グロムのオイル交換をしたよ。




スポンサーリンク

グロム初オイル交換。

嫁ちゃん、旋回練習中の図

うちのグロムちゃんは公道は走りませんが、息子達(と嫁ちゃん)の練習に行くと1日中走りっぱなしという過酷な使い方をしているので、2回目の走行の後に初オイル交換をしました。


準備したものは…

グロムのオイル交換セット

嫁ちゃんのSV650ABSで愛用しているAZオイル10W-40オイルジョッキ(1L用)、それとペーパーウエス使い捨ての手袋です。


使い捨ての手袋は3、4枚重ねて付けて、汚れたら一番上の手袋をポイって捨てて作業継続!みたい使い方をしていましたが、コロナ禍以降は価格があまりにも高くなってしまったので、1回のオイル交換で1枚(左右1セット)を守って節約しています(笑)


グロムの指定オイル粘度は10W-30なのですが、エンジンが空冷で温度が高くなりやすいので10W-40に変更しました。




嫁ちゃんが挑戦!


嫁ちゃん
簡単そうだから私がやってみる('◇')ゞ


グロムの初オイル交換は嫁ちゃんがチャレンジです!

下周り汚いなぁ…

まずドレンボルトをゆるめます。

任せてよね

レンチサイズは17mmです。

たらーり

手で回せるぐらいまでゆるんだら、下にオイル受けを準備してオイルを抜いていきます。

いやん♡

ドレンボルトが近いのでエキパイにオイルが付きそうと思ってたら、やっぱりダメでした(^v^)


この後、嫁ちゃんがパーツクリーナーでキレイに拭いてくれました。


オイルが出てこなくなったらドレンボルトを締めていきます。トルクは24Nmです。


また、ガスケットは潰れていなかったのでそのまま使っています。次は忘れずに交換しないとね。

グロムは小さいほうが便利
どくどく

グロムのオイル量である0.9Lをオイルジョッキに入れて、オイルを入れていきます。

オイルフィラーキャップ

車体をまっすぐにした状態で、オイルフィラーキャップの先端のメモリの部分にオイルが付いているのを確認すれば、グロムちゃんのオイル交換は完了です。




まとめ。


嫁ちゃん
楽勝でした♪


グロムはオイルフィルターがないため、すぐにオイルが汚れてしまうのでマメに交換していこうと思います。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。