SHOEIフォトクロミックシールドを使ったらめっちゃ便利だったのでレビューしてみた。


どうも、でかじよーです。


私はSHOEIのZ-7というヘルメットをいつもかぶっているのですが、このヘルメットのシールド部分を紫外線が当たると黒くなるという不思議なフォトクロミックシールドへと交換したので、レビューしたいと思います。



フォトクロミックシールドについて



★CWR-1 PINLOCK フォトクロミックシールドの特徴
  • フォトクロミックシールドは、紫外線が当たることによって発色する機能を持っています。曇天や太陽が低い早朝や夕暮れ時など紫外線量が少ない環境では、明るくなります。(シールドの色は瞬時に変化しません。)
  • 気温の低い冬季では、一般に夏季より色が濃くなり、退色に時間がかかります。強い紫外線のもとではより濃くなります。
  • 発色の濃さは温度、天気、紫外線量、乗車姿勢に左右されます。
  • 発色性能はご使用により性能が徐々に低下します。時がたつにつれて発色に時間がかかるようになったり、発色の濃度が薄くなったりすることがあります。そのような場合は新しいSHOEI Transitions(R)フォトクロミックシールドに交換してください。 
バイク用品専門店ナップスのHPより引用

フォトクロミックシールドは、太陽の紫外線によって色が変わるシールドのことです。


昼間走る時はスモークになって、夜などにはクリアとなる、めっちゃ便利なシールドです。


遠くにツーリングに行くときとかに、わざわざクリアのシールドを持っていかなくてもいいっていうのもポイントです。



フォトクロミックシールドへ交換





フォトクロミックシールドへの交換はめっちゃ簡単です!



ヘルメットの左右についている赤丸部分のレバーを矢印の方向に引っ張れば、標準品のシールドが外れるので…



新しくフォトクロミックのシールドに付け替えるだけです!


ただ標準のシールドでついている、曇り止めのピンロックは付属してこないため標準シールドから取り外すか、新しく購入する必要があります。



なんかあった場合そのまま標準品へと戻せるので、フォトクロミックシールド用に新しく買ったほうが使いやすいと思いますよ!




ちなみにピンロックとシールドの間の部分に汚れが付くと掃除するときにやっかいなので、ピンロック取り付け時は内側にあまり触れないように注意しましょう!



うちの夫婦は仲良く同じヘルメットをかぶっているので、嫁ちゃんの標準シールドが付いたヘルメットと並べて比べてみました。


左がフォトクロミックシールド装着したもので、右が標準シールドです。太陽に当たらないと完全にクリアとなっています。



10月中旬の晴れた朝に並べてみるとこんな感じ…



若干スモークが強くなってきました。



実際にかぶってみると、うっすらと顔が見えるぐらいです。



10月でも昼間だとダークスモークぐらいの濃度になり、中はほぼ見えません。



クリアの状態から色が完全に変わるまで、だいたい一分ぐらいかかります。


標準シールドでヘルメットの中から撮影したもの

昼間にフォトクロミックシールドの中から撮影したもの

シールドを下げて走っていると、変化が全然わからないくらいなので、昼間にバイクから降りるときとかにシールドを開けると、「まぶしっΣ(・ω・ノ)ノ!」って感じになります。



フォトクロミックシールドで感じたこと


スモークへの変化がゆるやかだったということは、クリアへと戻るのも遅いということで、やはり同じように完全に戻るまでに1分ほどかかりました。なので、日の当たる場所からトンネルなんかに入ったときは、かなり視界が悪くなります。


新しいトンネルとかでLEDの照明とかが付いているとそうでもないのですが、峠道で出てくる古くて暗いトンネルだと進入直後に「あっ!見えない!!」って一瞬、思う時がありました。


便利ですが、急な変化の場合はシールドを上げたりして視界を確保する必要があります。


紫外線に当たるたびに発色性能が下がるらしいので、どのくらいの期間もつのかが気になるところですかね…。



まとめ

このシールドは、よくロングツーリングに行って夜に走行するって方に本当にオススメです。


車と違って大きなケガにつながりやすいバイクは、視界の確保はとっても重要です。見えないからとシールドを開けて、虫や石が特攻してきたら大惨事ですからね!


それに、太陽の光の強さで勝手に調光してくれるので、運転によるストレスはかなり低減されますよ。


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿