ジクサーSF250にキジマのヘルメットホルダーを取り付けしたよ。

ジクサーSF250 キジマ ヘルメットホルダー

スポンサーリンク

ジクサーSF250のヘルメットホルダーは使いづらい。

シート下の左右のフックがヘルメットホルダー

見出しのとおり純正のヘルメットホルダーがあまりにも使いづらいので、今回は社外のヘルメットホルダーを取り付けしていきます。


選んだのは、もちろんキジマ製です。

ジクサーの150とも共用らしい

GSX250Rの時から今のSV650ABSに至るまでお世話になっていますが、キジマのものは安いし抜群に使いやすいのでお気に入りだったりします。

箱の中身はこれだけ

取り付けはとっても簡単です!

上の方が目立たなくていいよ

まず付属の薄いゴムテープをタンデムステップのステーのリア側上段に貼り付けます。(両面テープになってる)


ゴムテープはそのままだと長いので適当な長さでカットします。


最初に位置を仮決めしてみましたが、タンデムステップのステーの上側ギリギリにした方が目立たなくて使いやすい感じがしました。

ステーを取り付けする

ゴムテープを貼ったらステーを合わせてプラスドライバーで固定します。


説明書には35°ぐらい斜めにすると書いていましたが、測定のしかたもわからなかったので仮組みしながら自分が使いやすい位置に取り付けしています。

完了!

最後にキーとフック部分をプラスドライバーでしっかりと固定したら、ヘルメットホルダーの取り付けは完了です!




まとめ。

愛用のSHOEIのヘルメットでテスト

使い方はヘルメットをフックに引っ掛けてから上の穴にカチッと音がするまで差し込むだけ。


ロックするのはキーも不要でワンタッチで完了します。

このフックの構造はホントに素敵

そしてあいかわらずのキーをゆるめてもヘルメットが落下しない素敵な構造は感動ものです。(他社製はヘルメットを持ってから鍵を回さないと落下します)


ちなみにヘルメットホルダーごとヘルメットを持っていかれないように、フックをロックした状態だとプラスドライバーが入らない防犯構造にもなっていたりします。


こーゆーさりげないことも考えていてくれたりするので、いつもキジマ製を選んでしまいますね♡

色が黒で目立たないのもgood

欠点は、車体用とヘルメットロック用でキーが2本になってしまうこと。


ただ純正のものより使いやすくなり、簡単に高価なヘルメットが守れると考えればそこまでのデメリットではないと思ってます。


ではでは、また。


2022年3月18日追記。

少しずつズレてる

何回か使っているうちに、ヘルメットホルダーが少し動くようになってしまいました。

こいつに変更する

原因は、付属してきたゴムシートの両面テープの接着が甘いこと。

ゴムシート代わりに巻き付ける

なので自分は、付属のゴムシートより少し厚い外装用強力両面テープに変更しました!

外装用だけあってビクともしない

位置決めを一発でやらないといけないし、下から見ると白いテープが見えちゃったりするのが欠点ですが、さすが外装用…ビクともしません


夏場や雨等の水で劣化する可能性も考えられますが、これでしばらく使っていこうと思います。


スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。