GSX250Rのブレーキレバーとクラッチレバーを交換しました。

GSX250Rのブレーキレバーとクラッチレバーの写真

どうも、でかじよーです。


嫁ちゃんが低速Uターンで転倒した時に折れてしまったブレーキレバーの交換をしました。


関連記事:初心者ライダーの嫁ちゃんがUターンする時にコケたら通りがかったライダーさんが助けてくれた話。



ブレーキレバーが折れたので、最初は純正のブレーキレバーだけを購入して交換しようと考えていました。


でもGSX250Rの純正のブレーキレバーって3,200円もするんですね…(;゚Д゚)


逆に社外はどのくらいで買えるかを調べてみたところ…社外品は、カラーも選べるしブレーキレバーとクラッチレバーの両方がセットになっているし価格も4,000円と純正で両方のレバーを揃えるよりも安いということがわかりました。



最終的にはブレーキレバーだけを純正部品で交換するをやめて、イジッた感も出る社外の左右レバーのものを購入しました。


カラーは青・赤・シルバー・黒の4色が選べたのですが、嫁ちゃんが「車体が黒だから黒がいい!レバーだけ色が目立つのはイヤだ!!」ってことで、黒を選びました。


またレバーの長さもショートとロングで選べるのですが、ショート全盛の中あえてロングを選びました。
…というのも嫁ちゃんはブレーキはそうではないのですが、クラッチの操作は親指以外の4本の指で握るほうが操作しやすいらしく、ショートになると操作する指が3本になってしまい操作がしずらくなるのではないかと心配していたのでロングを選んでいます。




実際に届いたレバーを純正のものと並べてみると、ほとんど同じ長さであることがわかります。


それでは、レバーの交換をしていきたいと思います。






まずは折れてしまったブレーキレバーの交換です。



ブレーキレバーを外すには、最初にこのボルトを外します。
レンチのサイズは10mm。
このナットは下向きについていることもあって、取り外すときに落下させてしまうとちょうどカウルの中に入ってしまうため、ナットが迷子になってしまうこともあるので落とさないように慎重に外しましょう。



ナットを外したら反対側のボルトを外していきます。
こちらのレンチサイズは8mmです。



アクセルとブレーキのワイヤーが干渉するので、メガネレンチよりラチェットレンチのほうがゆるめやすいです。



このボルトを外すとブレーキレバーの取り外しが出来ます。



新しいレバーを取り付けするまえに、赤丸の部分にグリスを塗ります。


構造上固い金属と金属が接触する場所なので、グリスを塗らないと摩耗してしまうので必ず塗りましょう!



グリスを塗った後は、先ほどの逆の手順で組み込んでいけばブレーキレバーの取り付けが完了です。


続いてクラッチレバーの交換です。



最初にクラッチレバーの根本を覆っているカバーの下にボルトがあるので、このゴムカバーを取り外します。



ゴムカバーを写真のようにめくっていくと、クラッチワイヤーの調整用のアジャスト部分が出てきます。



レバーを外すのにクラッチワイヤーに余力を持たせなければならないので、アジャスト部分を写真のように揃えます。



ここまでが完了したらクラッチレバーを外します。
周りに何個も似たようなナットがついていますが、写真赤丸の部分が固定しているナットになるので、こいつを緩めます。
ナットのレンチサイズは10mmです。
少し奥まったところにあるので、このナットもラチェットレンチのほうが外しやすいと思います。



ナットを外したら反対側のボルトを外していきます。
このボルトを外すレンチサイズは8mmです。



ボルトを外すとレバーが外れますがワイヤーがまだくっついているので、ワイヤーを外します。



ワイヤーはこんな感じでハンマーみたいな形をしていて、レバーに引っ掛かっているだけなので、レバーの溝に沿ってワイヤーを通してやれば外すことが出来ます。



こちらもブレーキレバーと同じように稼働する部分にグリスを塗ります。


クラッチレバーの稼働部分は赤丸部分になります。



後は先ほどの逆の手順でレバーを組み込み…



アジャスト部分を締めこみゴムカバー取り付けすれば、クラッチレバーの交換は終了です。





最後に両方のレバーは6段階の位置調整機構を持っているので、自分に合うレバーの位置へと調整を行います。



色が黒で車体とマッチしていることもあり、パッと見はレバーが交換されている感じはしませんね!


かと言ってレバー調整用のダイアル部分の赤い部分がワンポイント部分にもなっているので、わかる人にはわかってもらえるさりげないカスタムになったのではないかと思っています。


今回ブレーキレバーが折れてしまったので交換することにしましたが、レバーを取り替えすることでちょっとしたアクセントにもなるので、安価で自分の愛車のイメージを変えたいならオススメしたいカスタムの一つだと思います。



ではでは、また。



次の記事
千葉県夷隅郡大多喜 「cafe BIGONE」に行ってきました。

関連記事
アクションカメラの外部マイクの位置による音の違いについて。

0 件のコメント :

コメントを投稿