【2019年】ナンカイライディングスクールin袖ヶ浦フォレストに参加してきたよ。

ナンカイライディングスクールの写真

スポンサーリンク




嫁ちゃんの希望でライディングスクールに参加することに!


嫁ちゃん
運転がうまくなるようにライディングスクールに行きたい!



またまた嫁ちゃんがなにやら言い出しましたよ…。


詳しく話を聞いてみると、すぶたんで2回も立ちゴケしたことがよっぽど悔しかったらしい(笑)


嫁ちゃん
それにUターンが出来ないのもなんとかしたい…。



ということで、参加したいスクールを嫁ちゃんに選んでもらったところ…


初サーキットだ(*'▽')

袖ヶ浦フォレストで特別に開催されるナンカイライディングスクールに行くことが決まりました(∩´∀`)∩


ちなみにお値段は1人15,000円。2人で行ったから、なかなかの出費です…。


だけどね…それ以上に、収穫あるスクールでした('◇')ゞ



いざライディングスクールへ!

今日はびすたん

嫁ちゃんのすぶたん

前日に台風の影響でものすごい大雨が降っていたので、どうなるかな?と思っていましたが、夜からはすっかりと天気が回復し無事に開催となりました。


受付

定員45名で満員御礼

黄色だった

スクール会場に着いて受付で必要事項を書いたら、黄色のゼッケンを渡されました。


嫁ちゃんは緑色

ナンカイライディングスクールはゼッケンの色が赤・青・黄・緑の4種類に分かれていて、赤と青が上級者で黄と緑は初級者とはじめての方(自己申告制)になってるみたいです。


ちなみに自分が黄色になったのは、嫁ちゃんが申し込みするときにバイク乗車履歴を間違えてくれたおかげですww


2台乗っちゃう(^O^)

それと今回は特別開催の目玉として、スズキのニューモデルに試乗出来る特典が付いていたので、新型カタナとGSX-R1000Rの試乗券もGETしておきました。



午前の部。

研修棟

開校式

スクールの最初に開校式があり、その中ではスクールの中でのルールや装備をしっかり付けることなどの注意点とお世話になる講師(インストラクター)の紹介がありました。

午前の部のスケジュール

その後パドック内へと移動し柔軟体操をして、講師のデモ走行を見たら午前中のレッスン開始です!


講師のデモ走行

ナンカイライディングスクールはサーキットを使った安全運転のスクールです。


今回教わった内容は…

①視線を行きたい方向に向ける
②ニーグリップをしっかりして上半身の力を抜く
③リアブレーキを使って小さく曲がる
④小さく曲がったらスムーズに加速する
⑤フロントブレーキでしっかりと減速する

です。


最初は目線を曲がる方向にしっかりと向ける

ニーグリップと上半身の力を抜く

リアブレーキを使って小さく回る

次の黄色のコーンまで加速して停止したらまた小さく回る

パドックでは講師がデモ走行で見せてくれた内容がそのまま詰まったようなパイロン配列となっていて、走る・曲がる・止まるをひたすら練習します。

ミラーにガムテープ

すぶたんも

45人で一斉に走るとイモ洗い状態となってしまうので、上級者の赤・青組からパドック練習に入ります。


めっちゃ晴れてきた(∩´∀`)∩

不安そうな嫁ちゃん

黄・緑組のうちらはその様子を見ながら、準備を進めていきます。

嫁ちゃん
緊張してきた…。


嫁ちゃん、緊張のあまりガチガチです(笑)

嫁ちゃん
帰りたい……。


おいおい、自分が行きたいって言いだしたんやろ!


コース間違い

そんな状態で運転するもんだからコースを間違えたり、コーナーを曲がり切れなかったりと、まったくうまく走っていません!


なんかあったら止まって手を挙げるルールになってる

一緒に走ってる自分もハラハラしながら見ていましたが、ナンカイのインストラクターの方も同じように思ったらしく、途中から嫁ちゃんに専属で教えてくれるようになっていましたwww


連続スラローム

走る・曲がる・止まるのコースを2回ぐらい練習したら、今度は今までのコースに連続スラロームが追加となりました。


これもさっき教わった①から⑤の応用です。


リアブレーキを使ってパイロンに沿うように小さく回って(曲がる)、アクセルで車体を起こす(走る)。


ナンカイライディングスクールはひたすら基本の5つを練習するところなんです!


急制動ではない!

そして午前、最後のレッスンはブレーキです。


意外と難しい

40Kmぐらいの速度で走った後に、黄色いパイロンのところにフロントタイヤの先端をぴったりと停止させるという練習です。


ルールとして、途中でブレーキを強めたり弱めたりせず一定の力のまま停止すること。(ブレーキ調整しない)


つまりブレーキをかけるタイミングと強さを瞬時に判断するようになることが目的のレッスンです!


やってみると意外と難しくて、ふだん何気なく使ってるブレーキの大切さみたいなのをすごく感じました(^O^)



スズキのニューモデル試乗会。


午前の部が終わったら特別開催の目玉、スズキのニューモデルの試乗会です。


GSX-R1000R

戦闘機みたいな装備や

( ^ω^)

新型のカタナとGSXーR1000Rの2台に乗せてもらいましたが、どちらもゼファー&YZF-R25に無い加速感と足つき性の悪さを確認することが出来ました( ´艸`)


それと、R1000Rはやっぱりカッコいい!


SV650X

自分はセパハンのほうが好み♡

じつはスズキのスタッフにテールを支えられてた(笑)

嫁ちゃんはSV650Xを試乗しました。


パドック練習で「問題児」のレッテルを張られたおかげなのか、乗車の時にスズキのスタッフが支えてくれるサービス付きですww


インストラクターに続きスズキのスタッフまで専属で付いてくれる嫁ちゃんが、一番スクール料金の元を取ってるのかもしれない(∩´∀`)∩



お昼ゴハンはサーキットのレストランで!(自腹)

サーキット内のレストラン

メニュー

最新マシンのすごさの余韻を感じながらのランチタイムです。


チェッカーフラグのテーブルがしゃれオツ

サーキットコースが見えちゃう

豚丼(850円)

ゴハンは持ち込みするのもOKだったのですが、荷物になると思って手ぶらで来たので袖ヶ浦フォレストの中にあるレストランへ突撃します。


ざるそば&ミニカレー(750円)

意外に良心的な価格だったんで、とても助かりました。


がっつりではないけれど、ほどほどにお腹がいっぱいになったところで、午後の部スタートです!



午後の部。

赤三角がクリッピングポイント

午後は袖ヶ浦フォレストの広いサーキットを使ったレッスンです。


アクションカメラ

練習する内容はコースが大きくなっただけで、基本パドックパイロンでやったことと同じ。


コーナーに大きく入ってリアブレーキでクリッピングポイントに寄せて(曲がる)、車体が起きたらアクセルを開けて(走る)、しっかりとブレーキをかける(止まる)。


黄組の先頭をGET!

よめちゃんは後ろから3番目

革ツナギを着ないで参加出来るサーキット走行だけに、インストラクターの先導者が付いて前車の追い越し禁止でした!


初サーキット

初サーキットは、ツーリングの時より少し早い程度の速度(ホームストレートで120Kmぐらい)でしたが、公道みたいに対向車も来ないし、信号もないし、道幅も広くてとっても気持ちいい~!


本音をいえば、もっとかっとばして走ってみたかったなー!!



サーキット練習は20分×3本あったのですが、夢中になって走ってたらあっというまに夕方になってしまいました。


お土産

ステッカー


閉校式でお土産とステッカーをもらったら、この日のレッスンはすべて終了!


とても有意義な一日を過ごすことが出来ました(∩´∀`)∩



まとめ。


初スクール、初サーキットということで、もしかしたら転倒するかもと思いながら挑みましたが、自分も嫁ちゃんもコケることなく終えることが出来ました!(良かった)


スクールはあっというまに終わってしまった感じがしますが、今回学んだことは今後のバイクライフに生かしていきたいです。


特にブレーキの重要さを勉強できたので、これからは意識して使えるようになっていきたい(ヽ´ω`)


そういえば言い出しっぺの嫁ちゃん…ナンカイライディングスクールどうだった?

嫁ちゃん
すごく楽しかった!


いや…そうじゃなくて、なんか収穫とかあった?

嫁ちゃん
難しすぎて、よくわからんかったww


……(/ω\)


猫に小判、嫁ちゃんにライディングスクール…。


嫁ちゃんは視線をしっかりと向ける練習と姿勢作りから始めた方がいいかも…。


終わり。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。