GSX250Rにデイトナ(DAYTONA)のUSB電源を取り付けしました。

GSX250RとデイトナUSB電源の写真

どうも、でかじよーです!


先日、GSX250Rに取り付けしていたNEWING(ニューイング)のUSB電源が完全にダメになってしまったため、新しくUSB電源を買いなおすことにしました!


参考記事→GSX250R NEWING(ニューイング)のUSB電源の不具合の原因を調べてみました。



デイトナ(DAYTONA)のバイク専用電源USB2ポート





今回は、同じニューイング製のものを選ぶのもなんかイマイチな気がしたので、デイトナ製のUSB電源をチョイスすることにしました。



さらに、せっかく新しいものを付けるだったらということで、ついでにUSBも2個口にしちゃいました!(;・∀・)



そして、こちらがデイトナのUSB電源の配線図です。


デイトナのUSB電源は、バッテリー接続用メインキー(アクセサリー)連動用の2種類あります。


この2種類の違いは、配線のさきっちょの部分が丸い端子になっているか、ギボシ端子になっているかの違いだけなんですが、どうせ配線つなぐときにさきっちょの端子部分はぶった切っちゃうし、価格も200円ぐらい安いので、メインキー連動で使うつもりですが、バッテリー接続用を選んでいます。


USB電源の取り付け!



それでは、USB電源を取り付けしていきます。


メインキーをONにすると電源が供給される場所は、ニューイングの時に確認していて、故障原因を調べるときに配線を少し残しておいたので、ここへと接続します。


USB電源を付けるのが初めての方は、GSX250R NEWING(ニューイング)のUSB電源を取り付けしました。の記事を参考にして下さい。


配線をつなぐ場所が確認できたら、まずデイトナのUSB電源の端子部分を切断します。






配線の接続には、いつもお世話になってるエーモンの配線コネクタ…通称カニさんを使います!


切った配線のさきっちょをカニさんの溝に合わせて…



端子の方へと折りたたんで、ペンチなどで挟みこめば…



USB電源側へのカニさんの取り付けは完了です。
+側とー側の両方に取り付けをしましょう。


そして、メインキー連動で電源が供給される車体側の配線を先ほどカニさんを付けた時と同じ要領でつないでいきます。
USB電源には極性があるので、+電源と-電源のつなぎ間違いに注意して下さい。


これで電源への接続は完了です!


続いてUSBポートを取り付けします。


このGSX250Rにはデイトナ製のマルチバーが付いているので、ここに付属のインシュロックとUSBポートの土台を使い、2個とも取り付けすることにしました。


後は、ハンドルを左右に振っても挟まれたりひっぱられないようにケーブルを固定すれば、USB電源の取り付けはすべて完了です。


ちなみに、物が大きく干渉しやすい変換器は、カニさんで接続した配線付近のわずかなスペースに固定しています。


まとめ


USB電源を取り付け後、きちんと電源が供給されるか確認しました。



まずはスマホから。
きちんと充電ランプが点灯しています。



そしてWiMiusのアクションカメラも正常に動作しました。


USB電源があると、アクションカメラもドライブレコーダーも車載モードで使うことが出来ますし、スマホの充電も出来るようになるので、ツーリング先での電池切れの心配もなくなります。


USB電源の取り付けはそんなに難しいものではないし、あると便利なものなので、ぜひ取り付けにチャレンジしてみて下さいね!


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿