GSX250RにETCを取り付けしました。


どうも、でかじよーです。



千葉県は三方を海に囲まれているので他県に行く時は、木更津金田という場所から東京・神奈川へと繋がるアクアライン(上の画像の赤マークのところ)を通るのが最も早い道のりになります。



ただアクアラインを通る場合、ETCの有り無しでかなり料金が異なります…。


これはバイクで通行した場合の料金なのですが、ETCだと640なのに対して、ETC無しだといきなり2,470円にまで金額が跳ね上がります!その価格差は約4倍です!!


高速道路は往復で使うのが普通なので、片道で1,830円も差があるので、往復で3,660円


今後遠くまでツーリングに行くことを考えると、ETCは必須だろうっということで、取り付けをしてきました。




ETC取り付け!

2りんかんのHPより引用
今回取り付けしたETCは、ミツバ製MSC-BE51でアンテナ分離型のものです。


今はETC2.0が主流になってきていますが、今までのETCも2030年までは普通に使えるようなので、価格の高い2.0は選ばずにあえて普通のETCにしました。



取り付けは近所の2輪ショップの中で一番安かった、バイクワールドさんにお願いしました。価格は工賃とセットアップ込みで28,994円でした。



アンテナはスクリーンの内側のあまり目立たない場所に取り付けしてもらいました。もちろんインジケータのランプもきちんと見えるようになっています。



アンテナを取り付けするのに、メータパネルの一部をカットしたって言われた時は「ちょっと聞いてないよー!」って思いましたが…




そして本体の方は、リアシートの下に取り付けをしてもらいました。



ズレ防止のため、きちんとマジックテープで固定出来るようになっていました。




車のように雨の当たらない場所についているワケではないので、カード挿入口にも蓋とロックが付いています。



まとめ

ETCを付けたことで、料金所でわざわざ停止する手間もなくなったし、料金…特にアクアラインの通行料が大幅に安くなります。


このGSX250Rと嫁ちゃんもすでに、走行距離3,000Kmを走ってだいぶ運転もサマになってきました。次のステージとして、これを機に高速ツーリングに一緒にいってみようと思います!


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿