漫画・ばくおん!!のおんがえし!!の聖地巡礼に行ってきたよ。~千県の小松寺編~

ばくおん!! 小松寺 ツーリング



スポンサーリンク

おんがえし!!の聖地巡礼。


漫画・ばくおん!!の10巻69話おんがえし!!は、千葉県南房総市にある小松寺の紅葉を見るためにツーリングするお話です。


今回は、この話の中で出てくる場所や食べ物などを忠実になぞっていこうと思います!

初タンデムをしたのがこの時

それでは聖地巡礼スタートです。




①もみじロード入口。

よーしそこの道入るぞ~のシーン
もみじロードはライダーが多いよ


最初のポイントは、もみじロードの入り口です。


ラーメン「方雅」の道路を挟んだ向かい側にこの看板はあります。


※現在は、台風の影響で看板がなくなっています。




②志駒自由市場。

なかなかいい道だなのシーン
トイレもあるよ


もみじロードに入ってしばらくすると見えてくるのが、この休憩所。


この先はしばらくコンビニもトイレもないので、休憩するならここがいいでしょう。


土日の天気がいい日はたくさんのライダーさんが集まっています。


※現在、この小屋も台風の影響でなくなっています。




③もみじロードの途中の壁。

なんか知らないけどすごい壁!!
細かいところまで再現されてる


もみじロードのだいたいこの辺りにあります。


信号もなくとっても走りやすいので速度がついついあがってしまいそうな道ですが、たまに隠れてスピードの取り締まりをしているので注意してください!




④県道88号沿いの…。

予定だとこの先の…のシーン
やっと見つけた!


似たような場所があったので、うろうろとしながらやっと見つけました。


でも今になってあらためて見比べてみると、ところどころ違うような…?




⑤道の駅「三芳村」鄙(ひな)の里。

着いた着いたのシーン
そろそろお腹すいてきたよね
到着~のシーン
亀やの看板まで再現されてる

もみじロードからそこそこの距離を走ってようやく到着です。


ここに来るまでの間、休憩するポイントがないのでここは少し人が多めです。




⑥道の駅内のBINGO。

ここのはずだけど…のシーン
漫画みたいに空いてたらいいのに…

羽音ちゃん達が寄ったのは、道の駅・三芳村の中にある「BINGO」です。

いないですね…のシーン

すごい行列やな

GWということもあって見事なぐらいの行列でした(^v^)

ほわぁ…シーン
おいしそう!

並ぶこと1時間、ついにビンゴバーガーとご対面です。


まず見るからにサイズがでっかい!


そして100%和牛のパティが、とってもジューシーでおいし♪

具だくさん

和牛パテ以外にもトマトや玉ねぎなど、とにかく具だくさんです♡


嫁ちゃん
牛肉がホントおいしいね~♫


これは行列が出来るわな。

飲み物はルートビアできまり!!のシーン
ホントうまく再現しているよね

作中で出てきたルートビアも試してみましたが…


嫁ちゃん
薬みたいな味がする⤵


薬っぽい感じで個人的には好みではない味でした。




⑦醤油ソーダー。(サイダー)

チャレンジ精神旺盛…!!のシーン
チャレンジしてみて!

作中に出てきたもう一つの飲み物、しょうゆサイダー。


どこがサイダー?と思うぐらい醤油感しかないありません(笑)


道の駅内の販売所で売っているので、嫌がらせのお土産にぜひどうぞ(∩´∀`)∩


※2021年11月24日追記

醤油サイダーは生産者の高年齢化により作るのをやめてしまったので飲むことが出来なくなりました。




⑧小松寺。

ここだ、ここだ~!!のシーン
思ったより看板が高かった

このシーンは、小松寺入口の上部にある看板でした。

ちょこーんのシーン
ほんとにちょこーんって感じで置いてある

こちらも入口においてある石像。

あのー羽音さんのシーン
季節が違うとわかりづらい

続いて、小松寺までの道。


時期が違うので少し草の生え方が違っています。

すごーい…!!のシーン
ここも丁寧に再現されてるね

そして小松寺入口。


羽音ちゃんが言っているとおり、ホントに真っ赤かでした。

なんかかわいい金剛力士像~!!のシーン
かわいい…か?

金剛力士像。


かわいい…くはないよね?

みんなと合流したシーン
ホントに再現率がすごい

ついに小松寺に到着です。



小松寺は、モミジカエデイチョウなどの木がたくさん生えているので、紅葉時期はかなりきれいに葉が色づきます。

これは紅葉ではない
これはもみじ

小松寺は静かでのんびりするにはいい場所だし、紅葉の時期にもう一度訪れたい場所となりました。



興味のある方はぜひこのルートでツーリングに行ってみて下さいね。


ではでは、また。

スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。