ジクサーSF250にBabyFaceのスライダーを取り付けしたよ。

ジクサーSF250 BabyFace スライダー

スポンサーリンク


スライダーを取り付けする理由は、カッコいいから!


スライダーは耐久レースがルーツとなっていて、万が一に転倒した時でも最低限ピットに帰ってくることが出来るようにしたい…つまり走行不能なほどのダメージを負わないためのプロテクトパーツとして生み出されました。

エクスターカラーのカウルは守りたいけどね

うちのジクたんは今後もレースに出る予定もないので、本来なら不要な部品です。


ではなぜ取り付けするのか…


それは、カッコイイからです(笑)


スライダーって本当に必要なのか?等は、様々な意見があるので素人である私には正解がよくわかりませんが、見た目だけでなくお気に入りのエクスターカラーのカウルを守ってくれないかなーという淡い期待も込めていたりもします。




スライダーはBabyFace製。

届いた
箱の中身

ジクサーSF250のスライダーの種類はそんなに多く出ていないのですが、その少ない中でもデザインが一番気に入ったBabyFaceのものを選びました。

純正ボルトと交換していく

取り付けはエンジンマウントのシャフトボルト交換タイプではなく、クランクケース等を固定しているボルトの穴を流用していくタイプです。

説明書
車体左側

ボルトの長さとカラーの長さが異なるものが並んでいるので、説明書を見ながらベースプレートを取り付けしていきます。

純正ボルトの保管

取り外した純正のボルトも長さがバラバラだったので、なにかあった時に戻せるようにメモを残しました。

車体右側

ちなみにオイルフィルターの片側のボルトを流用したりするので、エンジンオイルが漏れる恐れがあります。

オイル抜き中

なので、自分はエンジンオイル交換のタイミングで作業をしています。




まとめ。

オイルを入れるのには干渉しないよ
ステップは守ってくれなさそう

スライダーを取り付けしたおかげで、スカスカでさびしい感じがしていたエンジン周りに重圧感で出てきて、リッターSSのような見た目になりました!

張り出し具合もちょうどいい

欠点は、オイルフィルターを交換するたびに右側のスライダーを外さないといけないのが、ちょっと手間なところでしょうか。


ではでは、また。



スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。