GSX250R ヘッドライトの光軸調整をしてみた。

GSX250R 光軸調整の写真

どうも、でかじよーです。


GSX250Rのヘッドライトのハロゲン
部分がどうしてもイヤで、LEDの球へと交換しました。


参考記事:GSX250RのヘッドライトをLEDに交換しました。



LEDへと交換したことで、ヘッドライト横にあるポジションと同じように白く点灯するようになったのは満足していたのですが、ハロゲンとLEDでは照らす範囲が異なるのか、すごい上向きになってしまっていました。



嫁ちゃんがGSX250Rに乗って自分の後ろを走っているときに、ミラー越しでみるとめっちゃまぶしく感じるし、しょっちゅう対向車にパッシングをされてしまっていたので、光軸調整をしてみました。



光軸調整!


サイドスタンドの状態だと光軸調整が出来ないので、リアにメンテナンススタンドをかまして、車体を水平にします。


上の写真だとヘッドライトに照らされてしまって見えなくなってしまっていますが、ガレージの壁に緑色のガムテープを貼って基準点を決めています。



GSX250Rのヘッドライト光軸調整位置は、上の写真の丸の部分です。(この写真は下からヘッドライト付近を撮影しています。)


写真を撮るのが難しくて半分消えていますが、左下の青丸部分上下調整用で、右上の赤丸部分左右調整用となります。



今回は左右での調整は特に不具合が出ていないので、青丸部分の調整だけをしていきます。


光軸調整は8mmのレンチか+ドライバーで、この調整用のボルトを回すだけです。に回すと光軸が下方向となり、に回すと光軸が上がります。



調整に時間がかかってバッテリーがあがってしまうのもイヤだったので、エンジンをかけながら下げ方向に調整をしていきます。



左が調整前で右が調整後です。


すこしですが光の位置が変わっているのがわかるでしょうか。


これで調整は完了です。



まとめ

光軸調整については、壁から1mの位置からハイビームで照らしてマークをして、次に10mの位置で照らして1mの時につけたマークと比較して……っていうルールが決まっているのですが、GSX250Rは250ccで車検もないので、今回は運転手が見やすくて前を走るバイク&対向車がまぶしくなければOKってレベルのいい加減さで調整しています。(笑)


調整後に一緒に走ってみましたが、ミラー越しで見てもまぶしく感じませんでした。また、調整後は夜の走行の時に前がよく見えるようになったと嫁ちゃんが言っていました。


GSX250RのヘッドライトをLEDにするときは、光軸調整も忘れずに実施しましょう!


ではでは、また。




スポンサーリンク



0 件のコメント :

コメントを投稿