メッキ工房NAKARAIのメッキングとサビトリキングを試してみたのでレビューしてみた。

メッキングとサビトリキングの写真

どうも、でかじよーです。


バイクのメッキはサビやすく、きれいに維持するのがとても大変です。



愛車のイナズマは、ガレージ保管で雨の日は乗らないにも関わらず、メッキのミラーがサビてしまいました…。


最近のバイクにはあまりメッキが使われなくなりましたが、私のように古い車種に乗っているとメッキがたくさん使われていることから、前から気になっていた、史上「最鏡」のメッキの輝きを誇る、サビトリキングメッキングを試してみました!



メッキングとサビトリキングとは。


サビトリキングとメッキングは、東京大田区にあるメッキ工房NAKARAIというメッキ塗装や補修を専門にしていた会社が開発した商品です。



クロームメッキには目に見えない穴が無数にあいていて、ここに水や酸素や油、埃が入り込むとサビが発生します。


このメッキの表面に被膜を塗ってこれらの侵入を防ぐのがメッキングです!


メッキングはクロームメッキだけでなく、樹脂メッキやプラメッキ、それに金メッキやアルミやステンレスにも効果があるようです。バイクのエンジン周辺にはアルミやステンレスが多く使われているので、これらの部品にも使えるのはとってもありがたいですね。


サビトリキングは、その名前の通りサビをとるのを目的としたもので…



こんな白サビや赤サビを、ここまで取ることが出来るそうです!


他のサビ取り剤と違って研磨材が入っていないこともポイントです。研磨剤がないのでメッキ部分がすり減っていくこともなく、また傷や剥がれがなくサビだけを取り除きます!


こんな素敵なメッキングとサビトリキングですが、価格ちょっと高め!

メッキング&サビトリキング



値段相応に効果があるのか…早速試してみましょう!



サビトリキングを使ってみた。


まずはサビトリキングから試してみたいと思います。



クロスも付属しています。これ以外を使うと傷の原因になるそうなので、必ずこのクロスを使いましょう!クロスは単体でも購入することが出来ます。



サビトリキングの注意点は、たっぷりつけて優しく磨くこと!



メッキミラー


まず最初に、先ほど紹介してしまったイナズマのメッキミラーからいきたいと思います。


専用クロスにサビトリキングをたっぷりつけて…


やさしく磨きます。


ここまできれいになりました!
サビはほとんど無くなりました!!


このクロスに付いたサビが、サビトリキングの威力を物語っています!


ただ写真だとちょっとわかりずらいかもしれませんが、メッキの浮きあがりまでは治りませんでした…。orz


メッキが浮き上がるのは素材までサビが進行してしまったものらしく、メッキングのHPにあるようにこのレベルのサビだとサビトリキングでも効果はないようです。


サビが出たら早めに処置をするか、メッキングを塗って保護するのがよさそうですね。このミラーは安物なので新品に交換してからメッキングを使用と思います。


メッキホイール


続いてはもう一台の愛車ゼファーのスポークホイールに試してみたいと思います。



ホイールのリムの部分がメッキを使っているのですが、走行中に水やほこりなどの影響を一番受けるせいなのか、サビがぽちぽちと目立ってしまっています。



こちらもたっぷりつけて、優しく磨きます。


こちらは見事な仕上がり!
深いサビではなかったらしく、簡単にサビが取れました。


ステンレス


今度はステンレスで試してみます。
ちなみにこれはイナズマのリアサイドについているものなのですが、磁石でもくっつかないのでステンレスではないかと思っています。


なので正確には、ステンレス(推定)でのテストです。


磨くときの写真を撮るを忘れたのでいきなり結果からですが、サビはこの程度まで取ることが出来ました。


金属で出来てしまったサビだとこんなものなのかな?でも本当にステンレスなのかどうかもわからない場所なので、これについては参考程度で考えて下さい。



メッキングを使ってみた。


続いてメッキングを試してみます。



こちらもクロスが付属しています。
サビトリキングと違いすごくやわらかくて薄いもので、メガネ拭きがよりなめらかになったような?シルクみたいな感触です。


メッキングはゼファーのメッキパーツで試してみます。


メッキングの使い方は、クロスに1~2滴ぐらい垂らして、塗布したい部分に薄くのばして塗っていくだけです。


メッキングが塗られた場所は虹色っぽくなるのですが、このまま固まってしまうと虹色のムラが出来てしまうので、このムラが無くなるまで薄く塗っていきます。


ちょうどこのミラーの丸の部分を全部塗るのに、2滴ぐらいから3滴ぐらいです。


塗る面積を考えてクロスにつけていくといいでしょう。


サビが発生しやすいミラーの根本にもしっかりと塗っていきます。


もちろん、さきほどサビトリキングでサビを取り除いたメッキホイールにも塗ってみました。


さっきの状態に比べると輝きが違うのがわかりますね!


メッキングが完全に硬化するまで24時間ほど要するので、この間は雨や水が付かないようにしておきましょう!


メッキング使用、その後。(2週間経過)


ミラーだとよくわからなかったので、メッキ部分が多いホイールを撮影。



この2週間で約100Km程度走行してますが、メッキング塗布したときと同じく輝きが継続しています。


一回塗ると半年は効果が続くとあるので、1ヵ月おきぐらいにどんな状態になっているかを確認してみたいですね。


まとめ


メッキングとサビトリキングを使ってみた評価と感想です。



まずサビトリキングは、サビが進行したものには硬化がなかったことがちょっと残念ですが、研磨材が入っていないことから早い段階で見つかったサビにはメッキ素材を傷めずに使えるところは高評価です。


今後はアルミなどの腐食部位でも効果があるのかを試してみようと思ってます。



メッキングは、写真でうまく伝えられないのが申し訳ないですが、塗って硬化してからの輝きはホント抜群です!


ワックスと違って、時間が経っても輝きが続くのもポイントです。


ただ価格が一本約6,000円という高価格が難点…。
でもこの一本でバイク100台分塗れるらしいので、1台約60円。そうやって考えると、この性能でこのコスパだと安く感じます。


また自分一人じゃ買えなくても、数台分使えるのであれば、数人でワリカンして使いまわせばもう少し安く済ませることも出来そうですね。


やっぱりメッキがサビたバイクは、古臭くみえるし、なによりカッコよくないですよね!せっかく趣味でバイクに乗るならカッコよくいきましょうよ。


メッキパーツが多い方はぜひ試してみてください。


メッキングの購入はこちらから。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿