茂原ツインサーキット(モトブレイク)を走ってきたよ。その10 ~600ccって難しいよね編~

茂原サーキット モトブレイク ZX-6R


スポンサーリンク

ZX-6Rでモトブレイクに参戦!


最近サーキットネタばっかりになってきた当ブログですが、今回も懲りずに茂原サーキットを走った話を書いていきます。


茂原は自分にとってのホームコースでもあるので、ここを走ればZX-6Rに乗れているのかがわかりやすいと思ってます。

SV650ABS

それとまたまた嫁ちゃんも初級クラスで参戦しています。




600ccはやっぱり難しい…。

ピット

この日は平日で天気もそこまで良くなかったのに、ピットがに空きがないぐらいに混んでいました。

嫁ちゃんはもちろん自走

去年までは平日+天気予報が悪い時はフリー走行になったりしてたんですけど、最近はサーキットを走る方が多くなってきたように感じますね。

6Rは付けるところで悩む
SVはタンデムステップのところに付けた

そして今回はふんぱつして自分+嫁ちゃんの2台分の計測器を借りました!

最終コーナー

茂原の東コースを600ccで走られている方々が2速しか使わないと言っていたので、最初の周回からギアを固定して走ってみました。

音は速そうに聞こえるらしい

するとトミンの時に感じたように、ブレーキ効くこととエンブレが効きすぎてしまうことで突っ込み速度が安定しない&スロットルを開けた時の急激な回転数の上昇に慣れずに立ち上がりも安定しないの2重苦でまったく上手く走れません!


3本目まで走ってみて、たまに55秒台に入るぐらいのタイムでした。

第1コーナー

2速固定のままだと上半身に力も入ってしまうし、なんかすごく疲れるなと感じたので4本目以降は3速を使ったりしながら走ってみました。


最終的には、フロントフォークとリアショックのプリロードを弱めたことと3速を使うことでなんとか54秒台に入るといった結果になりました。




まとめ。

嫁ちゃんのベスト更新&膝擦りならず

トミン、茂原とZX-6Rで走ってみて思ったのは、今もR25の時のクセが残ってしまっていて600ccの乗り方が出来ていないのではないかということです!

フォトbyばっしーさん

速い方を参考にすると、250cc(やそれ以下の排気量)はコーナーに対してアウトインアウトで走ってなるべく回転数が落ちないようにスロットルを開けっぱなしにして曲がるのに対し、600ccだとブレーキでしっかりと減速しながら向きを一気に変えて立ち上がっていくVの字のような曲がり方になってる気がします。(素人の考察なので間違っていたらコメント欄で教えてくださいね!)


同じ600ccでもGSX-R600の時は絶望的に乗れていませんでしたが、走りこめばなんとかなるかも?という手応えを感じるので、もうちょっと頑張ってみようかなと思ったZX-6Rで茂原サーキットを走ってきた話でした。


続く!


スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。