YZF-R25のドライブ(フロント)スプロケットを交換したよ。

YZF-R25 スプロケット サンスター


スポンサーリンク


もっとショートにするよ。



前回ドリブン(リア)スプロケットを43Tから45Tへと交換し、茂原サーキットとトミンモーターランドを走ってみましたが、びっくりするぐらい変化を感じることが出来なかったので、次はドライブ(フロント)スプロケットを14Tから13Tに変更していきます。


これで減速比が、3.071(純正)→3.214(前回)→3.461(今回)と大幅に変更となります。


ドリブンスプロケット換算で5Tアップしたのと同じ減速比ですね。




ドライブスプロケット交換。

コイツに交換しちゃうよ

スプロケットは14Tの時と同じサンスター製です。


ドライブスプロケットはドリブンスプロケットに比べると安いので気軽に試せますね!

スプロケットカバー

まずはスプロケットカバーを外します。

すでに汚れが目立つ

カバーが外れたらフロントブレーキをバンド等で固定し、リアブレーキを踏みながらロックナットをゆるめていきます。


レンチサイズは29mmです。

一回り小さい
完了

歯数が減って外周が小さくなる方向なので、チェーンを外さなくても交換することが出来ました。


ロックナットの締め付けトルクは75Nmです。


ドライブスプロケット交換後にチェーンの張り調整をしたら交換は完了です(∩´∀`)∩




まとめ。

調整代が無くなってきたぞ

ドライブスプロケットを14Tから13Tにしたら、チェーンアジャスタの張る方向への調整代が無くなってきてしまいました!


最初から13-45にするつもりなら、チェーンは標準の112Lで良かったかも…。


これで走ってみて良ければDIDのジョイントリンクを買ってきて1コマか2コマぐらい詰めてみようと思います。


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。