GSX250RのヘッドライトをLEDに交換したよ。

GSX250R LED ヘッドライトの写真

スポンサーリンク




黄色いのがダメよ~ダメダメ♡


GSX250Rは、いいものをより安くというSUZUKIの理念通り安くてとても良いバイクなのですが、価格を抑えるというコスト削減の影響なのか、ヘッドライトはLEDではなくハロゲンを使用しています。


手書き感アリ

ヘッドライトに対しすぐ横にあるポジション灯はLEDを使用しています。


左右のポジションにはLEDを使用しているので白く点灯するのですが、真ん中のヘッドライトが黄色く光る…GSX250をフロント側から見た時に、この光の色が合わないことがずっと気になっていました。


この色の違いよ(´・ω・`)

そこで今回、ヘッドライトの色をLEDであるポジションに近づけるため、LEDバルブへと交換することにしました



LEDバルブは君に決めた!


今回選んだLEDバルブは、MOTOSTARという中華製メーカーのものです。


これを選んだのは…口金がハロゲンバルブと同じだということです。



LEDバルブで一番多いのが、バルブの後ろに放熱用のフィンとかが付いているタイプで、このLEDバルブだとヘッドライトの防水ゴムキャップを加工する必要があります。



その点、今回選んだMOTOSTARなどのように、バルブの先端に冷却ファンがついているタイプだと、口金がハロゲンバルブと同じものを使っているので加工が必要ありません。


ただ欠点としてはバルブの先端にファンが付いた分、バルブ自体の長さがハロゲンのものより長くなってしまうってことがあるのですが、GSX250Rのヘッドライトの奥行はかなり余裕がある構造となっているので問題ありませんでした。


高級タマゴみたいな梱包

バルブ裏

1,000円台という破格の価格ってこともあって、あんまり期待していなかったのですが、届いたものを見てみる意外にしっかりと梱包されていました。


この値段だと、ハロゲンバルブの高効率のものを買うよりより安いですね!


バルブ先端の冷却用ファン

バルブ先端には冷却用のファン。


ファンタイプだと冷却性能が良いらしいので、耐久性も期待大です!


それではこのLEDバルブへ交換していきたいと思います。



それじゃあ、交換するよ!

今までありがとう

最初に純正のバルブを外すのですが、GSX250Rのカウルを取り外すのはかなり手間なんで、このままの状態でチャレンジしています。


うっすらと見える右手( ´艸`)

ハンドルは、めいいっぱい左に切った状態の方が作業をしやすかったです。


スマホをつっこんで撮影

ヘッドライトの裏側はこんな感じ。


こやつが固い!

上の写真のオレンジと赤の線の下にヘッドライト用コネクタがあるので、まずこのコネクタを取り外します。


無理やり

このコネクタ外しが一番の難所かもしれません…っというのも、このコネクタがとにかく固くて外れないんです!


外れたコネクタ

私はスパナレンチやらマイナスドライバーを駆使してどうにか外しました…。


丸いゴムキャップのことね

コネクタが外れたら防水ゴムキャップを外します。


ぽろりっ

こいつは特に難しくもなく引っ張れば簡単に外れます。


下の金属カスが気になるぞ…

ゴムキャップを外すとバルブを固定している金具が出てきます。


引っ掛かっているだけ

バルブが外れた状態の方がわかりやすいと思ったのでこの写真を使っていますが、バルブを固定している金具は赤い丸の部分が青い丸の部分に引っ掛っているだけなので、ここを外してやれば取り外すことが出来ます。


ここまでで一仕事やり終わった感がある

これで純正バルブの取り外しは完了です。


取り付けの手順ははぶいちゃうよ!

取り付けは純正バルブを取り外したときの逆の手順です。


ここまでくればもう一息!!



まとめ。

見た目もカッチョよくない?

これでLEDバルブ取り付け完了です。


バルブを替えただけですが、グっと印象が変わりましたね!

ビームとか打てそう(∩´∀`)∩

前から見ると冷却ファンのカバー部分がガトリングっぽくて、めっちゃカッコイイ!!


ビーム発射

ヘッドライト点灯~!


ハロゲンに比べると色が白く光るようになり、ポジションと並んでも気にならなくなりました!


色の違和感がなくなった

ただ近くで見てみるとヘッドライトの上半分だけ光っていて、下半分がまったく点灯してない…!?


調べてみたら、中華製のLEDだとこんな感じの点灯のしかたをするものが多いらしいです。

光の当たる部分がハロゲンより上になる

それとこのヘッドライトにしたら、照らしている部分がちょっと上向きになったように感じます…。



しばらくこのまま様子を見て、必要であれば光軸調整してみようかと思います。


まぶしい…

ハロゲン状態の夜の写真を撮り忘れたのですが、夜間に点灯してみるとハロゲンに比べて光が強く見やすくなったような気がします。


ただ光の左右の広がりについては弱くなった印象がありますが、そこまで気になるほどではありませんでした。


ちょっとバルブの交換がメンドくさいところもありますが、走っているときは必ず点灯している場所なだけに、LEDバルブへの交換はめっちゃオススメですよ!!


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿