SV650ABSのフロントフォークオイルを交換したよ。

SV650ABS フロントフォークオイル


スポンサーリンク


フロントフォークオイル交換も忘れちゃダメよ♡


プラグ、エアクリーナーに続いて、今回はフロントフォークオイルを交換していきます。


走行距離が20,000Kmを超えると消耗部品がいろいろと気になってくるのです!


嫁ちゃん
それでは、いってみよー!




フロントフォーク取り外し。

トップキャップ:23Nm

まずはじめにフロントフォークのトップキャップを少しだけゆるめておきます。(オイルが漏れない程度)


これはフロントフォーク単体になってしまうとゆるめるのが難しいからです。

メンテナンススタンドはJ-Tripが最高だよ!

トップキャップをゆるめたら、メンテナンススタンドでリア→フロントの順でリフトアップします。

キャリパー固定ボルト:39Nm
ブレーキホース固定ボルト
ABSのセンサーも忘れずに!

リフトアップしたら左右のキャリパーとブレーキホースを固定しているボルト、それと車体左側に付いているABSのセンサーを外します。

右側はラジエターを固定しているステーを使った
必殺:結束バンド3本連結

キャリパーをそのままにしておくとブレーキホースに負荷がかかるので、結束バンド等で上に吊り上げておきます。

ピンチボルト:23Nm
アクスルシャフト:65Nm

続いてピンチボルトをゆるめてからアクスルシャフトを抜き、ホイールを外します。

左側にカラーが入っているのでなくさないように
ローアングル♡

ホイールが外れるとフェンダー裏にブレーキホースクランプが留まっているのが見えるので、クランプの返し部分をペンチ等でつまんで取り外します。

ボルトは4本ある
もう少しで外れるよ

フェンダーも外します。

突き出し量の確認

ここまで外したらフロントフォークの突き出し量を測っておきます。


写真だと少し上に出ているように見えますが、真横からみるとフロントフォークの上端(トップキャップとのつなぎ目)とトップブリッジの上端ががほぼ揃っていました。

トップブリッジの固定ボルト:23Nm
アンダーブラケットの固定ボルト:23Nm

突き出し量を測定したらトップブリッジの固定ボルトとアンダーブラケットの固定ボルトをゆるめて、フロントフォークを外していきます。

宙に浮いているみたい

重みで下に落下してしまうので、フロントフォークをしっかりと支えてからボルトをゆるめます。

取れた

これでフロントフォークの取り外しは完了です。




フロントフォークオイル交換。


純正指定オイルは「ショーワのSS-8」というものなのですが、このオイルはすごく高いので「ヤマハ純正のG10」を使います。

これが一番安い

粘度は「ショーワのSS-8」が36.8に対し、「ヤマハのG10」が33.2なので少し柔らかくなります。

ここからは玄関で作業するよ

オイルの準備が出来たのでフロントフォークオイルを交換していきます。

トップキャップをゆるめる

まずフロントフォークをまっすぐに立たせてからトップキャップをゆるめます。


フロントフォークスプリングが圧縮された状態で入っているので、トップキャップが外れる瞬間に飛ばないように気を付けて下さい。

パカっ
カラー
ワッシャー
スプリング

トップキャップが外れたら、カラー・ワッシャー・スプリングを抜いていきます。


同じように入れていくので順番をよく覚えておきます。またスプリングは上下の向き(直径が短いほうが下)があるので注意してくださいね。

オイルパックを買ってきた
しばらく放置

そしたらフロントフォークを逆さまにして、古いオイルを抜いていきます。

ペーパーウエスが黒くなった

オイルが抜けるのを待ってる間にスプリング等をパーツクリーナーで清掃しておきます。

きちゃない
これが新品オイル

ちなみに2年半で約22,000Km走ったオイルはかなり汚れていて、新品と比べると赤味と透明感がなくなっていました。


まるで嫁ちゃんのお肌みたい…。ボソッ


嫁ちゃん
ん?悪口が聞こえたような…?


おっと、マズイ…。バレる前に先へと進みます。

どくどく
こぼさないようにね

ある程度オイルが抜けたら、フロントフォークの向きを戻して新しいオイルを入れていきます。


あまらせてもしょうがないと思って片側500mLずつ入れましたが、油面出しの時けっこーギリギリでした汗


古いオイルをめいいっぱい抜こうと思っているなら2本買っておいた方が安心です!

傘立てが便利だよ

オイルを入れたらインナーチューブを数回ストロークさせてエアを抜き、この状態でしばらく放置して油面を安定させます。

ゴミがはいらないように養生する

自分はペーパーウエスでゴミが入らないようにして一晩おいておきました。


油の中の気泡(エア)が落ち着いてきたら、油面レベル調整をしていきます。

フロントフォークはまっすぐに立てる

油面の高さはフロントフォークを再圧縮した状態で84mmです。


油面調整をしたら、スプリング(上下の向きに注意)・ワッシャー・カラーの順で入れていき、トップキャップを締めればフロントフォークオイル交換は完了です。




まとめ。

フロントフォーク取り付け中

フロントフォークの取り付け手順は、フロントフォークをステムに差し込み突き出し量を揃える→トップブリッジの固定ボルトを締める→フェンダー、ホイール、キャリパーを取り付けする→フロントだけリフトダウンする(リアはそのまま)→フロントフォークを何回か伸縮させる→アンダーブラケットの固定ボルトとアクスルシャフト&ピンチボルトを締めるの順番です。


トップキャップを締めるのも忘れずに!

フロントフォーク伸縮テスト中

フロントフォークオイル交換後に乗ってみました。


粘度が下がったので柔らかくなると思ってましたが、ほとんど違いがわかりません。


オイルが新しくなったおかげなのか、むしろシャキっとして踏ん張ってくれる感じがします。


「ショーワのSS-8」を1本買おうとすると「ヤマハのG10」が2本買えるぐらい値段が違うので、しばらく使って問題なければ次もこのオイルでいきたいなぁと思ってます。


ではでは、また。


スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。