イナズマ400 キャブレターからガソリン漏れメンテナンス2。~パッキン交換編~

フロートチャンバーのパッキンの画像




どうも、でかじよーです。


前回の続きです。フロートチャンバーのパッキンが入荷したので、さっそく組んでみました。


関連記事:イナズマ400 キャブレターからガソリン漏れメンテナンス。(キャブレター分解編)


いきなり交換が完了してる

さすが新品パッキン。フロートチャンバーの溝にぴったりはまります。


4気筒なんで4か所分パッキンを交換します。それとガソリン汚れのカスが溝に詰まっていたので、キャブクリーナーできれいに取り除きます。


フロートチャンバーの前に、フロートバルブを確認します。


っというかなんで前回確認しなかったんだろう…完全に忘れてました。



外したフロートバルブを確認。パッキンの部分が段付きで摩耗しています。(4か所とも)


この時点で少しイヤな予感がしています…。


この部品けっこーお値段が高い(一個約1,000円ぐらい)ので、とりあえずはこのままいってみましょう。

蓋を閉めるよ

キャブクリーナーで清掃し、ウエスで吹いたらフロートチャンバーのカバーを閉めます。


狭くてやりずらいよ~

後は、前回バラしたのとは逆の手順で組んで行きます。

なんとか付いた…

テストをするためタンクを仮で付けてエンジンをかけてみます。


頼む、治ってくれよ…。


結果は…




エンジンをかけること30秒で、キャブレターからガソリンが漏れてきました…(泣)




はい、やっぱりフロートバルブもダメっぽい…(-_-;)


また部品を頼まないといけません…。
あぁ、二度手間だ…。出費もかさむ…。


っというわけで、イナズマ400 キャブレターからガソリン漏れメンテナンス3。~フロートバルブ交換編~へと続きます。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿