GSX250Rのチェーンメンテナンスをしました。

GSX250R チェーンメンテナンスの写真

どうも、でかじよーです。


GSX250Rのチェーンの汚れが目立ってきたので、メンテナンスをしてみました。


チェーンを整備するにあたり、先日買ったアストロのリア用メンテナンススタンドがおおいに役立ってくれました!

→参考記事:アストロプロダクツのリア用メンテナンススタンドを買ったのでレビューしてみた。



チェーンメンテナンス!






チェーンをメンテナンスする前に、まずはメンテナンススタンドを使ってリア部分を持ち上げます。



メンテナンススタンドの使い方は、過去の記事をみてもらうとわかりやすいと思いますが、慣れてしまうと一人でも簡単に上げることが出来ますよ!




そしてこちらがチェーンの状況。
最近さぼり気味だったので、めっちゃきちゃない…。


こいつをきれいにして油をくれてやれば終わりなのですが、その前にチェーンの伸びの確認をしたいと思います。



スプロケットとスプロケットの真ん中ぐらいの場所でチェーンの遊びを測ります。



GSX250Rだと、ちょうどこのあたりです。
チェーンを上下に動かしてみて、一番上端から下端までが20mmから30mm以内であればOKです。




今回このGSX250Rは、チェーンの上側を基準に測定すると、上が30mmぐらいの位置で下が52mmぐらいなので、遊び量は22mmとなるので、基準内におさまっています。


それとチェーンの遊びを確認するときは、写真みたいに紙ウエスなどを使うと手が汚れなくていいですよ!チェーンの汚れはなかなか取れないので出来ればさわらないほうがいいからね。


チェーンの伸びが正常だったので、続いて清掃と給油をしていきます。



最初はチェーンクリーナーを使ってよごれを落とすのがメンテナンスの本の定番となっていますが、このGSX250Rのように新車間もないもので、走行距離がそこまでいっていなければクリーナーはいらないです。


っというのも、クリーナーを使うとチェーンの細かいところの油までとってしまうので、逆にチェーンの寿命を縮めることになってしまうからです。



私はよほどの汚れや古くなってきたチェーンを除けば、給油用のスーパーチェーンルブを多めに吹き付けて…



そのスーパーチェーンルブで給油と清掃を同時に行っています。これだとチェーンの細かい隙間の油もなくならないし、汚れもとれるしで一石二鳥です!


これをチェーン一周したらメンテナンスを終了です!



まとめ


清掃完了後の写真です。
クリーナーを使わなくてもかなりキレイになるでしょ!
スプロケットまでピカピカになりました(*'▽')


チェーンのメンテナンスって、やるまではちょっとめんどくさいくさいと感じるのですが、いざやってみるとハマってしまうんですよね…。不思議だ…。


でもせっかくの新車なので、こまめにチェーンメンテして大事に乗っていきましょ~!


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿