千葉県の南房総でのおすすめツーリングルートを紹介します。~ゆったり風景でも楽しもうよ編~

千葉県南房総ツーリングの画像

スポンサーリンク

どうも、でかじよーです。


千葉県…とくに南房総とよばれる千葉の南半分のエリアは山あり海あり峠あり、なにより食べ物もおいしい!ってことでたくさんのライダーさんが訪れています。


そんな走って楽しい千葉県の南房総でのオススメのツーリングルートを紹介したいと思います。


今回のテーマは、ゆったり風景でも眺めよう!です。



ルートは南房総を縦に横断していく感じですね!千葉県の南房総に来るほとんどの方はアクアラインを通ってくると思うで、海ほたるPAをスタートにしています。


トータルの走行距離が194Kmとなっていますが、このルートだとほとんど信号もありませんし、よっぽどのことがなければ渋滞もありませんので、日帰りでも全然走れちゃいます!


それでは南房総の風景を求めて、ツーリングスタートです。



もみじロード




最初の風景スポットは、もみじロードです。


走りも楽しめる

富津中央出口から高速道路を降りた後、国道127号を南下し県道465号を左折(コメリが目印)してしばらく進むと、県道182号になりますが、この県道のことをもみじロードと呼んでいます。


紅葉時期は最高

志駒川に沿って続く約10km程度の道で、1,000本以上のもみじの木が植えられていて、紅葉時期は圧巻の一言。


2月は河津桜も楽しめる

この日は満開だった(*´▽`*)

紅葉だけでなく、春には河津桜が見れたりと四季を通してさまざまな色どりを与えてくれます。


いつも車がたくさん来てる

もみじロードに入ってすぐにある、志駒自由市場休憩所では山の自然な水を汲みあげることも出来ます。


アクセルを開けたくなる

また広い道幅とコーナーが続く道のため風景だけでなく、走りも楽しめるルートです。


ただ最近はマナーの悪いライダーが増えてきていて、無理な追い越しや事故が多くなってしまっているのが残念です…。


休日はねずみ取りなどの取り締まりが強化されているので、風景をゆっくり楽しむぐらいの気持ちで走っていきましょう!



道の駅・三芳村 鄙の里



続いてのスポットは道の駅・三芳村 鄙の里


ビンゴバーガーもある

ここは風景スポットではないのですが、ルートに入れています。


…というのも、ここまでの走ってくるとわかると思うのですが、途中休憩する場所が一切ないのです!


駐車場

なのでここでちょっと小休止…。のんびり行きましょう( ̄▽ ̄)


休日は行列がすごい!

野菜もたっぷり

もしここでお昼にするなら、国産和牛100%のパテでつくった特製ハンバーガーがオススメ!サイズも大きくて食べごたえがありますよ。


住所:千葉県南房総市川田82-2
HP:https://www.hinanosato.jp/



めがね橋(眺尾橋)



次の風景スポットは長尾川に架かる、めがね橋(眺尾橋)です。



明治21年に作られた、全長が20mで幅が4mの歴史ある石橋です。


この角度がめがねっぽい…

川辺に映る姿がめがねに見えることから、めがね橋って呼ばれてるそうです。


橋は車両進入禁止


のどかな風景

不人気スポットなのか、人がいるのを見たことがありません…。ここでのんびりともの思いにふけるのも一興かも…。


住所:千葉県南房総市白浜町滝口
HP:https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/bunkazai/bunkazai/p111-043.html



野島崎灯台



めがね橋のあとは房総フラワーラインを通って、次の風景スポットである野島崎灯台を目指します。


入館料は200円

日本ではじめて洋式を採用した野島崎灯台。


この先には島がないのだよ

白浜の街並み

千葉県の最南端ということで、ここから見える風景は最高です!


ただ、私がオススメする風景スポットはこちらです。


こいつに乗るよ!

800円

船の底が透明になっている、海底透視船!


う~み~はひろいな~♪

おおき~い~な~♫

つきは~しずむ~し、ひはの~ぼ~る~♬

だいたい20分ぐらいの旅なのですが、白浜の沖まで船が進むので、灯台から見える景色以上に周りがよく見渡せます。



エメラルドブルーだった

海岸から見るとにごっている海の中も、沖に出るとすごく透明で泳いでいる魚の群れも見れます!


海底透視船は、不定期で出ているらしいので見つけた時はぜひどうぞ


住所:千葉県南房総市白浜町白浜630



魚見塚展望台



続いての風景スポットは、鴨川の街が一望できる魚見塚展望台です。


駐車場からは少し歩く

国道128号から一本曲がったところにあることもあって、絶景が見れる割にはそんなに人が来ない隠れ風景スポットです。


展望台の上から撮影

水平線がよく見える

潮の香りがここまで届いてる

千葉県の銚子にある地球が丸くみえる展望台ほどではありませんが、この展望台からは180°海が見渡せます。ここより西側には島も陸もないので水平線もきれいに見えます。


駐車場

展望台までの道は狭くて急な登り坂となっているので注意して下さいね!


住所:千葉県鴨川市貝渚3277



大山千枚田



最後の風景スポットは鴨川の、大山千枚田です。


ちょっと時期が悪くて稲が植えられてなかった…

棚田は山の傾斜に階段状に作られた水田のことです。


空が近く感じる!

大山千枚田は日本の棚田百選のひとつに選ばれていて、東京から一番近い棚田でもあります。


ここから見えるところには、電線すらないようなのんびりした風景が広がっています。街中では感じることが出来ない静かな景観が、日頃のあわただしさを少し和らげてくれる気がします。


ただ、いまでは有名な場所となってしまったため棚田以外になんもないにもかかわらず、一目見てみようという観光客でそこそこにぎわっているため静かな場所とは言えなくなってしまっているのが残念です…。


倒れるんじゃないかと心配…


それと駐車場が砂利で傾斜になっているので、バイクを停める場所は慎重に選んだほうがいいでしょう。


住所:千葉県鴨川市平塚
HP:http://www.senmaida.com/about_senmaida/



まとめ


以上が、千葉県の南房総でのんびりと風景を楽しめるツーリングスポットの紹介でした。


千葉県南房総に住む私が、実際に訪れてみてよさそうなところをピックアップしています。


千葉でツーリングをするときの参考になれば幸いです。



ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿