初心者ライダーの嫁ちゃんがGSX250Rを新車で買ったハナシ。

GSX250Rの写真

どうも、でかじよーです。


普通自動二輪免許取り立ての嫁ちゃんが、な、なんと!新車のバイクを購入しました!



嫁ちゃんがついに普通自動二輪免許を取る!


リターンライダーとして15年ぶりにこちらの世界に帰ってきた私の影響と、漫画及びアニメ版のばくおん!!で女子高生がバイクに乗っているということのふたつに大きく影響を受けて、嫁ちゃんが2018年4月16日に普通自動二輪の教習を申し込みました。(ばくおん!!の影響で乗り始めた人は多いらしいですね…)


普通自動車免許を持っていると、なにもなければ教習時間は17時間になるのですが、その標準時間を5時間(検定落ち補習含む)ほどオーバーしましたが、卒業検定を2回程受けたところで無事(?)に免許を取得することが出来ました。


ばくおん!!の羽音ちゃんのように「免許ってナニ!?」とはいいませんが、50CCのミッションすら乗ったことがない割には、補修時間も少なかったのでまずまずな免許デビューだったと言えるのではないでしょうか。



嫁ちゃんのバイク選び!!





そんなこんなで無事に免許を取った嫁ちゃんですが、免許を取ったら当然バイクが欲しくなりますよね…。


はじめてバイクを買う初心者ライダーの嫁ちゃんが選んだポイントは…


①カッコいいこと(大事だね!)

②足つき性+軽いこと(嫁ちゃんは身長が153cmと低いのです!!)

③価格が手ごろで維持しやすいもの(家計に優しい!!!)


だそうです!



①一番はカッコいいこと。

これはホント大事!


私もイナズマに出会った瞬間に一目ぼれをして、即決をした男なのでココは譲れないポイントでしょう!!


私がイナズマに乗っているので、あえて同じネイキッドを選ばず、また女性が少ないSSのような形が良かったようです。


②足つき性と軽さ。

嫁ちゃんは身長が153cmと、ばくおん!!の中野千雨ちゃんに毛が生えたぐらいしか身長が無いので、400cc以下のバイクに跨るとアメリカンタイプの車種以外は、ほぼ絶望的なぐらいつま先立ちスタイルになります。


そんな状況でも車重が軽ければリカバリーもしやすいということが選ぶポイントの2番目になっています。



③価格が手ごろで維持がしやすいこと。

この辺は、さすが主婦様…。
よく考えています。


なにより私のイナズマが古くて金食い虫なところもあるので、2台とも古かったり車検があったりするのは経済的に良くないだろうという彼女なりの配慮があるようです。


なので必然的に250CCが選択肢となりました。


この3つの条件を元に嫁ちゃんが最終的に選んだのは…


スズキのGSX250Rでした。


カッコよさについては嫁ちゃんがほぼ一目ぼれでした。
(うちの夫婦は一目惚れをしやすいのか!?)
他の250ccのSSの中でもGSX250Rの一つ目ヘッドライトと漆黒のボディが一番輝いて見えたそうです。


足つき性シート高790mmということもあって、嫁ちゃんの身長だとかなりきつめです。ただ178Kgという車両重量のおかげなのか、教習所で乗っていたCB400SFと比べると断然乗りやすかったそうです。


そして最後の価格の安さについて。


これが最終的な判断材料になったのかもしれません…。
新車なのに自賠責保険2年と登録料込で436,000円という破格の価格だったのです!


でもこの価格については2017年モデルの在庫品だったってこともあるんですけどね…。


これら欲しいポイントがすべて揃ってしまったこともあって、おもいきって購入へと踏み切ってしまいました。


…今思えば、ビギナーで新車ってけっこーおもいきっているな…。



GSX250Rの納車!!!


でなワケでGSX250Rが納車となりました!




250ccとはいえ、GSXの名前を冠しているだけあって、前からみても後から見てもスズキのスポーツバイクの伝統を感じさせるスタイルとなっています。


他のライバルメーカーの250ccが、2灯式ヘッドライトを採用しているなか、あえて1灯式となっているヘッドライト。
ヘッドライトのバルブがハロゲンを使用しているところはコスパのスズキって感じでちょっと残念なところ…。
でもこんなのは社外のLEDにしてしまえばあんまり関係ないですね。




テールランプはLEDを採用。
V型に光るデザインは、後ろを見ても視認性が高いし、すごくカッコいいです。



エンジンはOHCの2バルブ並列2気筒を採用。


他メーカーが10,000rpmの高回転の中で最高出力を出すのに対し、8,000rpmで最高出力に到達するのは、初心者にとって乗りやすいエンジンではないかと思っています。



タイヤのサイズは、フロントが110/80-17で、リアが140/70-17


購入するときは気付かなかったのですが、タイヤは前後共にバイアス設定なんですね…。この辺もコスト削減したポイントのひとつなんでしょうね。またフロントタイヤのこのサイズはIRCというメーカー以外のものが無いってことがちょっと難点ですね…。


メーターの数値がおかしくなることを覚悟の上で110/70-17に変更するかどうかが悩むところですね…。これは次のタイヤ交換のタイミングで悩むとしましょう!



メータはデジタルで、時間と回転数と速度、それにギアの位置から燃料の量まで見れるマルチメータを採用。この辺も初心者に優しいポイントですね。


最後は実際の足つき状況についてを紹介します。


軽量級の嫁ちゃんが乗るということもあって、プリロードの設定は最弱の1に変更しました。(標準は3)


この状態で身長153cmの嫁ちゃんだと…



片足のつま先しか着きません!


身長176cmの私が乗ると…



両足べったりで膝がやや曲がるくらいの余裕があります。



ハンドルもセパハン形状になっていますが、他のメーカーのSS車ほど前傾姿勢もきつい感じはありません。



まとめ


以上が、嫁ちゃんことよめじよーが初心者ライダーにも関わらず、GSX250Rを新車で買ったハナシでした。




納車後には2人でツーリングに行ってきました。


これから千葉県の房総半島を中心に嫁ちゃんとツーリングをしていると思うので、お揃いのSHOEIのヘルメットで走っているイナズマとGSX250Rを見かけたら、声をかけてやって下さい!


ではでは、また。



スポンサーリンク


2 件のコメント :

  1. gsx250rがどうしても欲しくて購入を考えているものです。私は身長が155cmなので筆者様の奥さまのようにプリロード調整をしたいのですが、それを行うことでのデメリットはありますか?いまいち知識がなくて、、、すみません。

    返信削除
    返信
    1. プリロードというのは、バイクが停止しているときにどのくらいスプリングを縮めているかを表すものです。プリロードを弱くすることで、スプリングの縮み具合が大きくなるのでシート位置が下がり足つきがよくなります。


      プリロードを弱めることで起きるデメリットとしては、段差などで大きく沈み込んだ時にショックの底付きをしてしまう可能性があることです。ただこれは乗車する方の体重によるところもあるので、身長155cmで標準的な体型であれば通常の走行をする分には、なんら問題無いと思いますよ。

      GSX250Rは足つき性が若干悪いのが欠点ですが、車体が軽く燃費もいいのでとてもいいバイクですよ。それでは、良いバイクライフを!

      削除