バイクガレージカスタム!明かり取り用の窓を取り付けしました。

バイクガレージの写真

どうも、でかじよーです。


これからバイクガレージを設置しようと考えている方のために言っておきます…。


ガレージを建てるなら窓は絶対につけるべきです!!


っというのも私はガレージに窓を付けなかったので…

換気扇があることしかわからん!

マジ、暗すぎ…。


天気のいい昼間にガレージのシャッターを閉めて撮影したのが上のものなんですが、とてもじゃないけれど照明無しでは愛車が見れません…(泣)


まぁ、シャッターを開けるか照明を付けるかすればええやんって思われるかもしれませんが、寒い日とか雨の日とかはシャッターを開けっぱなしにするもきついし、家とかでもそうですが窓のない部屋にいると息苦しい感じがしてきませんか!?


それと今後もうひとつのガレージカスタムをするに当たり、どうしても明かり取りをするための窓が欲しい!ってことで、窓を取り付けすることにしました。


ちなみに、イナバのガレージ本体を買う時にオプションの窓を一緒に頼めば一番大きいものでも約4万円ぐらいです。


本体を購入した後に別にオプション窓を頼むと価格が2倍くらいまで跳ね上がってしまうので、窓が最初から欲しいと思っているのであれば絶体に一緒に頼みましょう。私はすごく後悔しています。(←ガレージについては後悔ばっかしです…。)


では、明かり取り用の窓の取り付けについて書いていきたいと思います。




取り付けした窓はこちら。ガラス面が300mmの正方形の小さめなFIX窓を選びました。


FIX窓とは、いわゆるはめ殺し窓ともよばれている窓のことで、開閉できないタイプの窓のことを指します。明かりを取るためことが目的だったし価格がすごく安いのが選ぶポイントになっています。

窓が来た!

普通の人は多分こんなものは頼まない…

ガラスは透明とくもりから選べたのですが、外からのぞかれるようなところでもなかったので透明ガラスを選択。

倉庫感がまだ強い…

今回、明かり取り窓を取り付けするのはガレージの一番奥…換気扇の反対側となる場所です。

自分の家の敷地側だからのぞく人がいないハズ…

ちょうどこの辺りです。

ぶったぎるYo!(・∀・)

それでは窓を取り付けしていきます。


まずは窓の取り付けする用の穴を開けるために、一旦壁を取り外します。


イナバのバイクガレージの壁面は横が約350mmなのですが、今回買ったFIX窓横幅405mmだったため壁を2面取り外ししています。

中側から撮影

イナバのバイクガレージは、ガレージの中からであればボルトを数本ゆるめるだけで壁が取り外し出来ます。

マーキング

取り外した壁に、窓の寸法をマーキングしていきます。

うまく線が引けた!

こんな感じで窓枠の寸法で印をしていきます。

こうすると完成後のイメージがわかりやすい

窓を仮であわせてみて寸法を確認。

ちゅいんちゅいんかったー

寸法がしっかりとあっていれば、サンダーに薄刃の刃を取り付けして、マーキングしたとおりに切断をしていきます。

もう後には戻れない…

切断が終わったら窓をあわせてみて、問題なく付くことを確認します。

少しガレージっぽく見えてきたぞ

窓が入ることが確認できたら再び壁を組み込み込んでいきます。

ホームセンターで250円なり

次に窓を固定するようの枠を作成します。

じつはDIYは得意

ドリルも使うぜ( ̄▽ ̄)

FIX窓にきちんとあうように寸法を取り、枠を作っていきます。

ちょっと失敗してる…orz

枠が出来たら、壁面に鉄板ビスで固定していきます。


イナバのガレージは、壁と壁のつなぎの部分に強度を持たせるためのフレームがついているので、そのフレームをかわせるようにコの字型で枠を作成しました。


中から見るとかなりカッコ悪いのですが、今回はそこら辺は目をつぶり窓の取り付けを優先します。


それとこのままだと少し強度に不安なところもあるので、後日あわせて考えたいと思います。

窓が付いた

枠を壁面に固定したら、その窓枠に固定をするようにFIX窓を取り付けしていきます。

透明ガラスのはずなのに…

外から見るとスモーク貼ってるみたいに黒い…

最後に外側からシリコンで水が入らないようにコーキングをしたら、窓の取り付けは完了です。

これだけでかなり明るい(*´▽`*)

小さい窓ですが、だいぶ明るくなったでしょ。(`・ω・´)キリッ


こんな小さい窓とはいえ、あるとないとでは雲泥の差。やっぱり室内に光が差し込んでくるのは気持ちがいいもんですね。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿