バイクガレージカスタム!ツール(工具)を使いやすいように整頓してみました。


どうも、でかじよーです。


みなさんはバイクをイジるときなんかに使うツールとかってどうやって保管していますか。


私は工具箱に保管しているのですが…



ツールの大きさも長さも違うので、どうやってもうまく仕切ったりが出来ずに、いつもすべてのツールがごちゃ混ぜになったカオスな状態になっていました。


こんな状態だといざ使おうと思ったら、まず必要なツールを探すところから始まるので、ツールを使おうとするたびにわずらわしさを感じていました。


それに加えてツールを探す必要があるということは、毎度棚から工具箱を上げ下ろししなければならないということなのですが、工具箱の中にいっぱいのツールが入っているのでけっこう重たいのです…。


KTCのツールセットみたいに、各ツールが入る場所がきちんとしているような工具箱を買えたらいいんでしょうけど、現実的には厳しいですよね…特に金銭的にね…。


それでもKTCのツールこそ買えないものの、今よりもうちょっとツールを使いやすいように出来るのではないか!?と思って一応の改善らしきことをしてみたので、紹介したいと思います。


関連記事:イナズマ400を買ったのでバイクガレージを検討、そして購入しました。






まず最初に、ツールが使いずらくなっている原因について考えてみました。


すると…


・工具箱にまとめてツールを入れているから探しずらい!
・工具箱にまとめてツールを入れているから重たい!!


!?


工具箱自体が原因じゃね!?(;゚Д゚) ってことに気付いちゃいました…。


そもそもなんでツールを工具箱に入れていたかというと、今まではガレージが無かったので物置にしまっていました。
狭い物置に置くので、使わない間はコンパクトに収納する必要があったから工具箱を買ったのです。


でも今はガレージもあるし、置ける専用の棚もあるので無理にまとめて工具箱に収納する必要がないのです。


っと言う訳で、工具箱を無くしてツールを置く方法を検討しました。


最初にツールを置く場所としてに目を付けたのはガレージの横壁の部分。


ガレージの横壁は、梁と梁の間がちょうどくぼんでいるので、このスペースにツールを並べられたらきれいに収まるんではないかと…。



最初に準備したのは、マグネット付きのフックです。
こいつは裏に強力マグネットが入っているので、鉄製のガレージの横壁にそのまま取り付け出来ます。


そして貼り付けしたフックには、メガネレンチなどを引っ掛けていきます。


こんな感じで、穴が開いていてフックに引っ掛かるツールは全部この方法で収納しました。



その次に準備したのは、100均って見つけたマグネット付きのポケットです。





サイズも色々容易してみました。



耐荷重が500gまでなので、使いやすいようにツールを分散しながらポケットへと収納していきます。


いろいろ試してみると、一番上の写真のものが一番荷重に耐えられたので、ハンマーや手持ちLED灯などの少し重たいものを入れています。


2番目のポケットは幅が狭かったので、ペンチやニッパなどを入れておくのが一番安定しました。


最後のポケットは鉛筆立てみたいな形をしていたので、ドライバーやカッターなどをいれるのに使っています。


最後に残ったのが、フックにも引っ掛けることが出来ないけれど、ポケットに入れても使いずらいレンチ達です。


こいつらには、この強力マグネットを使います。


強力マグネットを壁に一定の間隔で取り付けし…


ちょっとカッコ悪いけどガムテープで固定します。


この色は目立つので後でなんか考えよ…。


で、そこのマグネットにくっつくようにレンチを取り付けしたら完成です。


工具箱も無くなったので、だいぶすっきりしたでしょ!


これでツールも探しやすくなったし、重たい思いもしないですむし、なによりザ・ガレージって感じがしてカッコよくなった気がしませんか。


もし工具の整頓で困っている方の参考になったら幸いです。


ではでは、また。



次の記事
イナズマ400 フューエルタンクのエンブレムを取り付けしました。

関連記事
バイクガレージカスタム!家の中から愛車が見えるように改造しました。

0 件のコメント :

コメントを投稿