バイク用ドラレコ Blueskysea DV688をゼファー1100RSに取り付けしてみた。

Blueskysea DV688の写真

どうも、でかじよーです。


ゼファたんにバイク用のドライブレコーダーを取り付けしてみました!



アクションカメラ→ドラレコにしたワケ。


今回アクションカメラではなくドラレコにした理由のひとつが、目立ってしまうってこと。

イナズマのいなちゃん

GSX250Rのぺけぽん

以前の愛車であるイナズマや嫁ちゃんのGSX250Rには、旅の記録用兼ドライブレコーダー代わりとして、ハンドル周りにアクションカメラを取り付けしていたのですが…


カメラが大きくてすごく浮いてしまっているんですよ。


3台並べてみるとカメラの有る無しがよくわかる

これをどうにかしたいってことが、カメラが小さくなるドラレコを選んだひとつのポイントです。


そしてもう一つの理由が…後方も撮影したいってこと!


アクションカメラを使ったいままでの撮影方法だと、もう一台カメラを増やすなどをしないと後ろを撮影することが出来きません。


前の記事でも書いたのですが、ドラレコとして証拠に残しておきたい変な運転をするヤツってのは、大抵自分が運転するバイクの後方からやってきます。


参考記事→安心して車を運転するためにリアにもドライブレコーダーを付けてみようと思う。


今まではそんなことはありませんでしたが、これからも安心してバイクライフを送るために、前後同時に撮影が可能なドライブレコーダーを選ぶことにしました。




Blueskysea DV688。



今回選んだドラレコは中華製のDV688


全部出してみた

届いた箱の中身はこちら。



まずは本体から。以前から販売さてたいたDV188というモデルの後継機種ということで防水機能が追加されています。


防水キャップ

優しく入れて

SDカード挿入口もきちんとキャップで防水されています。


裏側

私はカメラが付いている風味を出したくないので本体はシート下に隠す予定ですが、付属してきたアクセサリーを使えばハンドルなどにも本体を固定できるようです。


モニターから出ているケーブル

本体から4本のコネクタが出ていて、黒ふたつがカメラで赤が電源、黄色がコントローラです。


カメラ

カメラの仕様は、前後共に1080P30fps(720Pに変更可能)が最高解像度になります。


もちろんカメラは防水仕様で、広角範囲は130°です。


サイズ比較

目立たせずに取り付けすることが今回のテーマですが、カメラが思ったよりでかい!うまく隠して取り付け出来るか…!?


延長するためのケーブル

カメラ用ケーブルは3本。1m×2本と3mが1本。もうちょっと長さの種類が豊富だといいね…。


マイクが入ってる

コントローラ。遠隔で撮影(写真のみでした)をする時に使います。最初こんなもんいらん!って付けなかったのですが、どうやらこの中にマイクが入っているらしく、これを付けないと音声が拾えませんでした…。


電源ケーブル

電源ケーブルは2種類。USBに接続する用と12Vに接続する用。これは自分のバイクの取り付け方法で選ぶ必要があります。


アクセサリー


カメラ取り付け用のアクセサリー。上の写真の架台類は、他の中華製アクションカメラと互換性がありました。部品は足りないときは流用出来ます。(実際私は流用済み。)



車両に取り付けする前に正常に動くかどうか、まずクイックテストを行います。


仮で組み立ててみるよ

本体にカメラ×2個とコントローラを接続しスマホの充電器を使ってUSBから電源をとれば本体が起動します。


カメラの保護フィルムをはがしていないのでちょっと色がおかしいですが、きちんと撮影出来ているようです。


このとき液晶に映っているのは、大きいほうの画像がAカメラで右上の小さい画面がBカメラ。これは本体にある上ボタンで、Aカメラのみ・Bカメラのも・AとBのポジションを入れ替えた2画面の4パターンに変更出来ます。


撮影された動画はAカメラとBカメラでフォルダに分かれるので、確認がしやすかったです。


カメラを取り付けするときも悩んだのですが、どちらのカメラが前なのかの設定が書かれていないんですよ。ただ設定の中に、Bカメラだけ鏡像のON/OFF出来るようになっているので、Bカメラを後ろにするのが一般的なのかもしれません。



その他の設定ということで、ドライブレコーダーでいまでは当たり前となった、ループ動画・Gセンサーもついています。


それとこの時気付いたのですが、GPSはオプションだったんですね!買うときは全然気づかんかった…orz。


しかもアマゾンとかで探してみるけどオプションのGPSが売ってないんですよね…。もしかして販売中止!?


GPSが無いので時刻の設定は手動で合わせなければならないのが、今わかっている欠点ってとこでしょうか…。




ゼファーに取り付け。

フロントカメラ。


カメラを目立たせなくなかったので悩みになやんで、ヘッドライトのこの位置に取り付けをしました。



ステーは両面テープで貼った後にインシュロックで固定し、落下防止対策をしています。ステーに直接カメラを取り付けすると撮影された動画に、ヘッドライトが映ってしまっていたため、ちょっと下方向に延長しています。


わかりずらいでしょ!

パッと見、カメラがあるかわからないでしょ!カメラが車体のセンターに来ているのもちょっと気にいってます。



リアカメラ。

テールランプ下はカメラが大きすぎて目立つ!

フェンダーレスにしているゼファたんは、後ろがスカスカでカメラを隠すところがなくてフロント側より悩みましたが…

ベスポジ!

リフレクターの下に取り付けすることに決定!


パズルみたい…

リフレクターのステーに、カメラ用のステー(まぎらわしいなww)を両面テープで固定し、こちらも落下防止でインシュロック固定をしています。

good!

取り付け後。カメラがそんなに目立たないでしょ!


気になるのはナンバーの下の方なので、走行中の振動でカメラがかなり揺れんるんじゃないかということ…でもまぁ今の段階では、ここよりいい取り付け場所はないので、それは走行テストをしてから考えましょ。


本体。

テールカウル下にひっそりと隠れてる!

本体も目立たない場所に取り付けするということで、見つけたのがここ。リアのテール部分の隙間に取り付けされたETC。

合体!

このETCの車載器に上とドラレコ本体の裏にマジックテープを貼ってドッキング!

ここに入るために設計されたの!?ってぐらいぴったり

素敵なおさまり具合です。

二股するなんて…最低!

本体の電源は12V電源とつなぐケーブルを使用し、ETCで使っているACC電源を分岐させて接続しています。

無理やり入れないで

ケーブルは、アマゾンのレビューとかでも書かれていますがほんと長すぎです!特にカメラケーブル!!


カメラケーブルの長さの種類を増やしてくれるとありがたいですね。


ちなみにゼファたんはサイドカバーの隙間が結構ひろいので、丸めて全部ここに入れました。



コントローラ。


コントローラはマイクが内蔵されているので、アクションカメラを外部マイク化したときの経験から、シート下が一番風の影響を受けなかったのでこの位置にしています。


これで取り付け完了です。


テスト撮影をしてみた。

うちのガレージの中で撮影したテスト動画です。


まずはフロントカメラ
前がガレージなので味気ないですがきれいに映っています。


続いてリアカメラ
ちょっとカメラが傾いているのは調整するとして、夕方に撮ったものですが、この時間であればライトがなくてもなにが起きているかわかりそうです。夜だとどうなるかが気になるところです。


まとめ。


見た目すっきり!

アクションカメラの時はカメラが目立ってしまっていましたが、今回はホント言われないとわからないぐらいうまく隠すことが出来ました。


ただ、本体もコントローラもシート下に隠して見えなくなってしまったので、きちんとドラレコが作動しているかどうかがわからないってことにテスト録画の時に気付いてしまいました!


なんも問題なく動いている間はいいのですが、調子が悪くて撮影出来ないって時は気付かずに走ってしまうので、そこがちょっとこわいかも…。


ハンドル周りにモニターとかを出しても気にしない人は、見える場所に付けたほうが良さそうです。


今回無事に取り付けも完了したので、次回は設定を変えたりして撮影してみたいと思います。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿