イナズマのキャブレターがガソリン漏れしたから自分で修理してみるよ。~キャブレター分解編~

イナズマ キャブレター ガソリン漏れ

スポンサーリンク



トラブルはいつも突然起きる!


今日もイナズマでツーリングいくで~!


なんて浮かれながら暖気していたら、イナズマを停めているコンクリート部分に黒い染みが出来ていました…。


匂いを嗅いでみると、この黒い液体の正体はどうやらガソリンのようです(´・ω・`)

キャブレターを下から撮影

エンジンをかけたままガソリンが漏れている箇所を追いかけていくと、どうもキャブレターからのようで、4気筒のうち真ん中2気筒からにじむような感じで流れてきていることがわかりました!


キャブレターのジェットとかにゴミが詰まっているのかと思って、軽くキャブレターを叩いたりしてみたりしたのですがガソリン漏れは一向に収まりません…。


ガソリン漏れもポタリポタリ程度で走れないこともないぐらいの量でしたが、このまま乗るのはやばそうなのでツーリング気分から一転、キャブレターを分解することにしました。


キャブレター取り外し。

いきなりバラバラ

キャブレターを外すには、タンクが邪魔になるのでちゃちゃっと外してしまいます。


タンクは、フューエルコックのホースとフューエルタンクのレベルゲージセンサのコネクタとエア抜きのホースを外し、タンク後方のボルトを2本外せば取り外し出来ます。

ガソリンが少ないほうが軽くていいよ

外したタンクは地面に直接置くと傷だらけになってしまうので、車のタイヤの上にそっと乗せました。


それにしても、タンクをこんな風に置いておくと…

アニメ:ばくおんより抜粋

ばくおん!!でバイ太がタンクだけになっちゃった時を思い出しちゃいますねー。


タンクを外したら、エアクリーナーケースを固定しているボルトを2本外します。

手が残像拳になってる

このボルトはサイドカバーを外せば見えます。


ここのボルトを外す理由は、キャブレターを外す時にエアクリーナー側のインシュレーター(キャブレターと接続されている黒いゴム状の筒)を脱着しやすくするためです。

狭くて外しずらい

エアクリーナーケースが動かせるようになったら、エアクリーナー側とエンジン側のインシュレーターのバンドをゆるめてキャブレターから外します。

まんなか2気筒のフロートの色が変わってる…

インシュレーターが外れたら、キャブレターを車体の右側に引っ張ります。

ワイヤーは2本あるよ

最後にスロットルワイヤーとリターンワイヤーを外せば、キャブレターの取り外しは完了です。

ゴミが入るとエンジンが焼けちゃう

キャブレター取り外し後はエンジン側にゴミが入るのを防ぐため、口元をしっかりと塞いでおきます。


キャブレターの分解

なにが原因かな?

こちらが取り外したキャブレターです。

パっと見はよさそうだが…

まずは簡単に確認できるフロートチャンバーを開けてみました。

のびのび~

すると、フロートチャンバーの蓋のパッキンが伸び伸びになっているのを発見!


しかもガソリンが漏れていたと思われる真ん中2気筒分。

両端の2つは問題なかった

ガソリン漏れしていなかった両脇の2気筒はパッキンは正常でした。


やったね!いきなり原因っぽいの見つけたぞー(∩´∀`)∩


まとめ。

これぞネイキッドww

せっかく原因らしきものを特定できたのですが、肝心のパッキンが手に入りませんでした…。


今の時代は、どこのバイク屋さんも在庫として持っておかないんですね(。-`ω-)


パッキンは早くても入荷するのが3日後とのこと。


しばらく乗るのはお預けのようです。


続く!




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。