側のタンクの前あたり(ここはなんて呼べはいいんでしょう?)に両面テープで貼り付けしました。

マイク&操作用コントローラー

マイク兼操作用コントローラーはGPSの反対側に固定しています。


この位置だとエンジンをかけた後に、きちんとドラレコが動作してるかな?と確認しやすかったです。

サイドパネルを外す
サイドパネルの外し方はオイル交換の記事を見てね

それぞれの位置が決まったら、サイドパネルをはずしてケーブルをまとめていきます。

配線をまとめてるところ

電源線の赤と黒はバッテリーへ、黄色はETCの電源を分岐させて接続しています。


また電源線はノイズが入りやすいので、イグニッションコイルやレギュレータ等の機器からは離しておきます。


自分は念のためフェライトコアを電源線に巻き付けておきました。(写真撮り忘れた)

カメラ位置調整中

ケーブルを接続し動作確認の後に、カメラの位置調整をしたらドラレコの取り付けは完了です(∩´∀`)∩




まとめ。

フロントカメラ
リアカメラ

取り付けしたカメラには、こんな感じで映っています。


今回、無事に取り付けすることが出来たので、次は色々と試してみてレビューを書いていこうと思います。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。