サーキット走行用にアレンネスのレーシングスーツセットを買ったよ。

アレンネスのレーシングスーツの写真

スポンサーリンク




まずはお手軽価格のレーシングスーツから。


サーキットを走行するのに必須のレーシングスーツ。


これ以外にもグローブ・ブーツ・インナーにプロテクターが必要で、すべて揃えようと思うとめまいがするぐらいの値段です!


サーキットを走りたいが、ブラック気味な企業で雇われていて懐具合も限界がある身としてはなんとか安くしたい…。


展示会をやってた!

そこで選んだのが、吊るし(既製品)で比較的安く売られている、アレンネスのレーシングスーツです。


ベリックも着てみた!

似たようなメーカーのベリックも着てみましたが、デザインがあんまり好みじゃなかった(^O^)


このレーシングスーツに、グローブとかすべてセットになって115,000円でした。(ただバンクセンサーは別売りだった…)



アレンネスのレーシングスーツセット。

インナー。

もじもじ君?

後ろ

インナーもアレンネス製です。


ワンピースタイプでサイズはSです。試着する時にボスコ・モトの人が言ってましたが、肌にぴったりとくっついたほうが動きやすいそうです。



レーシングスーツ。

この色がいい!

後ろ

横から

サイズは身長にあわせたので52になりました。


体重が60Kgとやせ型のせいで、後ろから見るとお尻の部分の革が余ってしまっているのが、ちょっとカッコ悪い…(/ω\)


パンチング

アレンネスはベリックのものよりパンチング部分が多かった!


アレンネスとベリックは同じ工場で作っているらしいけど、細かいところが違います!!


虫みたい

それと脊髄のところにあるコブ(なんてゆーの?)の色と形がてんとう虫みたいだと子供が言ってたww


早く膝を擦りたいぞ!



レーシンググローブ。

ベリック

思ったより操作しやすかった!

グローブはベリックです。


アレンネスのものにすると金額がプラスになるっていってたので、ちょっと妥協しちゃいました。



レーシングブーツ。

色は白にした

履き心地もそこまで悪くない!

レーシングブーツはアレンネスです。


ブーツまで黒にすると、まっくろくろすけになってしまうので、ワンポイントになるように白を選びました。



柔軟性がある

しっかりと固定出来る

ベリックのものと履き比べてみましたが、アレンネスのものは足首が柔軟に動かせるようになってたし、ベルトで足をしっかりと固定出来るようになっていました。


ベリックを選ぶより少し高くなりますが、金額以上の出来なのでアレンネスのブーツの方がいいです(∩´∀`)∩



プロテクター。

写真はないけど脊髄プロテクターもある

プロテクターは胸・脊髄ともにベリックです。


アレンネスのものにしてもデザインが違うだけで、素材や構造や形はまったく一緒らしいので、全然こだわらずにキットのまんまにしました。



レーシングスーツを着て走ってみた!

ドライブレコーダーより切り出した画像

はじめて着たときは、なんかコスプレして歩いているような気分(コスプレしたことないけど!)で少し恥ずかしかった(*´ω`*)


街を歩いてる子供にめっちゃ見られたし…。


パッと見できるヤツっぽい

いつもより攻めている風味(*'▽')

だけど、ぶ厚いレザーとプロテクターのおかげか、いつもより安心して走れるようになった気がします。



まとめ。

慣れると一人で着れる

やっぱりお尻部分のたるみが気になる…

今回は予算の絡みもあってアレンネスを選びましたが、とりあえずサーキットに行こうという感じであれば充分ではないかと感じました。


ネットのレビューではレザーが薄いとか着るのが大変とか書かれてましたが、実際に着てみると革の重みをすごく感じる作りになってるし、着るのも脱ぐのも慣れれば一人で全然イケちゃいます(; ・`д・´)


バイクの準備もOK、これでレーシングスーツ一式も揃った…。


それでは次はサーキットにチャレンジしてきたいと思います(∩´∀`)∩


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。