ゼファー1100RSのタンクキャップを新品に交換したよ。

ゼファー1100RS タンクキャップの写真

スポンサーリンク




タンクキャップからのガソリン漏れ!

最近ガソリン臭いのよ…

ここ最近ガソリンを満タンまで入れるとタンクキャップの隙間から少しだけ漏れるようになりました。


キャップの下のパッキンは交換済み

よくよく確認してみると、タンクキャップの蓋側にもパッキンが付いていて、どうやらここから少しずつ漏れているようでした。


光が当たるとよくわかる

タンクキャップはちょうどメッキ部分にある小傷が気になっていた場所でもあったので、これを機会にパッキンだけでなく全部交換することにしました(∩´∀`)∩



またまたPURE TECHで購入。

どんっ!

ゼファーの部品を交換するたび紹介してる気がしますが、今回もPURE TECHで購入しています。


ここは一つひとつの部品に、検品者の名前がフルネームで入ってるのですごく安心して注文することが出来ます。


パーツカタログより抜粋

赤丸が買ったやつ

フューエルキャップ下の大きなパッキンは、ボロボロなのが気になってすでに交換済みなので、注文したのは…


パッキンは5個必要

意外と高い!

・Oリング(部品番号:92055B)
・カバー(部品番号:14090)
・キャップ(部品番号:51049)


の3つの部品です。


ちなみにOリングは全部で5個使ってます。



タンクキャップ交換!

ドライバーでくるくるっしちゃう

タンクキャップは3本のビスのみで固定されているので、ここをゆるめます。


外れた

ここは交換済み

タンク内に落としたら外してひっくり返すしかないので落とさないように注意します!


ここは流用する

外れたらキーシリンダーを移植するため、キャップの裏面を分解します。


ビス2本

分解の手順は、最初にこの2本のビスをゆるめて蓋を取り外します。


バネの飛び出しに注意

蓋の方

またビス2本

その次に、キャップの後ろのほうにある2本のビスをゆるめます。


するとここまで外れる

ここからキーを抜いたらダメよ♡

キーシリンダーを外す時にキーが差さっていないとバラバラになるので、ここまできたらキーを必ず鍵穴に差しておきましょう!


赤丸のキャップ

準備が出来たら赤丸部分のキャップを外します。


キャップの周りのパッキンで押さえられているだけなので、ペンチなどで軽く引っ張れば外れます。


細いドライバーを使う

押し込むべし!

そしたら細いドライバーでキーシリンダーのストッパーを押し込みながらシリンダーを引き抜くだけです!


なんかの紋章みたい

新品のキャップの裏面も同じように分解して、外したキーシリンダーを組み込みます。


ぱっきん美女

ここで3個

キャップで2個

後は新品のタンクキャップの5か所にパッキンをハメこんで取り付けしたら…


すごく満足してる

タンクキャップの交換完了です(`・ω・´)キリッ


メッキ最鏡

写真だとうまく伝わらないのが残念…

最後に、メッキの傷&サビ防止で「メッキング」でコーティングをしました!



まとめ。

アップ!

タンクキャップ交換後は、ガソリンを満タンにしてもまったく漏れないし、ガソリン臭いのも無くなりました!


そして、ぴっかぴかの新品メッキによる圧倒的な輝き(*´ω`*)


じつは、こーゆー細かいところをキレイにするのがすごく好きなんです(∩´∀`)∩


ゼファーに乗ってるときはメーターの次ぐらいに目に入る場所なんで、まるまる交換しちゃうとすごく気持ちいいですよ!


ではでは、また。




スポンサーリンク


2 件のコメント :

  1. バイク全般にサーキット走行やガレージ制作まで、精力的に活動されていますね。
    ゼファー1100、しかもRSを愛車に選ぶセンスがいいです。
    当方、今はSVですが以前はZ750(水冷)に乗っていました。妻はW800に乗っていてカワサキにも親しみがあります。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    夫婦でバイク乗り&SV乗り&KAWASAKI乗りということなので、自分達と共通点がたくさんありますね!お互いバイクライフを楽しみましょう!!

    返信削除