GSX250R WR❜sのマフラーに交換しました。

GSX250Rの写真

どうも、でかじよーです。



嫁ちゃんがコケた時についたマフラーの傷が、ずっと気になっていたので、補修ついでにマフラーの交換をすることにしました!



マフラーの購入!





GSX250R用のマフラーはいろんなメーカーからラインナップされていますが、今回チョイスしたのはWR❜sステンレス製ラウンドタイプ


このマフラーを選んだ理由は…ずばりマフラーのサウンドです!


youtubeでGSX250Rのマフラー動画を見た中で、一番うちら夫婦のツボに入ったのがWR❜sヨシムラでした。
最終的に、低音部分のサウンドが決めてとなりWR❜sにしました。


またステンレス製ラウンドタイプという形を今回選んだのですが、夫婦ともに流行りであるオーバルタイプの形があまり好きでないこと、それとカーボンとチタン(特に焼き色が入ったもの)素材が好きでないという理由からです。


今の時代にステンレスでラウンドタイプのマフラーを取り付けするのは珍しいので、逆に目立っていいかもしれませんね!(…っというか、流行っているというだけで選ぶのはナンセンスですけどね…。自分の好きなものを選ぶのが正解です。)



マフラーは受注後の生産だったため、注文から約1週間ちょっとで届きました。



WR❜sと書かれた箱の中には、これらの部品が入っていました。



まずはサイレンサー部分。



サイレンサーの中身を見てみると、消音財のガラスウールがぎっしり詰まっているのが見えます。



「JMCA」認定プレートもサイレンサー部分の裏面に貼られています。


250CCなんで車検はありませんが、公道を安心して走行出来るものです!



続いて中間パイプです。




スリップオンマフラーなので、WR❜sのサイレンサーと純正のエキパイをつなぐ役割をするものです。

縦にスリットが入っている側が純正のエキパイとつながる部分で反対側がサイレンサーへとつながります。



その他マフラー交換に必要な部品一式です。





サイレンサー固定用のバンド、それと固定するためのボルト&ナット、スイングアームと干渉しないようにライナーとして使うカラー、サイレンサーと中間パイプの抜け止め用のスプリング×2本。




最後が純正エキパイと中間パイプの間に入れることにより、排気漏れを防止するガスケットです。


それではマフラーを交換していきます。



マフラー交換!!


まずは純正マフラーを取り外します。


取り外し方法はとっても簡単…2本のボルトを外すだけです。


 一本目はこのボルトです。
エキパイと純正サイレンサーがつながっている部分。



もう一本はサイレンサーを固定しているボルトです。


このボルトは両方とも12mmのボルトを使用しているので、適正な工具でゆるめていきます。


2本のボルトを外したら純正のサイレンサー部分を持ち、後ろに引っ張ります。


サイレンサーを車体の左右方向に回しながら引っ張ると抜けやすいと思います。


純正マフラーが抜けたら写真のような状態になると思います。


まるで、漫画「特攻の拓」に出てくる族車のようです…。
(バラチョンだぁ(*'▽'))


となると、この状態でエンジンをかけてみたらどうなるかがに気になりますよね…(え?私だけ?)


…実際にやってみました(笑)


結果…音が割れるし汚い音だし、なにより近所迷惑だったので、すぐにやめました!


マフラーはきちんとしたものを付けましょうね!!


話がそれたのでマフラー交換へと戻ります。


新しいマフラーの取り付けには、純正マフラーの接続部分のマフラークランプを流用するので、この状態の時に外していきましょう。


ちなみに純正マフラーの重量は4.3Kg


対してWR❜sのマフラーは、中間パイプまで取り付けした状態でも、2.0Kgでした。


マフラーを交換すると、車重が2.3Kgぐらい軽くなることになります。
普段は嫁ちゃんが乗っているだけに、マフラーを交換すると車重が軽くなるのはとてもありがたいことです。


それでは新しいマフラーを取り付けしていきます。


まず中間パイプのエキパイ側に接続する側に、WR❜sのマフラーに付属として入っていたガスケットを組み込みます。


これに先ほど取り外したマフラークランプを取り付けします。


ここまで組んだら、純正エキパイ側へと接続を行います。


サイレンサーの固定や中間パイプの向きの調整があるので、まだマフラークランプのボルトはここでは締めないようにしましょう。


その後サイレンサーの仮組みを行います。


この時にサイレンサーと中間パイプの最終的な位置を決めます。


位置が決まったら、付属のマフラーバンドをバンド固定用のボルトを使い固定していきます。


バンドと固定用の架台の間に、付属品のカラーを入れるのを忘れずに!


サイレンサーの固定をしたらエキパイと中間パイプの接続部分の固定します。


その後、サイレンサーと中間パイプの抜け止め防止用のスプリングを2本取り付けしていきます。


スプリングにフックが付いていて引っ掛けるだけとなっていますが、手で伸ばすことは難しいのでペンチかなんかで挟んでやれば簡単に付けることが出来ます。


最後にマフラーを取り付けする際に触れてしまった部分を、パーツクリーナーなどで脱脂していきます。


脂が付いた状態でマフラーが高温となると、その部分が黒く変色してしまいます。
マフラーの交換作業は、手袋を着けて行うのが確実でしょうう!


これでマフラー交換は完了です!
どうも、お疲れさまでした。


まとめ


純正マフラー。



WR,sマフラー。



純正マフラーは無意味に大きく無骨な感じがしていましたが、交換後は細身でスタイリッシュな感じになったと思います。


鏡面使用のステンレス素材も、車体色のブラックと相性が良さそうです!


そして気になるマフラーの音の変化ですが…



純正マフラーサウンド。



WR,sマフラーサウンド。


youtubeで聞いた以上に、音は最高です!
低音部分も想像通りの音色だったのでめっちゃgood!!



なによりマフラーを交換することで、嫁ちゃんが低速Uターンの時にコケたマフラーの傷が無くなることが一番…かな(笑)


関連記事:初心者ライダーの嫁ちゃんがUターンする時にコケたら通りがかったライダーさんが助けてくれた話。


見た目もよくなったし、音もよくなったし、車重も軽くなったしと、今回のカスタムは大変満足する内容でした。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿