ゼファーのチタンマフラーにビニールがくっついてしまったので磨き&焼き入れをしてみました。

ゼファー1100RSの写真

どうも、でかじよーです。


先日、ゼファーにドライブレコーダーをつけたため、エンジンをかけながらレンズ位置の調整をしていたときのことです…。


前後カメラということでレンズの調整に時間がかかり、長いことアイドリングをしていたので、絶好調にマフラーがアツアツとなっていました。そこにビニール(ナイロン?)製の長いロングコートを着た嫁ちゃんが作業を見るために近づいてきて…


ん?なんか焦げ臭い?(゜_゜>)?


って思ったときには時すでに遅し…



ゼファたん自慢の虹色に輝くチタンエキパイに、溶けたコートがべったり…Σ(゚Д゚)


それからエンジンを止めて、パーツクリーナーをかけてこすってみても、灯油をつけてこすってみても、シンナーをつけてこすってみても、まったく取れてくれる気配はありません…。


やってしまったものはしょうがない…。


ここまでべったりくっついてしまうと、拭くぐらいじゃ取れなさそうなので、エキパイを外してこびりついてしまったビニールを削り取ってしまうことにしました。



それとせっかくマフラーを外すということで、サイレンサー近くの焼き入れが黄色く変色してしまっているのが前から気になっていたので、あわせてこの部分も磨き&再焼き入れをすることにしました。



まずはエキパイについたビニールの除去からスタートです。



最初に320番の磨きホイールをドリルの先端に取り付けし削っていきます。



削ること約20分…とりあえず除去は完了です…。これが意外とつかれました…サンダーを使うか、もうすこし番数が小さいものを使えばよかったです…。



ここから全体的な焼き色落としときれいな焼きが入るための下地処理として、耐水ペーパーの400番→800番→1000番→2000番で磨いていきます。



ここの作業は、やらかし犯の嫁ちゃんも手伝ってくれました。


嫁ちゃん
反省してます…。





また焼き色がムラになった箇所も同じように耐水ペーパーで磨いていきます。



 腱鞘炎になりそうなぐらい磨くこと2時間…。




どちらもここまできれいになりました!



この使用済みペーパーが苦労の証!もうやりたくない!!



最後はピカールで仕上げをしました。



手で磨いても頑張ればここまできれいになる!



エンジンに近いほうのエキパイはパーツクリーナーで脱脂して取り付けをしました。


この時は、ここの部分はエンジンに近く高温になるため走っていれば自然に虹色になるだろうと思っていたのですが…これが失敗だと気付くのは、テスト走行の後でした…。



もう1か所のエキパイ部分にはバーナーで焼きを入れました。



はじめてのことなので、あんまり目立たない下側にくるところで試してみたところ、黄色→赤→紫→青って感じで色が変わっていくってことがわかったのですが…



なんかきれいな虹色にならない…(-_-;)


火の入れ方が悪いのか、当て方が悪いのかわかりませんが、なんか全部真っ青になってしまいました…。



後は脱脂が足りなかったのか、ところどころ焼きムラまで出来てしまいました。


う~~ん…、むずかしい。



取り付けしたらマシに見えるかと思ったけど、全然ダメやな…。


逆に焼きをいれないほうがサイレンサーのステンレスの色にあっていてよかったかも…



それとナイロンがついたほうのエキパイの部分。


回転高めで70kmぐらい走行をしてみましたが、こんな感じできれいな焼き色が全然付きません!(泣)


他の3本がきれいな虹色なんで、この1本だけ辺に浮いてしまっています。


やはりマフラーメーカーのように人工的に焼き色をつけないときれいな虹色とはならなさそうですね…。


さてこれからどうしよう…。やりなおしか…はぁ~。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿