嫁ちゃん用にエンジェルハーツのレザージャケットを購入したのでレビューしてみた。

どうも、でかじよーです。


冬用のジャケットで嫁ちゃんが今着ているものは…



こんな感じの、ピンク一色のド派手なやつです!
(下は寝巻なんで見ないでね笑)


着脱式のインナージャケットに、しっかりしたプロテクターが付いていて、バイクに乗るには充分な性能を持ったジャケットなのですが…


いかんせん、色が目立ち過ぎ…。
まるで林家〇ー子のようなピンクです。(笑)


買ったときは目立っていいなと思っていた嫁ちゃんも、最近では信号待ちとかでの視線だったり、ウェアを着たまま歩くときなどの視線がけっこう気になっていたらしく…(もしかしたら自意識過剰か?)


もうちょっとシンプルなものにしたいということなので、どうせなら憧れのレザーにしよう!ってことで、レザー製でデザインも色の使い方も気にいった、エンジェルハーツのジャケットを購入しました。




エンジェルハーツとは。


アメリカのブランドであるシンプソン
レースで得た経験をそのままに作られたライディングギアで人気のあるブランドです。


そのシンプソンがワイルド&キュートをテーマに、女性専用のデザインレーベルしたのがエンジェルハーツです。


シンプソンシリーズということで、ライディングウェアとしての機能・装備はハイレベルのものを使っています。



エンジェルハーツのジャケット紹介。


購入したのは、AHJ-6131という冬用ウェアで、2016年モデルです。
色はブラックホワイトの2種類がありますが、よりレザー感のある、ブラックを選んでいます。



また2016年モデルを選んだ理由は…
2017年に新しく出たAHJ-7131というモデルのものだと、背中のロゴがあまりに大きすぎて嫁ちゃん的に好みじゃなかったようです。





こちらが実際に着てみたところです。


フェイクとはいえ黒いレザーの質感がカッコよく、またワンポイントで使っているピンクのラインがとても女性らしさを表現しています。





まさにエンジェルハーツのテーマである、ワイルド&キュートそのものです!



デザインがいいだけでなく、肩や肘の部分など転倒した時に接触しやすいところは他の部分より厚くなっています。



内側はこんな感じ。
インナージャケットは取り外し式にはなっていませんが、生地の間に断熱用の中綿が厚く入れられています。


見えない内側である生地の刺繍のところどころにエンジェルハーツのロゴが入っているのもこだわりを感じるポイントです。

嫁ちゃんの身長が152cmなので、通常はWMを選ぶところですが実際に試着した結果、WLの方にしています。


なにも考えなければWMの方がぴったりしているし、袖の長さもちょうどいいです
ただこの後にも出てきますが、エンジェルハーツのジャケットのプロテクターはちょっとショボいのが入っています。


プロテクターを強度の高いものに入れ替えることを最初から考えていたので、少し袖が長くなってしまいますが一つ上のサイズを選びました。




プロテクターの入れ替え。

このジャケットには、脊髄用と肩用と肘用の3か所にプロテクターが入っています。




まずは脊髄
ここにはSIMPSONのロゴがはいったハードウレタン製のプロテクター。



背中に触れる側がソフトで、衝撃が来る方の外側が固くなっている2層構造です。


このプロテクターはしっかりしたものが使われているので、このまま使います。




続いて肩用
こいつはヤバイ…。発泡スチロールを薄く切ったものを入れてる?ってぐらい防御力無し!多分立ちゴケで打った衝撃も防げないと思われます…。(-_-;)



の部分も同じ…(ノД`)・゜・。



この2か所の部分は、夏用のコミネ製ジャケットに入っていた…。




CE規格レベル2のものと入れ替えます。



コミネのものはさっきの脊髄のものと同じハードウレタン製なので安心感が違います。


シンプソンでメンズものだとかなりゴツいプロテクターが入っているので、もうちょっと強度のありそうなものでもいいと思うんですけどね…。



最後に胸用
エンジェルハーツのジャケットには標準ではついていませんが、後で入れられるようにポケットはついています。



ここにも夏用コミネ製ジャケットから外したプロテクターを流用します。
少しプロテクターが大きいですが、入りました。



シンプソンのものも別で売っているので、形をきちんとあわせたければこちらを選ぶといいでしょう。


ちなみにバイク死亡事故の原因のうち1位なのですが、2位胸の強打によるものなので、胸のプロテクターは必ずつけることをオススメします!


参考記事→安心してバイクに乗るために胸部プロテクターについて考えてみる。



胸用のプロテクターを入れてから着用したところ。
このプロテクターがかなり厚みがあるので、サイズをひとつ上にして正解でした。



まとめ。

最後に走行テストをした結果です。


気温6~7℃の中を愛車・GSX250Rに乗って、いつものように走ってみましたが、嫁ちゃんが言うには今まで着ていたナイロン製でインナージャケットが付いていたものより寒くない気がするとのことです。


今までのナイロン製だったので少し風が通ってしまっていましたが、合成皮とはいえレザーになったことで防風性があがっているからかもしれません。


なにより林家〇ー子のように目立たなくなったのが大変お気に入りのようです。(笑)


それと最後に…


シンプソン及びエンジェルハーツのライディングウェアの代理店である、フラッグシップがライセンス契約が切れたことで扱えなくなったため、国内で売り切れが続出しているそうです…。


フラッグシップHP:https://flag-ship.co.jp/


エンジェルハーツ製品を狙っている方はお早めにどうぞ!


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿