安心してバイクに乗るために胸部プロテクターについて考えてみる。

胸部プロテクターの画像

スポンサーリンク

どうも、でかじよーです。


嫁ちゃんが免許を取ってバイクに乗るようになったので、安心して運転できるように、今回は最近では付けることが標準となりつつある、胸部プロテクターについて考えてみたいと思います。



事故時の損傷部分について。

引用:警視庁の二輪車死亡事故統計

この表は、平成29年の一年間で二輪車による死亡事故で原因となった損傷部位を表にまとめたものです。こちらの記事を参考にしています。


これを見ると、頭部が最重要なことはもちろんわかりますが、次いで27パーセントと「胸部」が致命傷になっています。


上位の1位と2位だけで、およそ死亡原因の約75%ほどを占めているということは、この2か所を守ることがもっとも大事なことだということがわかります。


胸部プロテクターについて。


警視庁や警察署も、この統計を受けて胸部プロテクターの装着の推進をしています。

このポスター欲しい

ちょっと古いですが2013年には、アニメばくおん!!の恩紗ちゃんとコラボをしていたり…

静香ちゃんかわゆし

最近ではGPレーサーの岡崎静夏さんを起用したグッドライダース宣言でも、胸部プロテクターをすすめています。


じつは、ここだけの話なんですが…岡崎さんの隠れファンなんです。応援してるんで頑張ってくださいね(*´з`)


警視庁や警察の活動に加え、教習所の教習でも肘と膝以外にも胸部プロテクターと脊髄プロテクターの着用を標準にしているところが増えてきたこと、それと各バイク用品のメーカーさんが胸部のプロテクターの販売を展開してきたおかげで、最近ではだいぶ胸部プロテクターの装備が普及してきたように感じます。


胸部プロテクターの種類。


胸部プロテクターが標準で付いていることが多い、コミネ(KOMINE)のジャケットで種類について紹介します。



ジャケット内蔵タイプ


ジャケット内蔵タイプは、ジャケットにプロテクター用のポケットが付いているもので、コミネのものだと標準で胸部プロテクターが付いてきます。


このタイプだとジャケットを脱ぐとプロテクターも一緒に脱げるので、バイクを停車後に身軽に動けるようになるのがメリットです。


ただデメリットして、洗濯するときにいちいちプロテクターを全部外す必要があります。



プロテクター外付けタイプ


プロテクター外付けタイプは、ジャケットとは別にプロテクターを着用するものです。教習所なんかではこのタイプを使っているところが多いですね。


外付けタイプのプロテクターは、胸部だけでなく脊髄や肩や肘用もあります。


このプロテクターを選ぶ場合のメリットとしては、着る服を選べるようになるってことです!


バイク用のジャケットって、バイクに乗るための機能はすごくいいのですが、正直あんまりおシャレなものが選べませんよね…。しかも色は、黒ばっかりだし…。


このタイプのものだと、その日の気分にあわせて服を選び、その服の下に付けるだけで安全にバイクに乗れちゃいます。


デメリットとしては、プロテクターを付けたり外したりするのに、上の服を一度脱がないといけないことですかね…。


どちらが安全でどちらが正解ということもないので、自分のバイクライフにあわせて選ぶのがいいと思います。



プロテクターの素材。

ウレタン+プラスチック


胸部プロテクターは、耐衝撃貫通性が高くなる必要があるので、ウレタン素材にプラスチックが付いたものが主流となっています。


この素材は軽くて防御力が高いのに価格が安いことが魅力です。


薄くて通気性のいいウレタン素材との組み合わせのおかげで、長くつけていてもそこまで蒸れたりするようなことはありません。


ただ柔軟性がないため、着心地が若干悪いこと、それと収納するのに場所を取ってしまうことが難点ですかね!


今でもプロテクターの多くはこの素材を使用しています。



ウレタン(ソフト)


ウレタン(ソフト)は、素材が軽く柔軟性も高いのですが、防御力は低め。


立ちゴケぐらいなら守ってくれそうですが、走行中の転倒は間違いなくアウト。


市販されているライダースジャケットに標準装備されているのが、この素材です。



ウレタン(高圧縮+プラスチックコア)


最近増えてきた素材で、ウレタンを高圧縮にしプラスチックで強度を上げたもので、軽くて柔軟性があり防御力が高いのが特徴です。


価格も安いのでこれからこの素材が主力になっていくのではないかと個人的には思っています。



特殊素材


これも最近増えてきたもので、衝撃が加わると瞬間的に硬化するというハイテクな素材です。


軽くて柔軟性もあって防御力が高いのが特徴だが、価格が高いのがネック。


この瞬間硬化素材で有名なのは、poronXシリーズです。


コンクリートブロックの上にこのプロテクターを置いて、その上からボーリングの玉を落としても、コンクリートが割れない動画をHPでやっていて、その衝撃吸収の高さをアピールしています。(実際の動画はこちらからどうぞ。)


この瞬間硬化の特殊素材のプロテクターの価格が下がってきたら、爆発的に普及するのではないかと私は思っています。


ちなみに私はこの素材で出来たプロテクターを肘と膝に着用しています。ハードのものより圧迫感が少なく、長距離ツーリングの時も運転していて違和感を感じないので、すごく気に入ってます。



実際に胸部プロテクターを買ってみた。

嫁ちゃん用

嫁ちゃんが気にいって買ったジャケットには、胸部のプロテクターを付けるポケットもなかったので、外付けタイプのものを購入しました。

こちらが嫁ちゃんお気に入りのジャケット!

ジャケットを買う時にそこまで見なかったのはちょっと失敗…(+_+)

付けてみた!

半袖は余分なお肉があるのがバレちゃう(/ω\)


嫁ちゃん
教習所でずっと付けていたから
これがあると少し安心(*´ω`*)


夏用ジャケットを選ぶときは、胸部プロテクターのこともちゃんと考えましょうね。



まとめ


ここまでいろいろ胸部プロテクターのことについて書いてきましたが、じつは私自身はまだ胸部にはプロテクターを着用していません。(他の部分である脊髄や肩、肘や膝には付けています。)


ただ事故や転倒は予想外のことであり一瞬の出来事です。長く楽しくバイクライフを楽しむために、必要なものであると思っているので、現在どのタイプのプロテクターにするか悩んでいる最中です。


数千円~数万円で安心が手に入るなら安いのではないのかと思った胸部プロテクターの話でした。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿