2019年9月にソロで北海道ツーリングに行ってきたよ。その5~湿原をめぐる一日編~

北海道ツーリングの写真

スポンサーリンク




別海町ふれあいキャンプ場はまた来たい。

9月19日。


北海道ツーリング5日目です。


今日もセコマめし

昨日の夜に早めに寝たおかげで、朝おきた時の体調はすこぶる絶好調です!


出発準備完了!

ここのキャンプ場は、朝7時までは入口が開かない仕組みになっています。


ここ数日キャンプ泊をしてみて、朝起きた時間からテントとかを片付けして出発できるようになるまで、大体1時間40分ぐらいかかることがわかってきたので、早起きしたご褒美にゆったりとコーヒーを飲みながらその時間を待ちます。


じつは東の真ん中にあるキャンプ場だった!?

コーヒーを飲みながら何気なくグーグルマップを眺めていると、じつはこのキャンプ場が東のツーリングスポットの知床・根室・釧路のど真ん中に位置するキャンプ場であることに気づいちゃいました(; ・`д・´)


東をメインに走るんだったら、ここを拠点にテント設営と撤収がなくなって時短にもなる連泊もアリかも!?


…とか考えていたら、朝7時の開門と同時にホントにテントを張ったまま出発しているライダーさんが数台いたのでびっくりしました!みんな考えることは同じなのね…(∩´∀`)∩


それとこの日の気温は12℃。今日もイージスは手放せなさそうです…。



湿原めぐりの一日。


早いもので北海道を夜まで走れるのが最後の日となってしまいました…。


明日の夕方には苫小牧からフェリーに乗って現実世界に帰らなきゃいけないんだよなぁ…(ヽ´ω`)


しんみりとしながらも、今日は知床・根室に並ぶツーリングスポット、釧路に向かいます。


ひさしぶりにいい天気(*´ω`*)ウレシー

釧路でどこ行く?って考えた時に、一番最初に出てきたのが釧路湿原です。


釧路湿原は日本最大の湿原で、その大きさは山手線がすっぽりと収まっちゃうぐらいだそうです!


そんな広大な湿原を見れるところがいくつも存在するんだけど、その中でも気になったところをまわって行きます。



コッタロ湿原展望台。

砂利だから停めるに苦労した(;´▽`A``

ひとつめの湿原スポットが、コッタロ湿原展望台。


展望台は第一から第三まであるらしいのですが、自分が訪れたのは第一展望台です。

一人カメラ遊び


展望台までは麓の駐車場から約15分ぐらい、坂がとっても急なんで結構疲れました…。


空が青い(*^-^*)

湿原の眺めもいいね(^O^)

ホントいい天気だなぁ…

だけど苦労の甲斐もあって、景色はとっても素晴らしいです!


それに北海道に来てから初めて雲ひとつない青空も見れました(*'▽')


よく考えてみると、山もあって峠もあって海も湖もあって湿原もある…ひとつの県(道)でここまでの風景が見れるのって北海道だけじゃないんだろうか…?


そう思うと北海道がさらに好きになっちゃいますね♪


そうそう。


ここに行くのにひとつ注意点がありました。


展望台に続く道道1060号線には、国道391号線からと道道1052号線からアクセス出来るのですが…

すぶたんはオフ車じゃないんだけど…(´;ω;`)

国道391号線方面からだと舗装されていない砂利道区間があります。しかも7Kmぐらい…(上の赤丸部分)


それを知らずにグーグルナビに騙された私は、時速20Kmぐらいでのろのろと展望台まで走ることになってしまいました…(´;ω;`)


道道1052号線側も決していい道とは言えませんでしたがこちら側に比べると全然マシ!


オフ車じゃないかぎり国道391号線側はオススメしません。



釧路市湿原展望台とライダーとの触れ合い。


続いて訪れた湿原スポットは、釧路市湿原展望台です。


右周りはバリアフリーだけど左周りだと道がよくない…

すごい揺れる…

着いた!

ここは釧路湿原のスポットとしても代表的な場所で、一周り約2.5Kmの遊歩道の途中に展望台があります。


いい天気(*´▽`*)

ちょっと木が邪魔…

遊歩道に立ち入ると蚊がめっちゃいて、一昨日の中標津キャンプ場の悪夢を思い出したりしましたが、ここからの釧路湿原の眺めもとっても素敵です!


自分の中で絶景は、視覚的に遮るものがなくて(遠くまで見える)人工物がないってことだと思ってるので、釧路湿原は自分の中では絶景スポットと呼べますね。


すぶたんを探せ、Lv2

それとここの駐車場で、今回のツーリングで2度目となるライダーさんとの触れ合いがありました。



大洗から苫小牧に行くフェリーに同乗していた方で、シートバッグの後ろにクマのヌイグルミを付けている赤いフェザーはがすごく目立っていたので覚えていました。なので、ここで会ったのもなにかの縁、話しかけてみました。


ぬいぐるみは撮影出来なかった!

シンプソンの本革ジャケットを着ているし、メガネに色が入ったイカツイ顔をしていたので、最初はちょっと恐る恐るって感じで話しかけましたが、じつはとっても気さくな方でたわいのない会話にはじまり、気になっていたヌイグルミのことまで教えてくれました(∩´∀`)∩



奥さんもバイクに乗っているらしいのですが、今回の北海道ツーリングには一緒に行くことが出来なかったので「私の代わりに連れてけ!」って渡されたのがそのクマのヌイグルミみたいで、「お守りみたいなものなんです。」とはにかんでいたのがとっても印象的でした(*´▽`*)


しあわせのおすそ分けをされたみたいに心がぽかぽかする話を聞けて、とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。


2度あることは3度あるので、またこの赤いフェザーの方と会うんだろうな(フラグ)と思いながら、次の目的地に向けてそれぞれバイクを走らせます。



これを食べないと帰れない!


根室でご当地グルメ・エスカロップを食べた以外、北海道らしいものを食べていなかったので、GWに来た時にとってもおいしかった記憶しかない豚丼を食べに行きます。


正直、海鮮より肉派です!



ぶた福の豚丼。

結構混んでた!

看板に年期を感じる

訪れたのは、ぶた福です。


ここは北海道ツーリングパーフェクトガイドを見て、釧路でゴハンならココって決めていた場所です。


北海道を走るのに、この本は手放せません!



これで950円

これはヤバそうやで~

下のゴハンが見えないぐらい肉が山盛り(∩´∀`)∩


肉好きの自分にはとってもうれしい豚丼です。


念願の豚丼を食べたんで、これでやっと帰ることが出来ます(帰りたくないけど…)


秘伝の豚丼のタレがすんごくおいしかったので、お土産用に売ってたタレを買ってくればよかったと、ブログを書いている今になってちょっと後悔しています…(/ω\)



もう少し湿原をめぐっちゃうよ!


そうです、今日は湿原めぐりの日です(*´ω`*)


しつこいようだけど、もう一か所だけ湿原が見える展望台を目指します。



細岡展望台。


じつはここが、行ってみたかった湿原展望台のド本命。


きれいに整備されてた

雲が出てきた…

釧路川

目の前に蛇行する釧路川も見えて、遠くの山まできれいに見えるこの風景は、まさに絶景!


すごく曇ってるけど…(ヽ´ω`)アサイチニクレバヨカッタ


帰りたくない病にかかってきた

ジィーーっと眺めていると、だんだんとお日様が傾いてきて、北海道ツーリングの終わりが近づいてきているのを感じます…。


今日はダートの日♪

あ、そうだ。


ここの展望台に来るまでの道路も、途中から砂利道になってるんで注意して下さいね!



急いで西側に戻らないといけないのだが…。


明日の15時ぐらいまでには苫小牧のフェリーターミナルに到着していなければならないので、なるべく西側へと移動しなくちゃいけません!


そこはアカン

だけど、どうしてもここが気になる…。


人が多いとこは苦手だけど、名前は子供のころから知っているしせっかく近くまで来たので、「え~いっ、行っちゃえー!」ってことで、阿寒湖に寄り道します←(寄り道なんてアカン子や)


意外に遠かった…

細岡展望台から来たら意外に時間がかかってしまいましたが、阿寒湖に到着です!


アイヌコタン

コロポックル

やっぱりというか当たり前というか、有名な観光地だけあってそれなりの観光客でにぎわっていました。


観光船

観光用ボート

船着き場の隙間から撮影

阿寒湖をゆったりと眺めるつもりでここまで来たのですが、阿寒湖のまわりはどこも有料の船乗り場だったり有料のお店ばっかりで「タダじゃ湖を見せんぞ!」って感じがヒリヒリと伝わってきます…(;^ω^)



全部を見て回ったわけじゃないけど、バイクもまったく停まってなかったし、ここはツーリング向きのところではなさそうですね。


でも、まりもは買うか悩んだ(ミーハー)



今夜のキャンプ場探し!


今夜はなるべく苫小牧までの距離を稼ごうと考えていました。


だけど阿寒湖を出ようとしたのが17時ぐらいだったので、時間的に考えて100Kmぐらいが限界です。


近く見えても結構遠い(118Km)

それを条件に周辺のキャンプ場を探してみると、GWの北海道ツーリングの時にもお世話になった、うらほろ森林キャンプ場が目に止まりました。



ゆっくりと考える時間も無かったし、行ったこともあるところだと色々と勝手がわかっていて設営とか買い物とかもすごく楽なので、今夜の宿をスパッとここに決めて走りました。


すでに周りはまっくら…

夕日もどっぷりと沈んでしまい真っ暗な中を走り続けることになったけど、なんとか19時前にはキャンプ場に到着。


鹿とか飛び出してこないかすごく怖かった~((((;゚Д゚))))ブルブル


ここのキャンプ場は20時まで受付をしてくれるので、とっても助かります。



受付のおっちゃんが「今日ほとんど人がいないよ!」って言ってたけど、ほんとにフリーサイトの一組とコテージの一人だけしかいなくて、ほぼ貸し切り状態でした(∩´∀`)∩


北海道最後の夜もセコマ

肉うまし!

まだ北海道を走ってたいなぁと思いながらのんびりと星を見ていると、どんどんと夜が更けていきました…。


今日は頑張った!

北海道ツーリング5日目の走行距離は、392.5Km。



まとめ。


今日のルート。



ここまでの北海道ツーリングメモ。


・フェリーはインタネット予約に空きがなくても直接電話すれば取れる可能性がある。
・電装品をいっぱい繋ぐ時は事前に確認する。また電源の取り出し場所も確認する。
・フェリーのコンフォートは意外と快適で爆睡してた。
・北海道の高速道路はスピードが速くてちょっと怖い。
・セコマのジンギスカンはめっちゃ美味しい。
・峠の天気に恵まれない。(深山峠と三国峠)
・ホントに峠の天気に恵まれない。(美幌峠と知床横断道路)
・山へと続く道を発見www
・無料露天風呂は癖になりそう。
・バイクを見ながらキャンプ出来るバイクサイトはすごくいい!
・9月でもキャンプ場によっては蚊が出るので虫よけ対策は必須。
・イージスなどの防寒具は必須
・5日間も会話しないとコミュ力のない自分みたいなやつでも話しかけることが出来るww
・現地に行かないとわからないことがいっぱいある、だから旅は楽しい!
・疲れてるときは無理をせず、早く寝よう!
・湿原は絶景だった。←New
・阿寒湖はツーリング向きじゃない!←New
・シーズンオフのキャンプ場は最高。星もすごくきれい!←New


続きます!



(おまけ)ボツになった写真達。

なんか、さみしい…

疲れてる?

すんごく切れてる!


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿