サーキット用にヤフオクでGSX-R600(K5)を購入した話。


スポンサーリンク


4気筒の大型SSに乗ってみたかったんや…。


YZF-R25で何回かサーキットを走っていてすごく楽しいんだけど、
大型のSSに乗ったらどんな感じなんだろうと最近、思い始めました…。


250ccのすべてを出し切れていないくせに、慣れてくるとパワーを求めてしまうのはなんでなんでしょうね?


それは…排気量がでかいのと一緒に走っていると、同じスピードで突っ込んでも立ち上がりの加速で負けちゃうからだもん(´;ω;`)


250ccでも速く走れる人に相談したら「突っ込みの速度を上げれば問題ないよ」って言ってたけど、それが出来ないから悔しいんじゃん!って感じで、もやもやした気持ちを抱えながらヤフオクを見ていたら、一台のバイクが目に入り気付いたら購入していました(笑)




それがGSX-R600(K5)!

ヤフオクで買ってみた

そんな感じのノリで購入したのは、2005年式のGSX-R600です。

右側のカウルに傷がある

年式でいうとちょっと古めだし、逆車仕様しかなかったりして、いまさら感のあるバイクだけど買った理由が3つあります。

息子&R600

1つめは、GSXの一つ目ヘッドライトが好きってことです!


この年代の頃から大型SSは2灯式が主流となってきていました。


その中で、この頃から今に至るまで1灯式ヘッドライトのままでいるスズキのこだわりが案外と好きだったりします♪


それと逆車設定しかないので、国内仕様と逆車仕様で馬力が異なるCBR600RRみたいにいちいち見分けをしなくてもいいのも良かったところです。

オーリンズのリアショック

2つめは、オーリンズのリアショックが付いていたことです!


これは欠点になるのかもしれませんが、K4/K5のR600は社外の部品がものすごく少ないです。


オーリンズのリアショックとなると、新品でも高いしこの年代だと出回るのも稀なぐらいなので、正直言ってこのリアショックが付いていなかったらR600を買わなかったと思います(^v^)


ただ油漏れをした跡があったので、OHが必要そうです…。

ETCが付いてた

3つめはすごく大事なこと…そう、安かったんです(笑)


ヤフオクの画面上では435,000円でしたが、値下げ交渉をした結果385,000円で落札することが出来ました!!


ワンオーナー車の27,000Kmで、車検が来年の7月まであって、タイヤがほぼ新品状態のロッソコルサ2を履いてて、オーリンズを装備していることを考えると、お得って思いません!?


なによりYZF-R25で走ってわかったんだけど、自分のギリギリまで攻めていくのでサーキットは転倒ありきなんです。


なのでこのぐらいの価格帯以上だと自分的には厳しいのです…(ヽ´ω`)




状態がわからないから、とりあえずバラバラにしてみた。

カウル外すのは意外と簡単だった

いくらワンオーナーで距離はあんまり走ってなかったとはいえ、安全・安心(?)なものが多いヤフオク販売車両なので、出来る範囲でばらばらにして現状の状況を確認してみました。

エアクリーナー点検
プラグ点検

作業に夢中で写真を撮るのを忘れましたが、エンジン関係は特に問題なくエアクリーナーやプラグなども交換された跡があって定期的に整備していたなってのがわかりました。

結構汚い…

エンジンオイルはいつのものかわからないので、フィルターと合わせて交換しました。

サイドカウル
フロントカウル

気になったのはブレーキ(写真なし)で、フロントキャリパーのパッドスプリングが左右ともに付いていませんでした…(。-`ω-)


なんでないんだろう?と詳しく調べてみると、2000年初期から中旬ぐらいまではパッドスプリングを外したほうがブレーキのタッチが良くなるというのが流行っていたみたい。


推測ですが、前のオーナーはその頃に外してそのままだったのではないかと思ってます。


ただ、今はパッドスプリングは重要であることがわかっているので、ブレーキオイル交換とピストンの揉みだしついでに取り付けしようと思います。

嫁ちゃんがエンジン部分を磨いてくれた♡

その他の不具合は、先ほど書いたオーリンズのリアショックから油漏れしているぐらいで、想像していたより程度が良かったのでびっくりしました!!


いい買い物したかもーー(^O^)/




まとめ。

R25より全長が長くて積むのが大変
R600を積むと助手席が潰れるから嫁ちゃんが乗れないじゃん!

これからどんどん寒くなりサーキットもオフシーズンとなるので、少しずつ不具合箇所を直していこうと思います('◇')ゞ


R600のデビュー戦は、あったかくなってきた3月頃かな…?


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。