YZF-R25のエンジンオイル&オイルフィルターを交換したよ。

YZF-R25 オイル オイルフィルターの写真

スポンサーリンク




高回転を多用する250ccはオイル劣化を感じやすい!


エンジンオイルが劣化してくると高回転が回らなくなってくるのですが、YZF-R25もサーキット走行後に違和感を感じるようになってきたので、今回はエンジンオイルとオイルフィルターを交換します。


24,923Km

ちなみに前回のオイル交換をした時が23,548Kmだったので、走行距離は約1,400Kmです。


やっぱりサーキットを走るとエンジンオイルの劣化が早いです!



エンジンオイル&オイルフィルター交換!

必殺:メンテナンススタンド

エンジンオイル交換は車体がまっすぐのほうが作業しやすいので、最初にメンテナンススタンドでリフトアップします。


フロント側から撮影

エンジンをかけてオイルを適度にあたためてから、ドレンボルトをゆるめて古いオイルを抜き出します。


ナメないように

ドレンボルトのレンチサイズは12mmです。


ドレンボルトをゆるめるとオイルが一気に抜けてくるので、オイルパンの下にオイルパックを置いておきます。


手の汚れ防止

付けるとプロ(なんの?)っぽい

それとエンジンオイル交換をする時に手が汚れてしまうのがイヤで、使い捨ての手袋も導入しました。



汚れたらポイっとするだけなので、すごく便利ですよ!


オイルはかなり汚れてた


ドレンパッキンも交換する

安いので充分

オイルパンからエンジンオイルが出てこなくなったらドレンボルトを締めるのですが、前回忘れてしまっていたドレンパッキンを交換してから締めこみました。



ちょっとした部品なのですがドレンパッキンは劣化してくるとエンジンオイル漏れの原因にもなるので、最低でも2回に1回は交換したいところです。


オイルフィルター

続いてオイルフィルターを外します。


オイルフィルターレンチ

YZF-R25のオイルフィルターは64mmです。



オイルフィルターを外す時もオイルが一気に抜けてくるので、下にオイルパックを置いてから作業します。


外れたところ

薄くオイルを塗る

新しいオイルフィルターは取り付けする前は、なじませるためにパッキン周辺に薄くエンジンオイルを塗っておきます。



オイルフィルターは締めすぎるとパッキンが破損してしまうため、手でおもいっきり回したあとはオイルフィルターレンチで1/8~1/4回転ぐらい締めこむぐらいでOKです!


キレイになった(*´ω`*)

オイルフィルターを交換したら、最後はエンジンオイルを入れていきます。



今回使うエンジンオイルは、AZオイルの10W-40です。


安い!

マメに交換するので安いもので充分です!安さは正義なり!!


細かい目盛りがないので適当

エンジンオイルの補給量はオイルフィルター交換時は2.1L。(フィルター無しは1.8L)


オイルキャップ

どくどくっ

オイルキャップをゆるめてエンジンオイルを入れていきます。


ぴったりF

車体右側にあるオイル確認窓のFとLの間にエンジンオイルが来ていればOK!


これでエンジンオイル&オイルフィルター交換作業は完了です(∩´∀`)∩



まとめ。


エンジンオイルを交換後、こんなにびすたんって速かったの?ってぐらい調子が良くなりました(´・ω・`)


YZF-R25はサーキットにもツーリングにもキャンプにも行ける楽しいバイクなので、エンジンオイルをマメに交換して大事に乗っていこうと思います。


それと0W-30は高回転がよく回るよ!と聞いているので、試してみたい気持ちがあります。ただ劣化も早いらしいですが…。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿