GSX250Rのオイル交換をしました。(3回目)

カストロールの写真

どうも、でかじよーです。



嫁ちゃんの愛車・GSX250Rが走行距離4,464Kmとなり、前回オイル交換から3,000Km走行したため、オイル交換をしました。


まずは古いオイルを柔らかくするため、エンジンをかけて3分ぐらい暖気をします。



その次にリアにメンテナンススタンドをかけて、車体をまっすぐにします。


このメンテナンススタンドを購入したおかげで、チェーンの手入れだけでなく、オイル交換まで楽に出来るようになったので、とっても助かっています。



続いて古いオイルを抜き取りします。
17mmのレンチでドレンボルトをゆるめていきます。



出てきたオイルは真っ黒です!
ペケポンは250CCということもあって、常に回転数高めで走行しているので早めはやめの交換が大事ですな。!(^^)!



ドレンボルトのパッキン(ワッシャー)は、オイル漏れの原因にもなるので毎回…せめて2回に1回は交換しましょう。
(これは自分にも言ってます…今回買い忘れたので次回は必ず…)



ちなみにドレンパッキンは09168-14L0-1000という型番で、他のメーカーより少し厚みのあるものになっていますが、上のような汎用品のパッキンでも全然OKです!



ドレンボルトを付けたら、今度はオイルフィルターの取り外しです。



フィルターレンチのサイズはW68
スズキのほとんどの車種がこのサイズなので、持っているととっても便利ですよ!



オイルフィルターが外れると、フィルター側に残っているオイルが出てくるので注意して下さい!



オイルフィルターはこちらを使用。
純正型番の16510-07J00に互換性のあるフィルターです。



オイルフィルターは取り付け前に、パッキン周辺などに新しいオイルを塗っておきます。



オイルフィルターを取り付けする時は、手できつくなるところまで回してから、レンチで1/8回転から1/4回転ぐらい締め付けするぐらいで充分です。あんまり締め付けすぎると逆にオイル漏れの原因になります。



最後はオイルを入れていきます。
こんな感じの目盛りが付いたオイルジョッキを使うとどれぐらい入れたかわかるので便利です。


GSX250Rは、オイル交換だけだと2,100mlでオイルフィルターを交換した場合は2,200mlです。


今回はオイルフィルターまで交換しているので、2,200mlです。



オイルはいつもと同じカストロールを使用しています。
Amazonで4Lで2,050円と破格の値段なので、いつもお世話になっています。


規定量のオイルを補充したら、オイル確認窓からレベルを確認し、FとLの間までオイルが来ているかを確認します。


確認後エンジンをかけてオイルを循環させた後、エンジンを切りレベルが規定の範囲であればオイル交換が完了です!


メンテナンススタンドがあるので、オイルのレベルの確認も一人で出来るから楽やわ~。


参考記事:アストロプロダクツのリア用メンテナンススタンドを買ったのでレビューしてみた。



次は7,500Kmがオイル交換予定。
最近の250ccのSSで、距離を走ったものだとエンジンが焼き付くトラブルが結構あると聞いているので、忘れず・こまめをモットーにしていきたいと思います。


ではでは、また。



今回使用したもの







スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿