バイクガレージカスタム!照明とコンセントを取り付けしました。

イナバのガレージカスタムの写真

どうも、でかじよーです。


バイクガレージの設置が完了し、愛車のイナズマ400をはじめてこのガレージに入れたのが3日前。


そんな建ったばっかりのバイクガレージなんですが…さっそくカスタムしちゃいました!



照明とコンセントを取り付けしたワケ。

ガレージというより倉庫っぽい

私が建てたのは、イナバ製のFXN2236Hという土間タイプのものです。このガレージをオプションでなにも頼まないとこのように窓が付いてきません。


オプションではもちろん、窓の設定はあります。


ただ…イナバのオプションの窓は透明ガラスじゃないんですよ!私はどうしてもこれがイヤだったので、あえてオプション追加をしませんでした。


窓を透明にしたい理由があるのだよ!Σ(・ω・ノ)ノ!


でも実際に建ってみるとやはり窓が無いためなのか、ガレージのシャッターが開く方がともかくとして、その反対であるガレージの奥側は、昼間でも真っ暗な状態になっています…。夜だとまったくガレージの中身が見えません!


ガレージを建てた理由のひとつに、雨の日も夜でもバイクをメンテナンスをしたい!ってことがあったのですが、この状態だと暗すぎてなんにもできまへ~ん!


それともうひとつ理由があって…もう少ししたら湿気や空気の循環用として換気扇を取り付けしたいと思っています。換気扇を取り付けするには、電源であるコンセントを追加しなければなりません…。


だったら照明とコンセントを付けてしまえ!ってことで、ガレージカスタム第一弾をすることにしました。




ガレージカスタム。


照明の取り付けは、すべて自分で行いました。


こう見えて、じつは私…


電気工事士の免許を持っているのだ~!!


まぁ、この免許でご飯を食べているワケじゃないんで、もぐり電工だけどね…。


家でもこーゆーガレージとかでもそうだけど、電気工事をする場合はきちんと免許を持っている人に施工してもらったほうがいいですよ。施工不良があると火事の原因になったりしますからね。


普段使わない資格が役に立った瞬間でした!
おかげで安くすみました!でもなんかあったら完全に自己責任(汗)



まずは照明の取り付けから。器具は三菱製の2灯用LED蛍光灯を使っています。最近のLED蛍光灯はかなり価格が安くなってきているので、これから付けるならLEDにした方が電気代などを含めてトータルでお得ですよ!


この梁を使うのだ!

蛍光灯器具はガレージの天井の柱に鉄板ビスで固定。


落下してきてイナズマに当たるのは絶対に避けたいので、2本で充分固定出来るところを、サービス(なんの?)で6本打ち込んでおきました。


もう付いたよ

次は、照明のON/OFF用のスイッチの取り付けです。


側面もさみしいね…

配線ボックスを鉄板ビスで固定し、そのボックスにスイッチを取り付けします。


スイッチが付くだけでもワンポイントだね

防滴カバーまでいらなくね!?

最後が、換気扇用のコンセントの取付です。


少しずつガレージ感が漂ってきたぞ…

早く差して♡

換気扇は奥の左側の上の方に取付する予定なので、その付近にコンセントを取り付けしました。取り付けの要領はほとんどスイッチと同じです。


ちなみにケーブルは、家でよく使われるVVFというものを使用しています。

そんなところに入れないで!

縛っちゃイヤっ!!

ケーブルは、屋根と壁のつなぎ目の補強部分がちょうどケーブルが入るような溝型になっているのでここに隠しています。


そんなに見ないで…

ガレージの奥側右上でケーブルを接続しています。


これら照明およびコンセントの電源については、家の屋外コンセントからもらうことにしました。


外に出して

ガレージのこの部分(ガレージの中からみると奥側右上、先ほどのケーブル接続地点の当たり)にちょうどケーブル一本分の隙間があるのでここから中に引き込みます。


後はこのケーブルの先に差し込みプラグを取り付けして、家の屋外コンセントに差し込んだら完成です!


いなちゃんのお部屋

夜に点灯してみた写真。


さすがLED!充分な明るさです!!


ガレージの奥までちゃんと照らされているのがわかります。



まとめ

以上が、ガレージカスタム・照明編でした。


照明とコンセントを取り付けするだけでイナバ製ガレージの特徴だった、あのザ・物置って感じが少し和らいだ気がしませんか。


次は換気扇だな!そして窓!!断熱もしよう!!!


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿