KOMINE(コミネ)のソフトシェルウインタージャケットJK-579を買ったのでレビューしてみる。

KOMINE コミネ ソフトシェルウインタージャケット JK-579の写真

スポンサーリンク



ライダースジャケットの標準素材になりそうな予感!


コミネのウインタージャケット(JK-579)を冬用に買ってみたら想像以上によかったので、レビューをしてみたいと思います!

色はスモーク

まずこのジャケットの一番の魅力は、なんといっても軽くて動きやすくて暖かいこと、です。

フード付きなのは好みが分かれそう…

軽くて動きやすくて暖かいを実現しているのは、ソフトシェルという素材を使っているから。

このタグは嫁ちゃんの時のもの

ソフトシェルは元々クライミングや登山をする方が、寒い山を快適(うごきやすく、あったかい)に登っていくために好んで着用していたもので…


・防風性が高い
・吸湿性と通気性に優れている
・撥水性があり、小雨(ただし長時間が無理!)や泥ハネ(拭いたら取れやすいという意味ね)を防ぐ
・ストレッチ性がある


という特徴を持っています。

実は嫁ちゃんとお揃いなのだ( ´艸`)

着てみるとわかるのですが、この素材の特性のおかげで肌触りがよく軽くて動きやすい、だけどバイクに乗って風を直接受けても寒くない!のです。


今までは重くて動きずらいが当たり前だったライダースジャケットですが、このソフトシェルによって革命がおきたと言っていいでしょう!!


それを示すかのように、コミネだけでなくRSタイチやデグナーなどもメーカーもソフトシェルジャケットを販売するようになってきました。


ここ数年で昔ながらの化学繊維が衰退し、冬用ジャケットはソフトシェル一色になるのではないかと私は勝手に推測しています!!!



コミネ JK-579のレビュー。


ここから購入したJK-579について紹介したいと思います。

色は10種類から選べる

ベージュがスモークかで悩んだ…

色は10種類から選択することが出来ます。コミネは色のラインナップが豊富なのが魅力のひとつですね!


うちら夫婦はベージュとスモークで悩みましたが、白系の色は汚れが目立つのでスモークを選びました。

保温インナー

脱着式

春・秋・冬の3シーズンに対応出来るように、ファスナー&袖はボタン留めというシンプルな脱着式の保温インナーが付いています。

中綿が入ってる

袖はボタン留め
保温インナーの腕部分以外は中綿入りのダウンになっていて、冬のツーリングで走っている時に体温が逃げるのを防いでくれました!

メンズ用のプロテクターはハードタイプ

プロテクターは、胸部・脊髄・腕・肩に標準装備されています。


標準の脊髄プロテクターは、ちょっとショボいのでハードタイプに変更しようと思ってます。

胸部分

腕部分

くぱぁ

背中

春・秋で気温が高めの時に、ジャケット内に風を通して蒸れを防げるように、胸・腕・背中にエアベンチレーション(空気の通り道)が着いています。


これも12月に伊豆方面にツーリングに行った時に、昼の気温が20℃となったので試しに開けてみましたが、胸と腕の部分から風が入って背中から抜けるというのを体感することが出来ました!


まだ試していませんが、保温インナーを外してベンチレーションを開けてやれば春・秋でも着用することが出来るかもしれませんね。

好みが分かれるフードも…

ファスナーで脱着可能!

しかも…

きれいに収納出来ちゃう(∩´∀`)∩

それと着けたままか外すか好みが分かれそうなフードは、もちろん脱着可能です!


私は走行風でバタつくのがイヤなので外しちゃいました。

袖のマジックテープは…

ちょっとくっつきが甘い

風が袖から入ってくるのを防ぐために、マジックテープで留められるようになっていますが、張り付きが甘く取れてしまう時があるのがちょいと残念!!

だけど裾を絞れるのはgood!

だけど、走行風でバタつく裾周りも簡単に調整出来るようになっているのは、さすがとも思いました。

電気を消してフラッシュ撮影

すごく反射してる

夜間はあんまり走ることがないのですが、コミネのジャケットには反射材が付いています。


通勤に使う方だと、これはありがたい装備ではないでしょうか。



サイズについて。

伊豆スカイラインで撮影

ジーンズとも合うデザイン

私は身長176cmで体重が58Kgなのですが、ヒートテック+トレーナーを下に着た状態で、サイズLでぴったりでした。


春と秋に保温インナー無しで着ようと思ったら少し大きすぎる感じなので、冬専用とするならLで3シーズン着たいならMってところでしょうか。

裸足なのがウケるww

この年でも夫婦でお揃いなんですwww

ちなみに嫁ちゃんの身長は153cmで体重が48kgですが、同じくヒートテック+トレーナーを下に着て、サイズはWMでぴったりでした。



まとめ。


ここまでコミネのソフトシェルジャケットJK-579の良さについて書いてきましたが、ひとつだけ欠点があります。


それは、着ている人が結構いるってことです。


豆ツーリングの時に寄った、海老名SAでは自分以外に2人着ている人を見かけたぐらいですwww


だけど、一時のワークマンのイージスじゃないけど、着てる人が多い=やっぱり魅力がある!ってことなんだと思います。



軽くて動きやすくて暖かい、そして安い…それは正義(笑)


ではでは、また。





2020年9月15日追記。

脊髄プロテクター交換

たんなる薄いスポンジ?って感じのしょぼかった脊髄プロテクターをオプションのSK-679に交換しました。

厚みが全然違う

比べてみると厚みがまったく違うし、ハードプロテクター(プラスチックシェル)が付いているのですごく安心です。

嫁ちゃんのも交換(Mサイズ)

脊髄は命に関わる部位ではないのですが、損傷すると障害が残ってしまう可能性が高い場所でもあるので、しっかりとしたものに交換したほうがいいと思いますよ!


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿