イナズマ400のでかいリアフェンダーを自作フェンダーレスにしてみました。

イナズマ400 フェンダーレス

どうも、でかじよーです。


ずっと気になっていた大きなリアフェンダーを、自作でフェンダーレスししてみました!


関連記事:安心してバイクに乗るために胸部プロテクターについて考えてみる。



イナズマ400については基本ドノーマル状態であっても、なめまわしたいくらいカッチョええバイクだと思っているのですが…いかんせんリアフェンダーだけは正直ダサい…。



昨今の大型バイクに引けを取らない、170という太いサイズのタイヤを標準で履いているのにも関わらず、このでかくてダサいリアフェンダーのせいでその魅力を充分に発揮出来ていません!


そこで今回、イナズマ唯一のネックポイントといえるリアフェンダーのカスタムに取り組むことにしました。


やっぱり目指すところとしては、同年代に販売されていたゼファーなどで定番となっている後付けのフェンダーレスキットかなんかを組んですっきりさせようと考えていました。

ゼファーとかだと、大体8,000円ぐらいで後付けのフェンダーレスキットが売っています。


でもイナズマ用で調べてみると…


不人気車特有のハンデなんでしょうが、COERCE(コワース)製のものしかなく、しかも値段が高い!


ゼファー用を何台分買える値段やねん!!(゚Д゚)ノ


イナズマのリアフェンダーは、車載工具を入れるところと泥よけとなる部分がすべて一体となっていることも価格が高くなっている原因となっているようですね…。


価格的なことに加え、私の場合リアフェンダーと一体となっている部分にETCを付けてしまっているということもあったので、社外品のフェンダーレスを選びずらいという理由もありました。


なので社外フェンダーレスをあきらめ(価格的にもね笑)、一番安くてETCもそのままイケる純正リアフェンダー加工という方法を選びました。


イナズマの少ないカスタム情報の中調べてみると、やはり私と同じように純正フェンダーを加工しているという記事を見つけたので、こちらを参考にカスタムしています。


まず最初にやったことは、純正のリアフェンダーを購入することです。


今付いているものをそのまま加工することも考えたのですが、最終的に元に戻せるようにしたいという考えから、ヤフオクで程度の良さそうなリアフェンダーを買いました。


ちなみに落札したリアフェンダーはイナズマ1200用のもので、価格は2,000円(+送料1,404円)でした。
イナズマ400と1200は、車体で使っている部品はエンジン以外すべて共通なのでそのまま流用することが出来ますよ!


今付いているものをそのまま予備とする予定だったので、ヤフオクで買ったものを加工します。



純正のリアフェンダーで残さなければならない箇所が、上の2箇所。


・ナンバー取り付け部分の下にある、ナンバーの振れ止めであるポッチ
・リアのウインカー取り付け部分


そこ以外は不要なものなので、サクッと切断しちゃいましょう!


この切断については、最初大き目のカッターでちまちま切っていたのですが、途中からめんどくさくなり、サンダーで一気に切断しました。


サンダーを使うと切り口がめっちゃ汚くなるのですが、目が細かいヤスリで仕上げてやれば切り口が目立たなくなります。




そしてこれが加工後の写真。


切り口も仕上げしているので、けっこーいい感じでしょ♪


後は今付いているリアフェンダーを一式取り外し…


ウインカーを加工したフェンダーに移植し…


リアフェンダーを組み直します。


それと忘れてはいけないのが、リフレクターです。


このリフレクターがないと車検にも通らないし、整備不良でも捕まる対象となってしまいます。


私は90mmの長さに6mmのボルトが入る穴がいくつも開いたステンレスのステー(70円ぐらい)を2本買ってきて、ナンバーの固定ボルトを流用してリフレクターを取り付けしています。(写真撮り忘れました…そのうちUpします…汗)


これで自作フェンダーレス化の完成です。


どうです!?


かなりリア周りがすっきりしたでしょう!


これでイナズマの魅力のひとつであるリアタイヤを、大きくアピール出来るようになりました。


以上、自己満足100%の盆栽カスタムでした。


ではでは、また。



次の記事
BATES(ベイツ)の春夏用メッシュジャケットのプロテクターを交換しました。

関連記事:安心してバイクに乗るために胸部プロテクターについて考えてみる。

0 件のコメント :

コメントを投稿