コミネのケブラージーンズ「WJ-730S」を購入したのでレビューしてみた。

コミネのジーンズの写真

スポンサーリンク


チョイ乗りや軽めのツーリングでも安全を考える!


峠や山を越える時などはレザーパンツを愛用していますが、チョイ乗りの時や軽めのツーリング(嫁ちゃんと行くときとか!)の時はもうちょっと動きやすいジーンズを履きたいと思っていました。


ただ普通のジーンズだと万が一の転倒の時に破れてしまう危険性があるのでちょいと心配です…。


そんな時にコミネからバイクでの転倒などに強いとされるジーンズを見つけたので試してみました。



KOMINE WJ-730S。


後ろ

コミネのプロテクター内蔵ジーンズは、通常のジーンズ生地のものや伸縮性に優れたもの、また高強度繊維素材を使ったものなど種類が非常に豊富となっています。


その中で今回は「WJ-730S」っていう、一部分に高強度素材であるケブラーを使ったものを購入しました。


ちなみにケブラーというのは、米国デュポン社の軽量で耐久性があり耐切創性にすぐれたアラミド繊維のことです。


わかりやすいように裏返してみた

黄色い部分がケブラー

アラミド繊維は防弾チョッキや防刃チョッキにも使われているのでその安全性の高さはおすみ付きです!


ケブラーを使っているのはジーンズの裏側で、転倒した時にダメージを負いやすい膝周り・太ももの外側・ヒップの3か所に入っています。上の写真の黄色い部分がケブラー素材を使っているところです。


黒系が好きなので色もgood!

色はディープインディゴのみの設定。


普通この色のイメージだと濃紺をイメージしますが、コミネのものはそれよりもブラックに近い感じです。この辺は好みが分かれるところかもしれませんね。


ウエスト部分

ひざ部分

ウエスト部分とひざ部分がシャーリングとなっていて、バイクの乗車姿勢で負荷がかかるところを軽減する配慮がされています。


ボタンとかにこだわるメーカーに悪いところはない!

バイク用に限らず安物のジーンズだとボタンがものすごく留めずらかったりするのですが、このジーンズはまったく問題ありませんでした!小さなことかもしれませんが、ボタンにきちんとKOMINEと自社のブランドを誇示するように書かれていたりするところに共感を持ちました。


CE2規格のもの

ひざ部分にはコミネ製のプロテクターが標準装備されています。




プロテクターはジーンズの裏側のメッシュのポケットに収まっていて、マジックテープで3段階調整することが出来ます。


ただ付属のプロテクターを付けて履いた時の欠点として、歩く時にすごく膝が痛い…(;´・ω・)


プロテクターは交換した(∩´∀`)∩

なので標準のプロテクターではなく、パワーエイジのポロンへと交換しています。




瞬間硬化素材ですごく柔らかいプロテクターなので、まったく痛くないしとっても歩きやすくなりました。


今はなにも無い…

それと標準だとなにも入ってはいませんが腰用のプロテクターを入れるポケットが付いています。


ここにもゆくゆくはポロンのプロテクターを入れたいと思っています。



実際に履いてみた!

Sはスーパーフィットの略

私の身長は176cmで体重は62Kg。


前から

通常のジーンズだと30(Mサイズ)を選ぶのですが、スーパーフィットのデザインのせいなのか一つ上の32(Lサイズ)で太ももやひざ周りに少し余裕がある感じでした。


後ろから

このジーンズはいつものサイズより一つ上のサイズを選ぶのうがいいかもしれません。


横から

ただサイズを一回り大きくしたせいで、ウエスト部分にはかなり余裕があります。


でも夏は冷感インナー、冬は温感インナーを着用してからジーンズ履いているので少し余裕があったほうが楽だし、今はまだ入っていない腰用のプロテクターをプラスしたらちょうどいいかもしれないと思うレベルなのでそこまで違和感はありません。


ひざ周り

見た目は表側から見るとプロテクターが入っている感じがしないのですごくオシャレに見えます。


ブーツイン


ブーツアウト

愛用のカドヤのハンマーブーツとの組み合わせもすごく良くて、ブーツインでもブーツアウトでもすごくよく似合いました(*´ω`*)


裁縫も自分でやっちゃう系!

ちなみに通常だとジーンズの裾を折り返すとリフレクターが付いているのですが、裾が2cmほど長くてとても気になっていたのでおもいきって裾上げをしてしまったため今は付いていません!


ケブラーを使用しているので厚みを感じますが、シャーリング部分だけでなくジーンズ自体にストレッチ素材を使っているためすごく履き心地がいいです。



まとめ。


このジーンズのいいところと悪いところを書き出したいと思います。



良かったところ。


・転倒したらダメージを負う可能性があるところに高強度素材であるケブラーを使用している
・ウエストやひざなどのバイク乗車姿勢の時に負荷がかかるところが伸縮性のあるシャーリングになっている
・標準でひざにプロテクターが入っていること
・腰にもプロテクターの装着が可能
・生地がストレッチとなっているので履き心地がいい



悪いところ。


・付属のひざプロテクターのままだと歩く時にすごく痛い(ただ柔らかいポロンにしたら解消された!)
・履いてみた!で書きませんでしたがケブラー素材をジーンズに張り合わせているので、かなり暑い!


こうやって書き出してみると欠点らしい欠点はないように感じます。


レザーパンツを履くほどでもないけどオシャレに安全性を高めたいって方にオススメしたいジーンズです。


紹介のところでも書きましたが、購入する時はいつも履いているサイズより一回り大きいほうがいいと思います。


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿