ゼファー1100RSのマフラーからのアフターファイアーが多いのでパイロットスクリューの調整をしてみた。

ゼファー1100RSの写真

どうも、でかじよーです。


うちのゼファたんがアクセルを戻したときのマフラーからのアフターファイアーがひどいので、今回ちょっと改善してみようと思います。



アフターファイアーとは。

アフターファイアーとは、エンジン内部で燃焼しきれなかった未燃焼ガスが排気系であるエキパイやサイレンサーの熱で引火して、パンッという音や火がサイレンサーの出口から出てしまう現象です。


このアフターファイアーの原因は、エンジンに送られる混合気が薄いことが挙げられます。(濃くてもなったりします)



ゼファーのようなキャブ車の場合、ガソリンと空気の流れは上の図のようになっているのですが、エアクリーナーから吸い込んだ空気とキャブで霧化されたガソリンが混ざり合ってエンジンに送るのを混合気と呼ぶのですが、これが薄いというのは燃料が薄くて空気が多い状態のことを言っています。


マフラーを社外のものに変更して抜けがよくなったり、キャブレター周辺のゴムの劣化や亀裂などでエアクリーナー以外の場所から空気を吸ってしまったり(2次エア)すると、混合気が薄くなってしまいます。


混合気が薄い状態で乗っていると、エンジン内の温度が高くなるので、エンジンへの負荷が避けられずに最悪、焼き付きの原因にもなってしまいます。



ゼファたんのキャブレター周辺で2次エアを吸い込みそうなゴム類は、納車の時に交換してもらっているので、アフターファイアーの原因として考えられるのは購入した時から付いていた、メーカー不明のマフラーです。


もしかしたら前のオーナーの時からアフターファイアーをしていた?のかもしれません。もしくは前のオーナーは長野の山の上に住んでいる方だったので、標高差による混合気の違いがあるのかもしれません。(標高が高くなると吸い込む空気は少なくなる)


写真を撮るのを忘れたのですが、プラグを見てみると電極部分が白くなっているのを確認したので、混合気が薄いのは間違いなさそうです。




キャブレターのパイロットスクリュー。


混合気が薄い対策としては、キャブのパイロットスクリューの調整があります。


パイロットスクリューは、キャブから霧化したガソリンをどのくらい出すのかを調整するものです。



ちなみにゼファー1100の場合、パイロットスクリューは…



キャブレター下の赤丸部分にあります。
各気筒ごと…4気筒なので4か所それぞれについています。



赤丸部分の中にあるマイナスの形をしたものがパイロットスクリューで、これを回すことで混合気を調整することが出来ます。締める(時計周り)と燃料が薄くなる方向で、緩める(反時計周り)で燃料が濃くなります。



調整準備!


パイロットスクリューの調整は、マイナスドライバーがあれば出来るのですが、ゼファーはキャブの下のスペースが狭いので…。



多分、マイナスドライバーでもかなり短い方であるベッセルの6×15すら入りません。


なので通常はキャブレター一式を外して調整を行うのですが、毎回脱着するのはメンドくさい…。



なのでサンダーでマイナスドライバーをぶったぎって、キャブを外さなくても調整出来る用の短いマイナスドライバーを作っていきます。



手を切らないように、持ち手の部分を半分に切断。



切断面が汚いので、ペーパーやすりなどで手入れすれば準備完了。これでキャブレターが付いた状態でもパイロットスクリューの調整が可能になりました!




パイロットスクリューの調整!


うちのゼファたんは購入してからは初めてパイロットスクリューを調整するので、現状がどのくらいもどして(緩めて)いるのかを確認します。


方法としては締める方向(時計方向)に何回転いくかで現状の状態を確認します。



セルスターターのBOXがあるので、3番がかなり調整しづらかったのですが結果は、1番から4番までの4つ共にパイロットスクリューは2回転もどしでした。


ゼファー1100RSは納車の時は2回転もどしが標準なので、調整はされていないみたいですね。


混合気が薄いので、ここからちょっとずつもどし方向に4気筒おなじ量だけ調整していきます。


2回転・1/8もどしだとほぼ変わらず…。
2回転・1/4もどしでニュートラルでアクセルを開けたときのアフターファイアーがほぼなくなりました。


もう1/8もどしの2回転・3/8もどしだとそこからあんまり変わらず…。


あんまりもどしすぎて、燃料が濃すぎとカブる恐れがあるので今回は2回転・1/4もどしとしました。



まとめ


パイロットスクリュー調整後に走行テストをしてみたら、調整前ほどではありませんが、まだアクセルオフ時に少しアフターファイアーがしてしまっています。


もうちょっと混合気を濃くしてもよかったかな?


ただ近いうちにマフラーを今のものから別のものに交換しようと考えているので、アフターファイアーがどう変わるかも確認したいので、その時にもう一度調整してみようと考えています。


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿