漫画・ばくおん!!(にいはん!!)のしゃしん!!の聖地巡礼に行ってきたよ。~薩埵峠と倉沢踏切とごはん屋さくら~

薩埵峠 ばくおん!! にいはん!!

スポンサーリンク

しゃしん!!の聖地巡礼。


漫画ばくおん!!の第11巻75話しゃしん!!は、作中スピンオフにいはん!!のお話で、「ぴあの」が蔵で見つけたレトロなカメラをきっかけにSNS受けする写真を撮るためにツーリング行くという内容です。


作者の「おりもとみまな」さんの再現率が素晴らしいこの漫画ですが、作中の画像を頼りに聖地巡礼ツーリングをしてきました!


これから同じように聖地巡礼する方のために、一部地図も貼っておきますね。


今回の行き先は、薩埵峠です!!




薩埵峠の案内看板。

今回は写真を並べるスタイル

「おーっとその看板のとこ曲がって」のシーン。


この場所は新清水ICから降りて、国道52号を興津方面に向かう途中で出てくる八木間元交差点を左に曲がり、興津川を渡って次の交差点を左に曲がり、上の地図の丸付近にある青島神社を目指すとわかりやすいと思うので参考にしてみて下さい。

家の窓まで再現されてる

薩埵峠には看板に沿って行きます。


この先は道が狭くなっていくので、走行に注意して下さいね。




薩埵峠までの道中。

この辺は似たような風景ばっかりだった

先ほどの看板に沿って走っていると、急な登り坂の途中に作中の場所があります。


なかなかの勾配となっていてバイクを停車するのが難しくなっているので、薩埵峠の駐車場から歩いて撮影に行きました。




薩埵峠。

着いたー(∩´∀`)∩

「前方に駐車場発見~!!」のシーン。

ここにはイナズマで来たよ
海だぁー

目の前のみかん畑と前方の海…駐車場からの眺めもかなりいい感じ♪

おしゃれなデザイン

こちらは駐車場内にあるトイレでした。

ぴあのんの格好がおかしい

「そいやさー」のシーン。

いい天気や
すごく狭い

階段を下って歩いていくと、ほんの数分で展望台に到着。

展望デッキも上手く再現されてる
これは絶景なり

「お…」と「おお~!!」のシーン。


この日は雲が多くて富士山は見えませんでしたが、海と山の中に溶け込んでいる曲線道路がいい感じの景色がお出迎えしてくれました!!

登りたかったな…泣

ちなみに私が行った時には、展望台は使用禁止となり登れなくなっていました。


この後地元の人と話す機会があって聞いてみたのですが、空気が澄んで雲がないと漫画のシーンのようにきれいに富士山が見えるそうです!


ここは機会があったらリベンジしたいですね。




薩埵峠から倉沢踏切。


薩埵峠の展望台の後は、駐車場を出てすぐ右側の由比駅方面へと下山をしていきます。


ここから先も道がかなり狭く急な下り坂になっています。

リアブレーキを上手く使おう

「ひえ~っ 坂道からのUターンこわ~っ!!」のシーン。


急な下り坂が終わったと思ったら、今度は狭い道を180°ターンです。


「さっちん」じゃないけれど、なかなか怖い場所でした。

見つけやすかった

Uターンから数mで倉沢踏切に到着です。

説明用の看板

踏切の先が国道1号線になっているのですが、このボタンを押さないと国道側の信号が赤にならないため永遠と渡れない仕組みになっています。

踏切の向こうにボタンがあるのが不便

「押したよ~」のシーン。

…っていうか、バイク初心者に行かせるなよ!って思ったのは自分だけ?

まさかの…
電車が来た(^v^)

そして運がいい(?)ことに、漫画のようにボタンを押した後に本当に電車が来てしまいました(笑)




ごはん屋さくら。

ハンバーグとも悩んだけどね

最後は、作中のお昼ゴハンを何にするか悩んでいるシーンにも出てきた桜エビのかき揚げのさくらいごはん屋さくら)に行ってきました。

かなり混んでる

ごはん屋さくらは、倉沢踏切を渡り国道1号を左に曲がり走ること数分の場所にあります。


注文したのは、どうせなら桜エビのいろんなものを食べたい!ってことで、桜エビ定食を選びました。

桜エビ三昧

そして出てきたのがこれです(∩´∀`)∩

かき揚げ
釜あげ
お吸い物
佃煮

すべてに桜エビが使われているという贅沢なメニュー。


桜エビの旬は春なのですべて冷凍ものだそうですが、そんな感じがしないくらいとてもおいしかったです!


最後は聖地巡礼からちょっと脱線しましたが、以上が漫画にいはん!!のしゃしん!!の聖地巡礼してきた話でした。


景色もいいし、ごはんもおいしかったので、このルートは日帰りツーリングにもいいかも!


ではでは、また。


スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。