バイクガレージガスタム!コンセントを増設しました。

バイクガレージの写真

スポンサーリンク


どうも、でかじよーです。


前回、室内を照らすために蛍光灯の取り付けと換気扇用のコンセントを取り付けしたのですが、今回は追加でコンセントを増設することにしました!


まだ差してくれないの?

なんでコンセントを増設したかというと…「コンセントが換気扇用の一個しかとないとすごい不便やな~っ。」てことです。


これからイナズマのメンテナンスをガレージでしていくのですが、サンダーやドリルなどの電動工具を使うだろうし、夏のガレージは熱いので扇風機を付けるかもしれません、また冬は寒さに打ちひしがれて暖房器具も使うかもしれません。


これらの機器を使用する度に、換気扇を止めてコンセントを入れ替えてってするのは、めっちゃメンドイ…!


なによりコンセント位置が高いので、コンセントを差し替えるのしても毎回脚立が必要になります。


設計が悪く2度手間となってしまいましたが、換気扇用のコンセントとは別にコンセントを増設することにしました。


右側面はまださみしい感じ

設置したのは、ガレージ右側側面の入ってすぐのところです。


左側には照明用のスイッチが付いているので、反対であるこちら側を選びました。


低めに付けちゃうよ!

まずはコンセント取り付け用のボックスを鉄板ビスで柱に縫い付けます。


取り付け場所は、使いやすいようになるべく下の方にしました。


こーゆー写真は電気屋さんっぽい!

このボックスにケーブルを通してコンセントと接続します。


早く差して♡

ケーブルを接続後はコンセント本体をボックスに固定し、化粧用パネルを取り付けします。


今回は使用しないときはコンセントが露出しないように、カバー付きをチョイス!


シャッターに近いので、風が強い雨の日などのことも考慮しました。(まぁ、こんな日はガレージに行かないでしょうが…。)



コンセントの取付が終わったら、ケーブル工事をしていきます。


この辺はクモの巣が出来やすい

天井のちょっと下、側壁と天井のつなぎ目にちょうどケーブルが入りそうな溝があるので、そこにケーブルを隠すように通していきます。これは前回、照明&コンセントを取り付けしたときと同じルートですね。


そんなに縛らないで

コンセントから天井付近まではケーブルを隠すような溝が無くケーブルが露出してしまうため、ケーブルサポートを柱に取り付けしてケーブルが浮いて、ブラブラにならないようにしました。


ようやくここまで来たわね、ぼうや

ガレージ奥の右上にあるガレージ内の電源接続点まで延々とケーブルを引いていきます。


合体♡

この接続点で換気扇用コンセントとパラ取り(並列接続って意味ね。)をします。


感電するのでケーブル接続する時はきちんと電源を切りましょう!


また電気工事は免許が無いとやっちゃダメなんで、プロにちゃんとお願いしましょうね。(私はこう見えて電気工事免許保持者です。)


どや!(`・ω・´)キリッ

増設したコンセントのケーブルを接続したら完成です。


たまにはいい仕事するじゃねぇか

これで電動工具をはじめ、いろんなものの電源を取ることが出来るようになりました!


ちゅいんちゅいんかったー

そして予告編じゃないけれど、このコンセントとこのサンダーが次回のガレージカスタムで活躍するのだ!お楽しみに!!


今回は、ちゃんと考えてから物事を進めていかないと2度手間になってしまうよ!っていう大事なことを学ぶ機会となりました。


次は換気扇の設置を予定しています。


今度はちゃんと寸法や材料など、諸々を考えてからカスタムしていきたいと思います。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿