ゼファー1100RSのヘッドライトをLEDに交換しました。

ゼファー1100RS LEDヘッドライトの写真

どうも、でかじよーです。


うちのゼファたんのヘッドライトが…



めっちゃ暗いんです…。


これは点灯状態で撮影したものなんですけれど、昼間ってことを抜きにしてもホント点いてる?って疑いたくなるような光量なんですよ…。やっぱりハロゲンだとこんなもんなんですかね?


車から見えずらいバイクの存在をアピールするためにヘッドライトが常時点灯になっているのに、これでは車に気付いてもらえません!


ってことでヘッドライトを今風に白く明るく輝かせるために、LEDへと交換をすることにしました!!やっぱりバイクは目立ってナンボですから。(`・ω・´)キリッ



取り付けするLEDはこちら。中古のLEDランプです。



じつはこれ…前の愛車・イナズマこといなちゃんから取り外したもので、レッドバロンにドナドナされる前に摘出した大事だいじな忘れ形見の一部です。


LEDが3つ付いているタイプのもので、ランプの後ろのフィンで冷却しています。イナズマの時にはとても明るく夜間走行ではとても助かっていた記憶があります。


それでは早速こいつに交換していきましょう!




まずはヘッドライトの取り外し。
ヘッドライトは左右2本のプラスビスで固定されているので、この2本のビスをゆるめます。



ビスを外したらヘッドライトを左右どちらかに少し回すと、上のひっかけが外れるので、こんな感じに抜けてくると思います。


この状態でヘッドライト裏のコネクタを外せば一式取り外すことが出来ます。



次は防水用のゴムキャップを外します。
これはゴムの力でとまっているだけなので引っ張れば簡単に外れます。



この後に右側のひっかけ部分にひっかかっている金具をはずしてやればヘッドライトのランプが外れます。



外れたランプがこちら。社外品のミラー?っぽいものになっていました。社外の青い色のついたバルブは暗いのが欠点です…。


購入したときからついているものなので、メーカーは不明です。



続いてLEDの取り付けです。
最初にランプを固定するための台座をセットします。



そしてLEDランプを差し込んで固定。



LEDにしたことで防水ゴムキャップは付けれなくなってしまいましたが、まぁ…大丈夫でしょう。(テキトー)


最後に逆の手順でヘッドライトを組みこんでいけばLEDへの交換は終了です!




点灯テスト。
ヘッドライトが白くとても明るくなりました!


めっちゃカッコいい。(*´ω`*)



変換器が増えたため、ヘッドライトを取り付けするときの配線の収納が大変でしたが、他は悩むことはありませんでした。


対向車へのアピールにもなるし視認性もUp。なにより見た目がカッコいいです。LEDの交換はお手軽に出来るのでぜひ試してみてね!



ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿