ゼファーのエキパイとテールパイプの磨き&焼き入れに再チャレンジしたよ。


ゼファー1100RS エキパイ 磨き 焼き入れ ビニールの写真

スポンサーリンク




エキパイのメーカーが判明!


前回まったくうまくいかなかった、エキパイとテールパイプの磨き&焼き入れに再チャレンジです!


…の前に、じつは購入当時から付いていたチタンのエキパイ部分のメーカーが判明したのでお伝えしておきます。(^^)!


そのメーカーとは…


どうみても同じ

アールズギアです(∩´∀`)∩


キレイな焼き色を付けられなかったら最悪マフラーを買い直そうと思っていろんなメーカーのHPをウロウロとしていたら、偶然にも見つけてしまいました!


これもひとえにビニールを付けてくれた嫁ちゃんのおかげです(イヤミ)


嫁ちゃん
しゅん…⤵


それともう一個わかったことがあります。


ワイバンのほうがチタン

アールズギアのマフラーには、エキパイ以外がステンレスとなっているソニックとすべてがフルチタンのワイバンの2種類がラインナップされていて…


丸いのがワイバン

ジョイント部分のパイプの曲がりでわかるようになっています。


なぜお前はステンレスであることを隠していたのだ!

ゼファーのジョイントを確認してみるとカクカクしているので、どうやらステンレス製のソニックで間違いなさそうです。


鬼の鏡面仕上げ

よく考えると、テールパイプとエキパイで磨いたときの質感とか光り方が違うなぁって思ってたんですよね(´・ω・`)



メーカーもわかってすっきりしたところで、エキパイの磨き&焼き入れに再チャレンジ!

こいつは磨きのみ

材質がステンレスだとわかったテールパイプの焼き入れは、素人じゃ無理!と判断したので磨きだけしてそのまま取り付けしていきます。


またステンレスと判明したジョイント部分も、せっかくなので磨いてきれいにしちゃいます!


ムラムラしてきた

せっかく付けたマフラーをもう一度外し、今回も同じように耐水ペーパー#400→#800→#1000→#2000→最後にピカールの順番でせっせと磨いていきます。


そう思うとステンレスとか思えなくなってきた

もちろん嫁ちゃんも自主的(?)に手伝ってくれましたww

鬼の鏡面仕上げ

またもや腱鞘炎になりそうになりながらも、ここまでピカピカにしました(*´ω`*)



ジョイント部分も鬼の鏡面仕上げです!


アオハルかよ


次はエキパイ部分です。



チタンであるエキパイは、走行しただけだときれいに焼き色が付かないことがわかったので、磨きをしたあとバーナーで焼き入れしていきます。

チタンはにぶい光り方

こちらも耐水ペーパー#400→#800→#1000→#2000で順番に磨いていきます。


チタンはステンレスにくらべて固いため、なかなかキレイになってくれません。


よく考えれば前回の磨きの時に材質が違うことに気づけそうなんですけどね…。先入観って怖いよね('ω')


そしてピカールは焼きムラの原因になるので使用しません。


やさしくしてね

それでは、エキパイに焼き入れしていきます。


どうだ!

…あれ?


…チタンもうまく虹色にならないぞ…。


チタンも難しいやないか(~_~メ)

やっぱり青くなるだけ…。


ムラムラしすぎて興奮してきた

やけくそで他のところもやってみたけど…


どうみても合わないやろ

結果は…しっぱい( ;´Д`)



まとめ。

失敗なのに取り付けするところに男気を感じない?

試しにエキパイもテールパイプもジョイントパイプも取り付けしてみたら、前回より悪化した気がするんですが!?


特にエキパイから後ろが輝きすぎていて、なんか変。



さて、次はどうしようかな…泣


続く!



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿