息子とのタンデムツーリング用にITOMTE製のバイクプロテクターを買ってみました。

バイク用プロテクターの写真

どうも、でかじよーです。


息子とタンデム用にバイクプロテクターを購入しました。



購入したのは、肘と膝の4点がセットになっているITOMTEのものです。




ちょっと価格が安くて強度的に不安なところはありましたが、サイズがAとBとCと三段階から選べるるため一番小さいサイズのAだと子供にも使えそうなこと、それと他の格安プロテクターに比べると固定するためのマジックテープがしっかりしていそうなところが決め手でした。



こちらが実際に届いた時のもの。
ネットのケースは収納するときに使えそうです。



膝用。



防御面の部分は緩衝材で使われているPE(ポリエチレン)で出来ているそうです。



稼働部分も思ったよりすんなり曲がるため、膝の曲げ伸ばしもそんなに窮屈ではなさそうな感じです。



アマゾンの写真だとよく見えた固定用のマジックテープ部分ですが…



思ったより細かったのは残念!



でもマジックテープ自体は結構しっかりくっつくので、きちんと止めればちょっとやそっとではズレたりはしなそうです。



続いて肘用。



こちらも防御面は同じPE素材です。



膝用と同じように固定用のマジックテープ部分が思ったより細かったのは残念なところ…。



それと防御面をサポーターに縫い付けて固定されているのですが、結構粗い縫い方をしているのはちょっと気になりました。



膝用のものなんて最後の部分切れてるし…(笑)
まぁ、この辺が価格相当といったところでしょうかね。


おもいっきり引っ張ったり曲げたりしても防御面が外れたりすることはなさそうなので、このままいきましょう!
もし使っているうちに外れそうだったら、必殺中学以来の裁縫の腕前で縫い付けてやりましょう(笑)




そしてこちらが実際に膝用プロテクターを息子(小学3年生)に着けてみたところです。






脛をきちんと覆っているものの方が安心だと思っていたのですが、あまりにぴったりでびっくりです!
大人用(嫁ちゃんのプロテクターを付けて試してみた)だとちょっと大きいし、かと言って本当のキッズ用だと自転車でしか使えないようなものしかなかったんので、サイズを選べるこのプロテクターを選んだのは正解だったかもしれませんね。


マジックテープの固定も3本あるので、しっかりと足に固定されていました。




続いて肘です。


こちらは膝のものと違って、ちょっとサイズが一回り大きい感じでした。



この対策として、私の愛用ジャケットBATES(ベイツ)のプロテクターをハードタイプに交換した時に取っておいたソフトプロテクターを…



膝用のプロテクターの中に入れてから腕に巻くことでしっかり固定出来るようになりました。



今までは素肌に着けていてフィット感がイマイチだったので、ツーリング時フル装備の上からプロテクターを付けた写真を載せておきます。


ちょっと大きく感じた肘用も、服の上から付けてみると中に一枚ソフトプロテクターが入っているとはいえ、しっかりと固定されているのがわかると思います。


この後プロテクターを付けて息子とタンデムツーリングをした時に、ツーリング先ではプロテクターを外すのが面倒ということもあって付けっぱなしにしていたのですが、息子曰く特に動きずらいということはないようでした。
それになにも付けないときより怖くなくなったとも言っていました。



ただ正直、防御力についてはテストしたワケではないのでこれを付けたから安心だとは言い切れないところはあります…。


でももし、タンデムツーリング中にコケるようなことがあったときに、何もプロテクターを付けていないと骨折したり肉が擦り切れてえぐれてしまったりするかもしれません。そんな時にこいつを付けていたおかげで擦り傷や打撲で済む…そんな可能性は少なからずあると思います。


タンデム時はいつもより速度を抑えた安全運転を基本としていますが、最悪のことを考えて少しでもケガを抑えるならプロテクターは必要だと思います。



ではでは、また。




次の記事
コスパ抜群のワークマンでバイク用冬パンツとグローブを買ってみたのでレビューしてみます。

関連記事
子供と安心してタンデムツーリングをするためにタンデムベルトを使ってみました。
子供とのタンデムツーリング用にTNK工業のフルフェイスヘルメットを購入しました。

0 件のコメント :

コメントを投稿