バイクガレージの湿度対策について考えてみました。

イナバ製バイクガレージの写真

どうも、でかじよーです。


今回はバイクガレージの湿度について考えてみたいと思います。


関連記事:バイクガレージの設置が完了しました。(イナバ製の土間タイプ)



湿度について!


なんでいきなり湿度?なのかっていうと…


私の愛車イナズマ400のミラーにサビが浮いてきてしまったからからなんです!


買った時は中古とは言えミラーにここまでのサビはなかったハズです…。


イナズマの保管状態としては、屋外保管をしたこともなければ雨の日には乗ることはもちろん、ガレージの外にすら出さない箱入り娘のような手厚い環境で保管しています。


そんな保管状況にも関わらず、このようサビサビ状態となってしまったので、ガレージ内の湿気が原因ではないか思いました。
事実、「ガレージ 湿度」でネットで検索してみるとバイクガレージを建てられているほとんどの人が、ガレージ内の湿気に悩んでいました。


そんな湿度について考える前に、まずは自分のガレージ内の湿度がどれくらいなのか?を知るために、温湿度計を取り付けます。



取り付け場所は、後ろにマグネットが付いているタイプということもあって、いつも操作する照明用のSW近くの壁面を利用して貼り付けてみました。


取り付けしてから数日確認してみたところ


晴れの日:約55%~70%ぐらい
雨の日 :約80%~90%ぐらい


やっぱり雨の日が湿度が高いですね。


ガレージには自作で付けたとはいえ一応、換気扇は付いています。


ただ湿度について調べてみると、どうやら湿気というのは下の方に方に溜まりやすく、地面側の空気が動かないと湿度が上がってしまうらしく、ガレージの上部に取り付けされている換気扇だけだと、地面側の湿った空気を循環することがあまり出来ないないので、効果がイマイチだということが判りました。(それでも無いよりはだいぶマシでしょうが…)


そこで湿気は空気を動かせば改善される…ということなので色々考えた結果、扇風機を取り付けしてみてガレージ内の湿気が少しでもよくなるかを試してみようと思います。


湿気対策


湿気対策として買った扇風機がこちら。


20cm用の羽のもので、クリップで挟んで使える首振り機能の付いた家庭用のものです。


サイズが小さいということもあって、価格は1,780円と破格の値段でした。



最初は床に近いところに扇風機を取り付けしようと思っていたのですが、あまり低い位置に取り付けすると、バイクの出入り時やバイクの整備の時などに邪魔になりそうだったので、シャッターのオプションカバーを取り付けする用のボルト穴を流用して、取り付けすつことにしました。


最終的に取り付けした状態。


首振り機能をきちんと使えるように屋根に干渉しない位置を選んでいます。


またそのまま取り付けすると首を振って動いている時に、一緒に取り付け面の金具も動いてしまっていたので、補強も兼ねて木材を挟み込んでいます。


扇風機を取り付けした後は、電源(コンセント)工事を行います。


ガレージ内にはコンセントを取り付けしてあったのですが扇風機についていたコードが短いこと、それと扇風機を常に動きっぱなしにするのではなく、湿度の高い日などだけと出来るようにスイッチを取り付けしたかったということもあって、新しくコンセントを取り付けすることにしました。


これが新しく取り付けしたコンセント。


一番下のスイッチで、上のふたつのコンセント電源を切れるようにしました。


元々あったコンセントの電源に、割り込みように新しいコンセントを繋ぎます。


そしてここに扇風機の電源を差したら、完成です!



まとめ


実際に扇風機を動かしてみると20cm羽の扇風機じゃ、ちょっと風量が弱かったかな…って感じがしなくもないのですが、ガレージの床面の方まで一応は風がきていることを確認しました。


それとこの扇風機だけでなく、もう一点対策というか実験をしてみました…


それはタンスとかクローゼットに使う「湿気取り」です!


これは湿気がある場所で使えば吸収し、この中に水が溜まっていく構造になっています。


こいつを換気扇に近い棚と床面の2箇所に設置します。
しばらく設置してみて、本当に床面の方に湿気が溜まりやすいのかどうなのか…確認してみようかと思っています。


それについでに湿気対策にもなればラッキーかな~程度の意味も込めています。


最後に…


あのサビサビだったイナズマのミラーですが、


ここまでキレイにサビを落としました!



ホルツのクロームクリーンっていうので磨いたのですが、安い割には効果が絶大でした。


ミラーのサビも落ちたし、ちょうど梅雨の時期にも入ったのでしばらく扇風機を回してみて、湿度が変化したかをみていきたいと思います。


ではでは、また。




次の記事
初心者ライダーの嫁ちゃんと初ツーリングに行ってきました。

関連記事
中国製バイクインカム・T9Sが安かったので夫婦2台でのツーリング用に購入してみました。

0 件のコメント :

コメントを投稿